宮本武蔵

スポーツ

後の先(ごのせん)とは?その意味など、双葉山、宮本武蔵が解説

後の先(ごのせん)という言葉がテレビを見ていたら出て来たので、今日は後の先について書きたいと思います。何のテレビを見ていたかというと、いわゆる日馬富士の暴行問題を扱ったワイドショーです。この事件は横綱日馬富士に貴乃花部屋の貴ノ岩が暴行された事件なのですが、今ワイドショーでは、横綱白鵬と貴乃花親方の確執という話にテーマが変わって来ています。 そんな中で、横綱白鵬が横綱になった当初と、ある時期から、相撲の内容や態度が大きく変わったという指摘がなされて、今は白鵬の横綱らしくない相撲内容、張り手や危険なカチ上げ、ダメ押し、変化など酷い相撲が目立つが、当初は相撲の神様双葉山が実践していた、「後の先」を目指して相撲を取っていたというが、途中から白鵬は後の先の相撲を辞めてしまったとの事なのです。
ケンカ最強

ケンカ世界最強の男は誰だ?歴史上最強の男ランキング、最も強い男を決めよう!

ケンカ日本人史上最強の男は誰だ?という事で、このブログでも、 宮本武蔵や、アウトローの世界からは花形敬や、芸能人最強と噂の男など、 色々語ってきましたが、世界に目を向けた場合、どんな強者がいるのだろうか? という事で、ケンカ世界最強の男について今日は書きたいと思います。
ケンカ最強

宮本武蔵伝説、強さ、佐々木小次郎との決闘、残念な伝説も紹介

今日は日本武道史上最強と言われている宮本武蔵について書いていきます。 宮本武蔵と言えば、 巌流島で佐々木小次郎と真剣勝負し勝利したとか、 京都の吉岡道場と決闘して、70人対1人で戦い勝利したなど、 何かと物騒な事が伝説として語られる事が多いですね。 それ以外では、絵が得意で宮本武蔵が書いた水墨画は、 国宝に認定されています。
アウトロー

ケンカ最強ランキング全く新しいランキング、ルールは負けイコール死?

2015年2月。 この日本に生まれた男の中で、一番強かった男は誰なんでしょう? 一番強い男・・ これには定義が必要なのかもしれない。 やはりケンカなのだから、一対一の戦いに限られる。 組織力やバックの強さは抜きにしましょう。 あくまでもタイマンの強さです。 この定義がなかったら、広域暴力団の組長とか、 軍隊を持っているマフィアのボスが最強になってしまいます。 なので、あくまでも個人レベルで戦う人に限定したいと思います。 武器の使用を認めるのか? ケンカにルールなし。 ケンカはリングの上の戦いではない。 始まりのゴングが鳴るわけではなく、試合終了の合図があるわけではありません。 自然に始まり、誰かが倒れ戦闘不能になるのです。 そして、ケンカに武器を認めるのか?
ケンカ最強

宮本武蔵に負けた、ありまきへい(有馬喜兵衛)が弱すぎる。新当流とは

有馬喜兵衛(ありまきへい)とは、宮本武蔵と真剣勝負した初戦の相手である。 敗れた有馬喜兵衛ってどんな奴だったんだろうか。 この勝負に勝利して、その後全戦全勝の快進撃をした武蔵でさえも、 正確な情報が残っているわけでもなく、謎に包まれた部分も多い。 ましてや、戦った宮本武蔵の年齢は僅か13歳の年齢なのだ。
ケンカ最強

宮本武蔵の握力、身長。最強の武術家を体現した役者は?

宮本武蔵と聞いてあなたは、どんな事を思うのだろうか? 宮本武蔵とは日本の武術家である。 剣術、二天一流の開祖、 生涯で60回以上の真剣勝負をし、一度も負けた事がなかった。真剣勝負であるから、負けたら死ぬのである。 その命のやり取りを60回以上行い、一度も負ける事が無かったのだ。 宮本武蔵で最も有名なのは、佐々木小次郎と巌流島で戦い勝利した決闘だ。 小倉の細川藩の剣術指南役の佐々木小次郎と、 舟島(現在の巌流島)で果し合いを行ったのだ。