松井常松

BOOWY

松井常松のベース BOOWY時代のモデルとは?ベースって・・

バンドを組んで練習しようとした時、定番なのがBOOWYの曲。解散してかなりの年数が経つバンドだけど、今でも人気がありBOOWYのコピーバンドも多い。 BOOWYのベースと言えば松井常松、松井常松が使用していた、ベースを使ってみたいという事で、検索でこのページにたどり着いた方も多いかもしれない。 と、いう事で今日はBOOWY時代の松井常松が使っていたベースのモデルが気になったので調べてみた。 BOOWYと言えば、氷室や布袋に目が行きがちだが、実は松井が一番カッコいいという意見の人も多い。一箇所にたたずんで、ベースを弾き続けるという松井常松だが、それだけで、存在感を出せるというのは、凄いんじゃないですか?
BOOWY

松井常松の現在、今何やってるの?元BOOWYのベーシストがヤバイ!

元BOOWYのベーシストの松井常松は今何をやっているのだろうか?松井常松は氷室京介の同級生で、BOOWYのベースを担当していた。激しく動き回るボーカルの氷室京介や、ギターの布袋寅泰とは違い、一か所でひたすらベースを弾き、その顔は無表情でひたすらダウンピッキングでベースを弾くというのが、松井のスタイルである。初めてこの松井を見た時、あまりにも氷室京介や布袋寅泰と動きが違う為に、松井はやる気がなく嫌々ベースを引かされているかわいそうな人で、不機嫌な怒った様な表情なのか?と子供の頃思ったものである。