前田日明一覧

前田日明と高田延彦は何故不仲に?前田さんごめんなさい

前田日明の盟友と言えば、昔からのプロレスファンにとっては、新日本プロレス時代からUWF時代と行動を共にした高田延彦です。高田延彦と言えば、現在タレントでテレビでもよく見かけますね。元プロレスラーで一番芸能界で成功した人という印象を受けますね。 そんな前田日明と高田延彦は同じ団体で盟友として活躍していたが、不仲で今では交流はないそうです。 何故そんな事になったのか。かつては兄弟の様な間柄だった二人、UWF時代は、前田、高田、山崎という三本柱で頑張っていましたが別々の道を歩みました。 という事で今日は前田日明と高田延彦がどうして不仲になったのか?という事をお伝えします。

前田日明伝説-武勇伝やトラブルがやばい!!カリスマ伝説

前田日明は日本の元プロレスラーです。プロレスラーでありながら、日本の格闘技の基盤を作った人である事は間違いありません。日本の格闘技の根本を作ったのがアントニオ猪木、そしてその猪木の弟子である、前田日明と、初代タイガーマスクの佐山サトルが日本の格闘技の基盤を作ったのは間違いありません。 前田日明はプロレスの世界に格闘技の要素を取り入れ、一大ムーブメントを作りました。そこから、K-1やPRIDEに発展して行きました。日本のプロレスラーの中でもレジェンドと呼ばれるにふさわしい人なんです。

カレリン最強伝説、その怪力は捉まれば絞め殺されます

霊長類最強の男と呼ばれていたアレクサンドル・カレリンはロシアのレスリング選手である。現役当時最強の名を欲しいままにして、勝ち続けたカレリンに付けられたニックネームが霊長類最強の称号である。 身長191センチ体重130キロの巨体が秘めるパワーは圧倒的でレスリングの試合では連戦連勝、輝かしい成績を残している。現在カレリンは、現役を引退している。今日はカレリンの強さ、カレリン伝説をお伝えします。

前田日明対アンドレの真相は?黒幕は猪木か坂口なのか?はたまた・・

前田日明対アンドレ・ザ・ジャイアントの試合をご存知でしょうか?この試合は新日本プロレスのリングで行われたプロレスの試合で、伝説の試合と呼ばれ今でも、プロレスファンの間で語り草となっている試合です。 1986年4.29 津市体育館という地方興行で行われた試合です。何故伝説になっているかというと、この試合はアンドレが前田を本気で潰すために、シュートを仕掛けた、いわゆるガチの試合だったというのです。その本気で前田を潰しにかかったアンドレを前田は、得意のキックで蹴りまくり、アンドレは戦意喪失、前田の強さは本物だと、プロレスファンの間で、今もなお語られる試合なのである。