モハメド・アリ

ケンカ最強

モハメド・アリ対マイク・タイソンどっちが強い?全盛期の対決を徹底解説

ボクシング史上最強のヘビー級チャンピオンは誰だ?と聞かれた時、おそらく二人の男の名前が一番多く上がるのではないだろうか?その二人とは、モハメド・アリとマイク・タイソンである。「蝶のように舞い、蜂の様に刺す」華麗なフットワークで相手のパンチをよける、そして素早い攻撃で相手をノックアウトするアリの戦術と、ピーカーブスタイルと呼ばれる防御スタイルで左右に頭を振り、速いフットワークで、相手の懐(ふところ)に飛び込み、ノックアウトするタイソンのKOパターン、この二人が全盛期に戦っていたらいったいどっちが勝ったのでしょうか?今日は昔からのボクシングファンの方と、ボクシングマニアの方に話を聞いてきたので、それを紹介する。
ケンカ最強

アリ対猪木のルールとは?真相とは?猪木の唯一ガチで行われた異種格闘技戦が凄過ぎる

アントニオ猪木対モハメド・アリの異種格闘技をご存知だろうか?この試合は試合当時公表されていないルールが存在する。この試合後は、1976年6月26日、日本武道館で行われた試合で、14500人超満員の観客が押し寄せ、世界37ヵ国に衛星放送され14億人が視聴したと言われている。