調布花火大会2016クチコミ、アクセス、おすすめの観覧場所も紹介

調布花火大会のクチコミ情報がこのブログに寄せられましたので、お伝えします。

アクセスやおすすめスポットも紹介します。

調布花火大会2016に行こう

2015y05m08d_104615547

夏の風物詩に花火大会がありますね、私もよく花火大会に行くのですが私がおすすめする花火大会は、調布市国領で行われる調布市主催の調布花火大会です。

この花火大会大きな会場を持つわけでもなくたくさんの花火を打ち上げるわけではないのですがついつい見入ってしまいます、少ない数の中に組み込まれた密度の濃いプログラムはぜひ一度見てみることをお勧めします。

調布花火大会2016

日程はまだ未定ですが例年通りだと8月末の日曜日に行われます
なので今年は8月21日(日)なると思います。
会場は調布国領会場と京王多摩川会場にて花火が打ち上げられます。
会場へのアクセスは、
京王線布田駅・国領駅から徒歩25分程、
京王線調布駅から20分程です。
花火の打ち上げ数は9000発程、
例年の来場数は28万人が予想されています。

この花火大会9000発の花火を約1時間で打ち上げてしまうので、

楽しめる時間も約1時間程と短いのですがこの1時間の間ずっと花火が打ち上げられていて見入ってしまいますよ。
国領会場と京王多摩川会場の2会場から同時に打ち上げられる花火、

そのなかでも一番のみどころは音楽と花火を合せて打ち上げられる、

ハナビリュージョンでは ないでしょうか、スターマインや尺玉も途切れることなく打ち上げられている、

調布市の花火大会、ぜひ一度見に行くことをお勧めします。

雑誌にも取り上げら れるほどの意外に有名な花火大会なんですよ。

スポンサーリンク

おすすめスポット

会場に行って楽しむのもいいのですが、

会場は有料席になっていますので私は会場に直接行って花火を見たりはしないんですよ、

私の楽しみ方なんですが、JR の南武線、矢野口駅で下車します、

下車して多摩川の方に歩いていくと川沿いの通りに出ますので、

そのまま川崎方面に向かって土手沿いの道を歩いていきます、この土手沿いの道なのですが、

花火大会の日は車両通行止めになっていて車道をひろびろと歩く事が出来ます。

広々といっても屋台のお店やら通行人などで かなり人が集まります。
ちょうど打ち上げの時間からスタートし矢野口駅のあたりから中之島の駅まで花火を見ながら歩いていきます、

2駅歩くのなんてしんどいなと思いますが、

花火を見ながらの散歩になるのであっという間に中の島の駅までたどり着くことができます。
川沿いで歩きながら見る花火美しいですよ、

川の水に反射して見える花火もまた風情があります、

土手沿いを歩いていくと高架を電車が走るのですが、

電車と川に反射して見える花火美しいの一言でついつい足が止まってしまうかもしれません。
あえて会場ではなく少し離れた場所から見る花火もいいものです、ぜひ一度見てみてくださいね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする