仁義なき戦い

アウトロー

仁義なき戦いの名言、名ゼリフ、小林旭(武田明)がカッコイイ

大好きな映画仁義なき戦い。この映画に出演する小林旭が演じた武田明がとにかくカッコいいのだ。この小林旭が演じた武田明は、山守組の若頭、最初は主人公の広能(菅原文太)と同じ組で広能と武田は仲が良かったのだが、親分の山守が広能に対抗する為に、武田を若頭に任命してお互いに競わせる様になってから対立する様になった。
仁義なき戦い

田中邦衛は生きてる?どの作品が一番好きですか?

田中邦衛は今どうしているのだろうか?最近テレビに出ないので心配になって調べてみた。田中邦衛と言えば数々のドラマや映画に出ているので、皆さんが見た作品はそれぞれ違うと思います。例えば、よくテレビでお笑いの人がパロディーでモノマネしている「北の国から」という作品は私は見た事がない。 熱心なファンの人からすれば、えっ!「北の国から」を見ずして、田中邦衛は語れないでしょ!と語気を強めて怒られるかもしれませんが、私は田中邦衛と言えば仁義なき戦いの槇原政吉なのだ。 北の国からを見なくても、田中邦衛の良さは分かるぜ!という感じなのだ。 という事で今日は田中邦衛の事を書きたいと思います。
アウトロー

仁義なき戦いの名セリフ、キャラクター別に紹介するよ〜第1作目より

仁義なき戦いは名台詞(めいぜりふ)の宝庫である。それは魅力的なキャラクターが発する言葉であるから、心に残るのではないでしょうか?広能、山守、武田、坂井、大友、・・・数え上げたらきりがありませんが、今日は仁義なき戦いのキャラクター別の印象的なセリフを紹介します。仁義なき戦いは好きな人が多いので、結構いろんな人が、仁義なき戦いの名ゼリフについては、ピックアップしていますが、王道のセリフ以外の、隠れた名ゼリフも紹介できればと思います。
アウトロー

大西政寛、悪魔のキューピー伝説、映画にも登場する最狂アウトロー

映画「仁義なき戦い」シリーズ第1作、土居組若頭として登場する、梅宮辰夫が演じた若杉寛のモデルは実在する人物大西政寛である。大西のあだ名は「悪魔のキューピー」だ。大西をモデルにした映画や漫画、書籍はたくさん存在していて、後に登場するステゴロ最強と言われた花形敬と同じように現在でも知っている人の多いアウトローである。
アウトロー

ビーバップハイスクール、白山三羽ガラスの登場にワクワクしたぜ!

ビーバップハイスクールに白山高校の江田が登場したのが、何巻だったか忘れたが、江田の登場にはワクワクした。一応地元の高校との抗争も一通り経験して、抗争相手とも何となく仲良くなって、緊張感が無くなってきた頃に出てきたのが、白山三羽ガラスの面々である。白山のライバル校的な存在で、天保工業の番長ガチャピンや、朴(パク)、栄泉高校のカメマン、などが登場したが、最高にワクワクしたのは、この白山との抗争である。何故かというと、天保工業の番長と言われるガチャピンは、何故番長なのか?今一説得力が無かった。ナンバー2の朴(パク)と、どの様な差ががあるのか全く描かれていなかった。
アウトロー

山中のモデル山上光治仁義なき戦い広島死闘篇の伝説の殺人鬼について

私が仁義なき戦いシリーズで一番好きなのだ、第二作目に当たる「仁義なき戦い 広島死闘篇」である。この作品は仁義なき戦いシリーズの主人公菅原文太が演じる広能が脇役にまわり、広島市呉から広島市に舞台を移した仁義なき戦いでも、外伝的作品で、主人公が広能ではなく、広島村岡組の組員山中正治(やまなかしょうじ)なのである。この仁義なき戦い広島死闘篇が制作されたのは、仁義なき戦いの映画が異例の大ヒットを飛ばし、東映は直ぐに、続編の制作をスタッフに命じた、しかしこの作品には原作があったのだが、原作の連載が追いついていない為に、笠原和夫(かさはらかずお)が当事者に取材をして、脚本を書き上げた。
仁義なき戦い

仁義なき戦いってどういう意味?その言葉の意味と由来を解説、仁義という言葉を使うと一目置かれるぜ!

仁義なき戦いという言葉ってよく聞く言葉なのだが、どういう意味なのだろうか?特に若い人には仁義なんて言葉は馴染のない言葉であるし、死語(しご)と言っても過言ではないかもしれない。今日は「仁義なき戦い」という言葉の意味や語源について書きたいと思...
アウトロー

大友勝利、千葉真一と宍戸錠どっちが良かったのか?名シーン、名ゼリフを再現

仁義なき戦いに登場する大友勝利をご存知だろうか?とことん好戦的で、上昇志向の塊、それでいてある意味臆病であり、己の欲望に忠実で男の憧れでもある。そんなキャラクターが大友勝利である。大友は仁義なき戦い広島死闘編と、仁義なき戦い完結編に登場するキャラクターで、広島死闘篇では、千葉真一が演じて、完結編では宍戸錠が演じたのだ。
アウトロー

仁義なき戦い広島死闘篇の名言とあらすじ。大友勝利のキャラは最強

仁義なき戦いという映画をご存知だろうか? いわゆる東映のヤクザ映画なのだが、実録とつく、実際にあったヤクザの抗争をモデルにした映画だ。 実は仁義なき戦いは、第1作目が公開されると、大ヒットし次回作を作る事になり、 制作された第2作目がこの「仁義なき戦い-広島死闘篇-」である。 この「仁義なき戦い」という作品のバックボーンを語っておかなければならない。 この「仁義なき戦い」は広島抗争の渦中にいた、美能組組長の美能幸三が、 刑務所の中で書いた手記を元に、小説家の飯干幸一が、週間サンケイで連載していた作品です。