子供の頃怖かったもの、北海道のSOS遭難事件の音声

子供の頃怖かった物って無かったですか?

私は雨が降っている日の湖と大きな仏像や、鯉のぼりが怖かったです。

雨の日の湖はとても冷たそうで、一度落ちてしまうともう戻る事が出来ず、

底に沈んで死んでしまうのではないか?とそんな恐怖を抱いたし、

巨大な仏像や大きな鯉のぼりは何故か不気味で、とても怖かったです。

今日は、子供の頃にテレビのニュースなどで取り上げられていたある事件がとても怖かったという、

情報が寄せられたので、それを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

北海道のSOS遭難事件が子供心にトラウマでした

小学生の頃、ニュースでかなり頻繁に報道されていた事件で、

SOS遭難事件が印象に残っていて、今でもトラウマです。

2015y05m11d_005152221
小学校低学年のころだったと思うのですが、

北海道の山の中で空から見えるくらいの大きさで、

倒木を使って「SOS」の文字が作られていて、

近くにあった テープレコーダーに「SOS!助けてくれー!」

と必死の声で叫ぶ男性の声が録音されていた事件で、繰り返しテレビで放送されていました。
何より衝撃を受けたのが、

テープレコーダーの声で、テレビのニュースでも繰り返し放送されていました。

「エースオーーエース!たすけてくれーー!」

と絶叫 を繰り返す声が何度もテレビから流れ、

子供心に恐怖を感じました。

今でもなんとなくその男性の声を思い出せるほどです。

大人になった今となっては、遭難し た必死の状態でなぜそのような録音をしたのか、

とか倒木を動かして一人で文字を作るほどの体力がありながら、

その後見つからなかったのはなぜだろう、

もし かしたらいたずらではないのかなどますます謎が多いのですが、

当時はとにかく広大な北海道の山の中で完全に迷ってしまい、

必死で救助を求めたのに助からず、

孤独に死んでいった男性の魂の叫びの切実さに恐怖を感じたのだと思います。
さらに、当時の報道で近くから熊に襲われた痕がある白骨死体が発見されたという報道もあったり、

ボロボロになった服や野営をした跡地にレポーターが入って いったりする様子も記憶に残っていて、

その野営跡地から今にも白骨死体が見つかるのではないかとドキドキしながらテレビを見ていました。
その後続報もないことから、報道は沈静化したと思うのですが、

私以外の子供心にはかなり印象に残っていたようで、

不謹慎ながらSOSごっこみたいな感じで、

校庭の藪の中に倒れて「SOS!」と叫んだり、倒木で文字を作ったりして遊んでいました。

でも、そんな遊びをしていながら私自身はかなり同じ境遇になったらどうしようという恐怖を感じていて、

大人になるまで街中でも薄暗い森のようなところに一人で入るのが怖かったり、

暗がりから熊や狼が出てきたらど うしようという恐怖を常に心の隅に感じていました。
結局払拭できなかったのは登山をすることに対する恐怖心です。

みんなが並んで登っていくような整備された登山道がある山でも登山=遭難というイメージが拭 い去れず、

大人になってからも自分から進んでハイキングすらしたことがありません。

海で泳いだりスキューバダイビングはするのに、

山に対しては暗がりに何 が潜んでいるかわからないという潜在意識があります。
そして、ますます滑稽なのが、小学生の間、

祖父のお下がりのテープレコーダーを出かける際に肌身離さず持っていたことです。

いざ、何か自分の身に危険が起 こったとき、

テープレコーダーを使って救助を求めるのに備えていたつもりでした。

当のSOS事件の遭難者はそれのおかげで助かったわけでもないのに。

補足

この事件は、遭難したある男性がテープに録音した物で、

録音するつもりは無かったが、

救助を求めている時偶然テープの録音ボタンを押してしまった為にこのテープが録音された説と、

自分の声で助けを求めるより、

テープで取った物を再生する方が大きな音が出て助けを呼ぶ事が出来るんじゃないかと考えて、

録音した説があるがどちらが正解かは謎。

このテープと共に、動物の歯の跡が残る白骨死体や遺留品、

免許証などが発見され身元も特定された、

このテープの発見された5年前に行方不明の届が出されている男性だと分かった。

5年間も発見される事が無かった男性。

私はいつも思うのだが、何故山登りなどに人は出かけるのか?

山に登り遭難して死ぬ人、突然火山が噴火して死ぬ人、雪崩に巻き込まれて死ぬ人、

行かなければ死ななかったのに、

登山は小心者の私には分からないチャレンジだ。

おすすめ記事:両手にますかけ線がある有名人、芸能人は誰なのか?片手と両手を整理する

おすすめ記事:怖くない不思議な体験、不思議な話、実話をまとめる(その1)

おすすめ記事:怖くない不思議な体験、不思議な話、実話をまとめる(その2)

おすすめ記事:河童は実在するのか?河童のミイラとかあれ偽物だけど、河童の塩漬の話


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする