手相

オカルト

手相最強ランキング最も強運の手相はこれだ!人生大逆転!?

手相には様々な形があります。最強の手相とは一体どんな手相なのだろうか?という事で、勝負事や、出世など運に左右される事も人生には存在する。世の成功者達は実は実力だけではなく、いかに自分に強運が舞い込むを研究している人も実は多く、大企業の社長も、会社の命運をかけた大きな決断の時は占い師の意見を参考にするという話も昔から語られているのです。手相・・単なるオカルトと決めつけるのではなく、少しでも人生を好転するヒントになるのではないか?と思い、最強の手相は何なのか?という事で、強運の証である手相を紹介する。
オカルト

両手にますかけ線がある有名人、芸能人は誰なのか?片手と両手を整理する

ますかけ線とは手相の一種で、手のひらの真ん中に線が一本通っている、手相の事である。この手相は徳川家康にもあった為、何か事を成し遂げる人はこのますかけ線がある事が多いと昔から日本で思われてきたのだ。そして片手だけではなく、両手にこのますかけ線があるのは、更に珍しく、千人に一人と言われている。今日はますかけ線がある有名人、芸能人について書きたいと思います。
オカルト

ますかけ線が両手の男性は出世するのか?どんな性格なのか?実際に聞いてみた

ますかけ線とは、手相の事なのだが、手のひらの真ん中に一直線に線がある事で、この、このますかけ線というのが、なかなかレアで、片手がますかけの人は100人中僅か数人で、両手にますかけ線がある人は1万人に一人と言われています。また、このますかけ線は、天下を取る手相とも呼ばれていて、有名なのが豊臣秀吉、織田信長、徳川家康もこのますかけ線の手相だったと言われています。徳川家康の手形は現在も残っていますが、確かにますかけ線でした。片手ますかけでも、レアなのに両手がますかけって、これって最強なんじゃないの?片手がますかけだった徳川家康は天下を統一しましたが、両手がますかけだったら、世界征服できるかもしれませんね。というわけで、両手ますかけの人を探してインタビューしてきたので、今日はそんなお話をしたいと思います。