アウトロー

アウトロー

仁義の墓場は実話、石川力男を見事に演じた渡哲也(深作映画)

仁義の墓場は深作欣二が監督した、 東映の実録ヤクザシリーズのタイトルです。 公開されたのは、昭和50年2月15日、 原作は藤田五郎の同名小説が原作です。 東京に実在したヤクザ、 石川力男の半生を映画にした作品です。
アウトロー

北陸代理戦争の悲劇、深作欣二がヤクザ映画を辞めた理由

深作欣二は東映で実録ヤクザ映画を多数監督していた。 実録とは、実際に起こった事件や、実在の人物のエピソードを、 物語にアレンジして作品にするという手法で、 話にリアリティがあるという事で、 当時人気になったジャンルです。 全くのノンフィクションではありません。 ところどころオリジナルの話を織り交ぜます。
アウトロー

ビーバップハイスクール映画のあらすじ、出演者や見どころとは?

ビーバップハイスクールは私たち世代が中学生の時に流行っていた漫画です。私立愛徳高校に通う、仲間トオルと加藤ヒロシの高校生活を描いた不良漫画です。この漫画、流行りましたね〜、このビーバップハイスクールに影響されて、改造した制服を来てる奴や、リーゼントに剃り込み入れてる奴などたくさんいました。 そんな大ヒットした漫画が映画化されました。今日は映画版ビーバップハイスクールのあらすじや、ちょっとしたネタバレも紹介したいと思います。
アウトロー

前田日明伝説-武勇伝やトラブルがやばい!!カリスマ伝説

前田日明は日本の元プロレスラーです。プロレスラーでありながら、日本の格闘技の基盤を作った人である事は間違いありません。日本の格闘技の根本を作ったのがアントニオ猪木、そしてその猪木の弟子である、前田日明と、初代タイガーマスクの佐山サトルが日本の格闘技の基盤を作ったのは間違いありません。 前田日明はプロレスの世界に格闘技の要素を取り入れ、一大ムーブメントを作りました。そこから、K-1やPRIDEに発展して行きました。日本のプロレスラーの中でもレジェンドと呼ばれるにふさわしい人なんです。
アウトロー

伝説の喧嘩師花形敬、力道山もビビって逃げたステゴロ最強の男とは?

花形敬は戦後の東京で暴れま回ったヤクザです。漫画「グラップラー刃牙」シリーズに登場する喧嘩ヤクザ、花山薫のモデルとされる人物です。刃牙シリーズの花山は、身長190センチで全身筋肉、背中に「侠客立ち」という刺青を入れていて、全身傷だらけ。 白いスーツがトレードマークで、フチなしのメガネをかけていて、喧嘩の時は、そのメガネをすっと外す。腕力が圧倒的に強く、トランプも指で引き千切るとう怪力。 これはあくまでも、漫画の話、実際の花形敬はどんな感じの人だったのか?という事で、ネット、書籍等から情報を集めてみました。
アウトロー

仁義なき戦いの名言、名ゼリフ、小林旭(武田明)がカッコイイ

大好きな映画仁義なき戦い。この映画に出演する小林旭が演じた武田明がとにかくカッコいいのだ。この小林旭が演じた武田明は、山守組の若頭、最初は主人公の広能(菅原文太)と同じ組で広能と武田は仲が良かったのだが、親分の山守が広能に対抗する為に、武田を若頭に任命してお互いに競わせる様になってから対立する様になった。
アウトロー

赤井英和VS前田日明喧嘩最強伝説!2人のエピソードは嘘?

赤井英和は現在タレントですが、昔はプロボクサーでした。世界戦に敗れた次の試合の復帰戦で戦った日本人に試合で負け、大きなダメージを受けます。そして、引退して現在にいたるといった感じなのですが、テレビでボクサー時代や、更にその前の学生時代の話をする事もたまにあります。 学生時代赤井はそうとうなヤンチャな人物で喧嘩もしょっちゅうやっていました。芸能界で誰が喧嘩が強いかという事で結構ネット上で赤井の名前があがります。そんな赤井の喧嘩エピソードで一番多く語られているのが、プロレスラーの前田日明との喧嘩エピソードです。
アウトロー

チャック・ウィルソンの現在、恐怖の外国人最強タレント

チャック・ウィルソン覚えていますか、筋肉モリモリのアメリカ人で、大橋巨泉のまるごとハウマッチに回答者として出ていて、大橋巨泉から「ケチャック」と呼ばれていました。チャック・ウィルソンはただの外国人タレントではありません。 この人はかなり高い戦闘力をもった人で、現在はどうか分かりませんが芸能人の中でも最強ではないか?と子供ながらにテレビで見ていました。正月の特番に登場して腕相撲をするというコーナーがあったのですが、当時現役バリバリのジャンボ鶴田にも腕相撲で勝っていました。 という事で、前半ではチャック・ウィルソンの現在について、後半はチャック・ウィルソン最強伝説をお伝えしたいと思います。
アウトロー

宇梶剛士の若い頃<リアルラオウ>喧嘩最強伝説

芸能人喧嘩最強で必ず名前が出てくる宇梶剛士、彼が元暴走族の総長であったのは有名な話で、同じ元暴走族だったタレントのヒロミなんかも、当時は有名でとても怖かったと証言している。宇梶剛士については、エピソードなど結構出尽くしている感はありますが、それを含めて紹介したいと思います。ちょっと、その前に簡単に宇梶剛士のプロフィールも紹介しておきます。
BOOWY

氷室京介喧嘩最強伝説、吉川晃司もダメだよあんなの・・

氷室京介が昔不良だったという事は有名な話だ。群馬県高崎市出身で実家が肉屋であるとか、子供の頃はよく喧嘩をしていたとか、自分で語っているインタビューなどもあり、氷室京介は喧嘩が強いという事が一般的になっている。