足利の花火2016、穴場や駐車場の秘密の情報

足利の花火の穴場スポットと、駐車場などの情報を書いていきたいと思います。

足利の花火は今年2016年で開催102回を迎える歴史ある花火大会です。
開催日時は、毎年8月の第一土曜日で、

場所は渡瀬川田中橋河川敷で行われます。

2015y05m06d_221118659
開催時間は6時半か7時くらいから1時間か1時間半くらいです。
足利の花火は規模が大きいので、

遠くからでも打ち上げ花火は見えますが穴場スポットは織り姫公園の丘の上やアピタ足利店の屋上駐車場や、

アピタの先にあるヨークベニマル足利店の屋上駐車場、

ヤマダ電機の屋上や、ドコモショップ足利店の裏にある土手などもおすすめです。
打ち上げ花火は2万発で、それだけでも楽しめますが、

スポンサーリンク

足利の花火といえばクライマックスの大きなナイアガラが見所です。

このナイアガラは近くに行かないと見れないのですが、

近くで見たときのナイアガラは圧巻の一言でした。
私は小さな子供がいるのと主人がその日は仕事が忙しく遅いので、

1人で子供を2人連れて近くまで行くことが出来ないので近年は遠くから見ているだけですが、

それでも打ち上げ花火はよく見えるし綺麗に見えます。
電車で行く人は、

足利駅に降りてそこから歩いていく人が多いかなという印象で、

午後の電車は浴衣を着た若いカップルや友達同士で賑わっているので大混雑です。
また足利市駅に降りても歩いてそんなに距離がないのでどちらで降りてもそんなに変わらないと思います。
ただ足利駅に降りた方が、正面から見やすいのでいいと思います。
大きな伝統のある花火大会ともあって、屋台の数も相当でています。学生の時には始まる前に屋台で食べものや飲み物を購入して、土手に座って見ていた記憶があります。
車で行く場合は駐車場が近ければ近いほど早い時間にすぐにいっぱいになってしまいますので、

かなり早い時間に行かないと駐車場が空いていないです。
しかし大規模な花火大会なので、駐車場の数は相当なもの歩く覚悟があるのであれば、

停めることが出来ます。
近くの小学校でも臨時駐車場として無料で貸してくれ、

その他を含めて駐車場は6000台くらい確保しているようですが、

色々なところから花火を見に来るのですぐにいっぱいになってしまいます。
また駐車場ではないし近くではないのですが、

自衛隊道路という道路があって山になっていて、

そこを走っていると綺麗な夜景とともに花火を見ることが出来ます。
近くでみたいと思う人で、誰かを招待する予定のある人は、

観閲用の席が1坪17000円で予約出来ます。
親戚などを招待して観閲した場合や、

お年寄りなど人混みをかき分けて見れないといった人には

、少々お高いですが予約して見た方がゆっくり見れていいと思います。
歴史のある足利の花火、毎年見ても綺麗だなと思います。

まだ見たことのない人にはぜひ1度見てもらいたいなと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする