布袋寅泰

BOOWY

氷室京介、BOOWYのファンの芸能人、有名人、意外な人もファン

BOØWYとは伝説のバンドと言われいます。80年代日本の音楽シーンで頂点に立ったのですが、人気絶頂の時に突然解散したバンドです。メンバーは、ボーカル、氷室京介、ギター、布袋寅泰、ベース、松井常松、ドラム、高橋まことの四人組です。 BOØWYはそれまで、ロックのジャンルが根付いてなかった日本の音楽シーンにロックを定着させ、BOØWY登場以降はロックじゃないと売れないとまで、言われる様に歴史を塗り替えた凄いバンドでした。
BOOWY

氷室京介喧嘩最強伝説、吉川晃司もダメだよあんなの・・

氷室京介が昔不良だったという事は有名な話だ。群馬県高崎市出身で実家が肉屋であるとか、子供の頃はよく喧嘩をしていたとか、自分で語っているインタビューなどもあり、氷室京介は喧嘩が強いという事が一般的になっている。
BOOWY

氷室京介と布袋寅泰の溝はあった?不仲だったのか?キスまでライブでしてたのにね

氷室京介と布袋寅泰はかつて同じバンドに属していた。BOØWYというバンドだ。このバンドは後に起こるバンドブームの元となった、伝説的な人気を誇ったバンドであった。何故人気が出たのか?まず、とにかくカッコイイ。見た目がかっこいい。音楽がカッコイイ。パフォーマンスがカッコイイ。兎に角全てかカッコイイのだ。BOØWYが何故カッコイイのか考えていたら、やはり氷室京介と布袋寅泰の二人がカッコイイのだ。
BOOWY

松井常松の現在、今何やってるの?元BOOWYのベーシストがヤバイ!

元BOOWYのベーシストの松井常松は今何をやっているのだろうか?松井常松は氷室京介の同級生で、BOOWYのベースを担当していた。激しく動き回るボーカルの氷室京介や、ギターの布袋寅泰とは違い、一か所でひたすらベースを弾き、その顔は無表情でひたすらダウンピッキングでベースを弾くというのが、松井のスタイルである。初めてこの松井を見た時、あまりにも氷室京介や布袋寅泰と動きが違う為に、松井はやる気がなく嫌々ベースを引かされているかわいそうな人で、不機嫌な怒った様な表情なのか?と子供の頃思ったものである。
BOOWY

BOOWY 解散の理由真相とは?原因はやっぱりあの人?

BOOWYは80年代活躍したロックバンドで、日本の音楽シーンに様々な影響を与えた伝説のロックバンドである。このBOOWYが解散を発表したのが、1987年の12月24日の渋谷公会堂のライブのアンコールでの事だった。BOOWYは何故解散したのか?その解散理由、原因などを書いていきたいと思います。 BOOWY解散の理由
BOOWY

氷室京介の最後のライブ(LAST GIGS)に布袋寅泰は登場するのか?BOOWY再結成ありませんね

氷室京介が引退を発表してからしばらく経つが、ラストライブの予定はどんな感じなのだろうか?というのも、私は氷室京介のLINEをフォローしていて、ラストライブ「LAST GIGS」の曲のリクエストを受け付けているというをちらっと見ていたからだ。昔から氷室京介を知る人の今回の関心事はやはり、かつての盟友布袋寅泰との共演はあるのか?BOOWY再結成はあるのかという事だ。BOOWYとは、1981年に氷室京介と布袋寅泰を中心に結成されたロックバンドで、日本の音楽シーンに大きな影響を与えたバンドなのだ。