ケンカ最強

ケンカ最強

ケンカに関する記事のまとめページ/記事一覧

ケンカの勝ち方、テクニック、格闘家のケンカエピソード、ケンカで使える武器、各業界のケンカ屋達のエピソード、ケンカ最強を目指すならチェック 降りかかる火の粉は自分で払う、最も護身術で役に立つ格闘技は何なのか? について書い...
ケンカ最強

ハイキック柔軟方法、股関節の柔軟で簡単にハイキックが蹴れる

ハイキック!柔軟で空手やキックボクシングの様な蹴りが出来る 鋭いハイキックを蹴る為には、 身体が硬いと蹴る事が出来ません。 しっかりと、股関節を柔軟体操で柔らかくしないと、 顔面まで足が届かないという、 み...
ケンカ最強

護身術格闘技おすすめはこれだ!自分の身は自分で守る

最近暴力事件が多いですね。怖い!。車を運転していたら、進路を邪魔されて、車から引きずり出されるなんて、高速道路も戦場です。 もし、そんな時、家族が助手席に座っていたり、恋人が同じ車に乗っていたりしたら、どうしますか? 理不尽な暴力が突然あなたの身に降りかかる事があるかもしれません。 そんな時、黙ってやられるのではなく、自分の身は自分で守りたいと、私は思います。 で、今日は護身術に最適な格闘技は何か?という事を書きたいと思います。
ケンカ最強

力道山伝説、対木村政彦の真相や刺殺事件、仰天エピソード集

力道山が亡くなったのは、昭和38年12月15日私が生まれた時には、すでに亡くなっていた人物なので、リアルタイムにその活躍は知りませんが、色々噂というか、伝説として語られる人物なので今日は力道山について、お伝えしたいと思います。
アウトロー

花形敬、力道山もビビって逃げたステゴロ最強の男とは?

花形敬は戦後の東京で暴れま回ったヤクザです。漫画「グラップラー刃牙」シリーズに登場する喧嘩ヤクザ、花山薫のモデルとされる人物です。刃牙シリーズの花山は、身長190センチで全身筋肉、背中に「侠客立ち」という刺青を入れていて、全身傷だらけ。 白いスーツがトレードマークで、フチなしのメガネをかけていて、喧嘩の時は、そのメガネをすっと外す。腕力が圧倒的に強く、トランプも指で引き千切るとう怪力。 これはあくまでも、漫画の話、実際の花形敬はどんな感じの人だったのか?という事で、ネット、書籍等から情報を集めてみました。
ケンカ最強

アレクサンドル・カレリン伝説ヒョードルとどっちが強い?

霊長類最強の男と呼ばれていたアレクサンドル・カレリンはロシアのレスリング選手である。現役当時最強の名を欲しいままにして、勝ち続けたカレリンに付けられたニックネームが霊長類最強の称号である。 身長191センチ体重130キロの巨体が秘めるパワーは圧倒的でレスリングの試合では連戦連勝、輝かしい成績を残している。現在カレリンは、現役を引退している。今日はカレリンの強さ、カレリン伝説をお伝えします。
アウトロー

赤井英和VS前田日明喧嘩最強伝説!2人のエピソードは嘘?

赤井英和は現在タレントですが、昔はプロボクサーでした。世界戦に敗れた次の試合の復帰戦で戦った日本人に試合で負け、大きなダメージを受けます。そして、引退して現在にいたるといった感じなのですが、テレビでボクサー時代や、更にその前の学生時代の話をする事もたまにあります。 学生時代赤井はそうとうなヤンチャな人物で喧嘩もしょっちゅうやっていました。芸能界で誰が喧嘩が強いかという事で結構ネット上で赤井の名前があがります。そんな赤井の喧嘩エピソードで一番多く語られているのが、プロレスラーの前田日明との喧嘩エピソードです。
アウトロー

チャック・ウィルソンの現在、藤原組長と戦いを繰り広げた男とは?

チャック・ウィルソン覚えていますか、筋肉モリモリのアメリカ人で、大橋巨泉のまるごとハウマッチに回答者として出ていて、大橋巨泉から「ケチャック」と呼ばれていました。チャック・ウィルソンはただの外国人タレントではありません。 この人はかなり高い戦闘力をもった人で、現在はどうか分かりませんが芸能人の中でも最強ではないか?と子供ながらにテレビで見ていました。正月の特番に登場して腕相撲をするというコーナーがあったのですが、当時現役バリバリのジャンボ鶴田にも腕相撲で勝っていました。 という事で、前半ではチャック・ウィルソンの現在について、後半はチャック・ウィルソン最強伝説をお伝えしたいと思います。
アウトロー

宇梶剛士の若い頃の武勇伝<リアルラオウ>喧嘩最強伝説

芸能人喧嘩最強で必ず名前が出てくる宇梶剛士。 彼が若い頃、暴走族の総長であったのは有名な話で、 同じ元暴走族だったタレントのヒロミや不良だったSMAPの中居正広も、 当時は有名でとても怖かったと証言している。 宇梶剛士については、 エピソードなど結構出尽くしている感はありますが、 それを含めて紹介したいと思います。
ケンカ最強

ヒョードル全盛期が最強の理由、ヒョードルの全盛期に勝てる奴はいない?

ヒョードルとは、エメリヤーエンコ・ヒョードルの事で、ロシアの格闘家である。このヒョードルは、ロシアの柔道、サンボの選手であったが、総合格闘技に転向してから、破竹の快進撃を行い。無敵の格闘家として、日本のリングでも大活躍した。そのニックネームは、人類60億分の1の男、または人類最強の男と呼ばれた。 階級は一番重いヘビー級で、身長183㎝、体重は104㎏と格闘家の中では決して大きくない。元リングスヘビー級王者、元PRIDEヘビー級王者と格闘技のタイトルを総なめにしてきたヒョードルが何故最強と呼ばれたのか、今日は全盛期のヒョードルの強さにスポットを当ててみたいと思います。