花形敬

アウトロー

伝説の喧嘩師花形敬、力道山もビビって逃げたステゴロ最強の男とは?

花形敬は戦後の東京で暴れま回ったヤクザです。漫画「グラップラー刃牙」シリーズに登場する喧嘩ヤクザ、花山薫のモデルとされる人物です。刃牙シリーズの花山は、身長190センチで全身筋肉、背中に「侠客立ち」という刺青を入れていて、全身傷だらけ。 白いスーツがトレードマークで、フチなしのメガネをかけていて、喧嘩の時は、そのメガネをすっと外す。腕力が圧倒的に強く、トランプも指で引き千切るとう怪力。 これはあくまでも、漫画の話、実際の花形敬はどんな感じの人だったのか?という事で、ネット、書籍等から情報を集めてみました。
アウトロー

安藤昇伝説、花形敬も従った愚連隊の王者、この人凄過ぎ!

安藤昇は元ヤクザの組長であり、組みを解散させた後俳優になり数々の映画の出演した異色の人物です。元々俳優でない人が役者の世界に入って行く事はよくありますが、そんな場合、ちょい役、脇役がほとんどですが、安藤昇の場合は主役、または重要なキャラクターを演じていて、高倉健とも共演していた。 現役時代は渋谷に安藤組と呼ばれる組織を構えて、500人もの子分がいた。この安藤組を結成した時の年齢がなんと26歳だ。当時組員には、喧嘩最強と言われた花形敬や、森田雅、末端の組員には、作家の安部譲二などがいた事でも有名だ。
アウトロー

昭和の有名ヤクザ、アウトローこの5人が凄過ぎ!伝説の男達の激烈な人生

私はやくざ映画が大好きで、「仁義なき戦い」を見てから、すっかりハマってしまった。 私が住む世界とは全く違う世界なのだが、怖い物見たさというのか、 今まで色々なアウトロー物の映画や書籍を読んできたので、 私が好きな昭和を駆け抜けた伝説のアウトローを今日は紹介しよう。
アウトロー

花形敬伝説、拳銃で撃たれて死なないタフネスは化け物

ステゴロ最強のアウトローと呼ばれ、最強の喧嘩師などと呼ばれ、今でも多くの人々にリスペクトされている、 花形敬。 花形敬は元安藤組の大幹部で、その武勇伝の凄さから、度々小説化されたり、映画化されている人物である。 花形敬を演じた人物としては、菅原文太 「安藤組外伝/人斬り舎弟」
アウトロー

安藤組森田雅の強さは伝説、喧嘩無敗の男、力道山を引かせたのは森田

男として生まれて来たからには、強い男に憧れる。喧嘩なんて子供がやる事じゃないか!なんて思っている人も今の世の中では多いかもしれない。しかし、喧嘩を売られる事や、トラブルに巻き込まれる事は一生の内1度や2度は誰でもあるはずである。強い男は男の憧れである。強いというだけで、男はその人間を尊敬してしまうのだ。強い男、しかもこの日本の歴史の中で、こいつは強いと伝説の様に語り継がれている人を紹介しよう。
アウトロー

ケンカ最強ランキング全く新しいランキング、ルールは負けイコール死?

2015年2月。 この日本に生まれた男の中で、一番強かった男は誰なんでしょう? 一番強い男・・ これには定義が必要なのかもしれない。 やはりケンカなのだから、一対一の戦いに限られる。 組織力やバックの強さは抜きにしましょう。 あくまでもタイマンの強さです。 この定義がなかったら、広域暴力団の組長とか、 軍隊を持っているマフィアのボスが最強になってしまいます。 なので、あくまでも個人レベルで戦う人に限定したいと思います。 武器の使用を認めるのか? ケンカにルールなし。 ケンカはリングの上の戦いではない。 始まりのゴングが鳴るわけではなく、試合終了の合図があるわけではありません。 自然に始まり、誰かが倒れ戦闘不能になるのです。 そして、ケンカに武器を認めるのか?