千葉真一

アウトロー

大友勝利、千葉真一と宍戸錠どっちが良かったのか?名シーン、名ゼリフを再現

仁義なき戦いに登場する大友勝利をご存知だろうか?とことん好戦的で、上昇志向の塊、それでいてある意味臆病であり、己の欲望に忠実で男の憧れでもある。そんなキャラクターが大友勝利である。大友は仁義なき戦い広島死闘編と、仁義なき戦い完結編に登場するキャラクターで、広島死闘篇では、千葉真一が演じて、完結編では宍戸錠が演じたのだ。
北王子欣也

仁義なき戦い広島死闘篇の福本清三さんの殺され方が最高

殺人マシーン山中正二、仁義なき戦い広島死闘編の主人公である。山中は、戦後の広島で戦争から復員するが、闇市で、大友組の大友勝利に半殺しの目に合う。 村岡組の者に助けられた事から、村岡組にゲソを付けやがて村岡組の若い衆となる。 岡組の為、親分の為、抗争相手の大友組の組員達を次々と殺していく山中。
アウトロー

仁義なき戦い広島死闘篇の名言とあらすじ。大友勝利のキャラは最強

仁義なき戦いという映画をご存知だろうか? いわゆる東映のヤクザ映画なのだが、実録とつく、実際にあったヤクザの抗争をモデルにした映画だ。 実は仁義なき戦いは、第1作目が公開されると、大ヒットし次回作を作る事になり、 制作された第2作目がこの「仁義なき戦い-広島死闘篇-」である。 この「仁義なき戦い」という作品のバックボーンを語っておかなければならない。 この「仁義なき戦い」は広島抗争の渦中にいた、美能組組長の美能幸三が、 刑務所の中で書いた手記を元に、小説家の飯干幸一が、週間サンケイで連載していた作品です。