リリーフランキー

ピエール瀧

映画凶悪はグロい残酷なシーンが多いのか?見るのをためらっていた私が見た感想

私は平和主義である。この映画「凶悪」は、ある死刑判決を受けている死刑囚が、警察が把握していない殺人事件を3件告白したという「上申書殺人事件」と呼ばれる凶悪事件を元にした事件である。この映画のリリーフランキー演じる、主犯格「先生」とバイオレンスの権化と呼んでも差し支えない、元暴力団組長須藤の行いは、まさに「凶悪」。そんな凶悪犯罪を描くのだから、残虐なグロいシーンが多く描写されるんじゃないだろうか?と、私は見る前ためらった。私の人生とは真逆な世界が描かれているからだ。見終わって、嫌な気分になったら嫌だな〜と思いためらっていた。最近嫌なニュースが非常に多いからだ。しかし私は勇気を振り絞って見てみた。
アウトロー

小林且弥(こばやしかつや)凶悪の五十嵐役の演技を語ろう

映画凶悪にピエール瀧演じる、須藤の舎弟五十嵐として登場する役者さんが素晴らしいと私の中で話題になっているので、今日はその事について語りたいと思います。映画「凶悪」は実際にあった事件を元に描かれた映画で、ピエール瀧、リリーフランキーが極悪なキャラクターを演じている事が注目を集め大ヒットした映画なのだ。今回紹介する五十嵐は、ピエール瀧演じる須藤に心酔している舎弟で、須藤の命じる事を忠実にこなす人物である。この五十嵐を演じたのが、小林且弥(こばやしかつや)である。
リリーフランキー

松岡依都美(まつおかいずみ)映画凶悪の須藤の内縁の妻役の演技が好き過ぎる

映画「凶悪」は、山田孝之が主演、リリー・フランキー、ピエール瀧などが出演した映画である。この映画のピエール瀧演じる須藤の内縁の妻役を演じた、松岡依都美(まつおかいずみ)の演技が私は大好きなのだ。今日は松岡依都美(まつおかいずみ)について書きたいと思います。私がこの松岡依都美(まつおかいずみ)を見たのは、この映画「凶悪」が初めてであったし、それ以降、彼女の演技を見ていないだが、かなり印象に残ったので、同じ様にこのブログの記事を読んでいるという事は私と同じ様な思いを持っている方か、もしくは映画「凶悪」を見た事ないが、この映画の元となる事件「上申書殺人事件」を調べて、このブログの記事を見ているかのどちらかではないかな?と思います。
リリーフランキー

映画凶悪を解説モデルとなった事件と映画の違いとは?

テレビ番組、アンビリーバボーでも取り上げられた、上申書殺人事件。 実はアンビリーバボーの放送を私は見ていない。 しかし、アンビリーバボーで放送されてかなり反響があった様だ。 その番組内でも登場した、この事件の中心人物、冷徹な不動産ブローカー、 「先生」とはいったいどんな人物なのだろうか? 死の錬金術師と言われる先生。 そして、その「先生」とタッグを組み、多くの人達を地獄に突き落としてきた、 殺人マシーンとも呼べる、凶暴な男、後藤良治。 今日は、この二人について書いていきたいと思います。
リリーフランキー

映画凶悪は本当に凶悪?ラストはどうなる(ネタバレ)原作との違い

映画「凶悪」の感想を書きます。 山田孝之、リリーフランキー、ピエール瀧が出演している映画です。 この映画は実際にあった事件、「上申書殺人事件」を元に映画が作成されています。 この事件の犯人、リリーフランキーとピエール瀧の凶悪ぶりはこの映画を見る価値が十分あります。 私はこの手の犯罪映画が大嫌いだ。
リリーフランキー

そして父になるの原作は沖縄であった実話「ねじれた絆」なのか!

映画「そして父になる」は福山雅治が主演した映画で、数々の賞を受賞して、 大変話題になった映画である。この映画は、2013年に制作された、是枝裕和の監督作品だ。
リリーフランキー

そして父になるの感想ブログ、福山雅治、リリーフランキー!!

映画「そして父になる」の感想をブログに書いてみようと思いました。 福山雅治は私達昭和のオッサンにとっても、イケメンと言えば、福山雅治か、 B'zの稲葉浩志か?と言われる位の、オッサン界のレジェンド的なイケメンオヤジなのです。 では、早速この映画「そして父になる」の感想を書きたいと思います。
リリーフランキー

映画「凶悪」は実話元になった事件、上申書殺人事件が怖すぎる!

映画凶悪を見てこの事件を初めて知った。 その事件は「上申書殺人事件」と呼ばれる事件だ。
アウトロー

リリーフランキーの映画「 凶悪」は実話ネタバレ注意ストーリー

リリーフランキー、ピエール瀧が凶悪犯罪を犯す凶悪な男を演じ、山田孝之がその事件に迫る記者を演じ話題となった映画「凶悪」今日はこの映画「凶悪」のストーリーを紹介します。 まだ、見ていない人、これから見てみようと思っている人は、このページをそっと閉じていただければと思います。今日はこの映画の事をかなり書こうと思っていますので、ご注意下さい。