高良健吾

ARATA

蛇にピアス吉高由里子が撮影前に死にかけた話、不死身の女

蛇にピアスは吉高由里子が主演した映画です。2008年9月に公開された日本映画。監督は蜷川幸雄。原作はこの作品で第130回芥川賞を受賞した金原ひとみの作品です。あらすじは、渋谷を生きる目的もなく、ふらついている19歳のギャルのルイ(吉高由里子)は全身刺青だらけで、赤い髪のモヒカンの男、アマ(高良健吾)に声をかけられます。 アマはルイに舌を出し、スプリットタンを見せてくれた。スプリットタンとは、舌の先が蛇の様に半分にわかれている事を言う。人体改造という、世の中には自分の身体に変化を加えたいという変わった人達がある一定いる。
ARATA

高良健吾、蛇にピアスのピアス、役柄がかわいい、舌、刺青、性格や殺され方はこれだ

高良健吾が演じた映画「蛇にピアス」に出て来る、吉高由里子の恋人の役のアマについて今日は書きたいと思います。特にこのアマは凄い特徴があります。まず顔中ピアスだらけで、舌も先が蛇の様に2つに割れています、この舌が2つに分かれている事をスプリットタンと言います。このアマは最後はとてもかわいそうな最期を迎える事となるのですが、とても魅力的なキャラクターで高良健吾が伸び伸びと演じているので、アマについて色々書きたいと思います。ただし、この内容はネタバレを含みますので、まだ蛇にピアスを見ていない人は注意が必要です。
ARATA

蛇にピアス結末、ラストが意味が分からない?犯人はあの人!ネタバレ有り

映画「蛇にピアス」は吉高由里子が主演した映画で、 吉高由里子の恋人役は高良健吾、吉高由里子と過激な濡れ場を演じる、 刺青を入れてくれるショップのハゲのオーナーがARATAが演じている。 この映画を見て、ラストの意味が分からないとか、 いったい何が言いたいのか? なんていう意見もある様ですね。
ARATA

吉高由里子蛇にピアスあらすじや相手役、舌ピアスは本物か?感想も紹介

吉高由里子が主演した映画「蛇にピアス」について、あらすじや、キャスト、 あと、舌ピアスの話、見た人の感想を書きたいと思います。