金沢まつり花火大会、場所、穴場、駐車場など!クチコミ

金沢まつり花火大会に関する情報をお伝えします。

場所はこちら、


海の公園です。

駐車場は、1688台止める事が出来ますが、当日はどんな感じかというと、

公園の近くは大体16時位までに行けば、公園から離れている所であれば、停める事が出来る様です。

それでは、金沢まつり花火大会のクチコミ情報をお伝えします。

スポンサーリンク

クチコミ

金沢まつり花火大会です。

2015y05m08d_121138475

こちらは、神奈川県横浜市の唯一の人口海浜の海水浴場である海の公園で開催される花火大会です。

この花火大会は毎年8月の第4、あるいは第5土曜日の19時から20時まで開催されているもので、

第41回めを迎える今年は、8月22日の土曜日に開催されることが決定しています。
3200発と花火の数だけみると小規模ながらも、

いろいろな場所から花火を楽しむことができる上に八景島シーパラダイスに程近い場所であることから、大勢の観光客や地元の人で毎年賑わっています。

最大のみどころは、フィナーレを飾る特大のスターマインにあります。

夜空いっぱいに広がり、連発を繰り返すスターマインは圧巻です。

しかも毎年大抵海風が あるので、煙って見えなくなることもあまりなく、

きれいな花火を楽しむことができることも魅力です。

また、キティちゃんのようなネコ型の花火、

スマイル マークのようなキャラクターの花火も楽しむことができ、子どもたちに人気があります。

観覧場所は海の公園の砂浜や芝生付近にレジャーシートを敷いてみるのが定番ですが、

海の上で花火を打ち上げるのでいろいろな方向から見えることから、

穴場 スポットがたくさんある点も魅力です。海の公園柴口駅そばのなぎさ広場、

バーベキュー場そばの芝生や岸壁に近い付近、

はたまた、海の公園南口駅の隣駅の野 島公園駅で下車したところにある野島公園や対岸の八景島、

さらに超穴場としてはちょっと離れていますが金沢動物園からも観ることもできます。

砂浜付近は大 変混雑しているので子ども連れには大変ですが、

ちょっと移動するとゆっくりと楽しむことができるので、

我が家では穴場スポットで毎年ゆっくりと楽しんでい ます。

ちなみに屋台は、海の公園内と近くのまつかぜ公園にあります。

焼きそば、お好み焼き、かき氷、あんず飴など一通り揃っています。

トイレも海の公園内にもともと設置されているトイレの他、仮設トイレもあるので安心です。
アクセス
海の公園へのアクセスは、

京急線金沢八景駅かJR線新杉田駅で横浜シーサイドラインに乗り換えて、

海の公園南口駅、海の公園柴口駅で下車してすぐです。

あるいは、京急線の金沢八景駅か金沢文庫駅から徒歩25分程度で行くことができます。

車は花火大会中、そして前後には交通規制があるので注意が必要です。

夜に花火大会そのものだけを楽しむこともできますし、

海の公園では潮干狩りや海水浴、そして、

海の公園だけでなく野島公園にもバーベキュー場があるので 、

バーベキューなどを昼間に楽しんでから花火をみることも可能です。

とにかく幅広く楽しむことができるので、夏の一日を満喫するのにうってつけだと思います。
砂浜で寝転んで花火を観るもよし、

穴場スポットでのんびりと楽しむもよし、それぞれの好みで楽しめる花火大会だと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする