芸能人一覧

松岡依都美(まつおかいずみ)映画凶悪の須藤の内縁の妻役の演技が好き過ぎる

映画「凶悪」は、山田孝之が主演、リリー・フランキー、ピエール瀧などが出演した映画である。この映画のピエール瀧演じる須藤の内縁の妻役を演じた、松岡依都美(まつおかいずみ)の演技が私は大好きなのだ。今日は松岡依都美(まつおかいずみ)について書きたいと思います。私がこの松岡依都美(まつおかいずみ)を見たのは、この映画「凶悪」が初めてであったし、それ以降、彼女の演技を見ていないだが、かなり印象に残ったので、同じ様にこのブログの記事を読んでいるという事は私と同じ様な思いを持っている方か、もしくは映画「凶悪」を見た事ないが、この映画の元となる事件「上申書殺人事件」を調べて、このブログの記事を見ているかのどちらかではないかな?と思います。

突然ガバチョ!の放送事故、生首動画、生首画像は存在するの?

突然ガバチョ!という番組をご存知でしょうか?この番組は笑福亭鶴瓶師匠が司会をしていた番組で、とても面白かった番組です。お笑いの番組なのですが、この番組にはそれは恐ろしい、都市伝説というか、放送事故というかその様な物があると言い伝えられております。

8時だョ!全員集合、母ちゃんコント、早口言葉、合唱、懐かしテレビ

懐かしいテレビ番組と言えば、真っ先に頭に浮かぶのが「8時だョ!全員集合」です。 恐らく、リアルタイムで観ていない若い世代の人でも、番組名だけは知っていると思いますし、リアルタイムでブラウン管にかじりついていた中高年世代にとっては、忘れられない番組の一つではないでしょうか。

ウッチャンナンチャンのウリナリの思い出、事故があったのは、やるならやらねばだ

1990年代、ウッチャンナンチャンのウリナリが毎週とても楽しみでした。日本テレビ系列で金曜8時頃からの放送だったように記憶しています。ウッチャン ナンチャン、よゐこ、キャイ~ン、ココリコ、千秋、ビビアンスーらが出演していて、コーナー毎に組み合わせが変わったり、またコーナーによって杉本彩が参 加したりと、見所が沢山あったため、一時間があっという間に過ぎていきました。

森口博子ってカワイイのに何故結婚しないのか?井森美幸と共に再評価されてるけど

最近森口博子がテレビに出ているのを見て、殆ど昔と変わらない容姿をしていて、森口博子って「美魔女」とか「隠れ巨乳」とか言って、再評価されているらしい、そして、森口博子のちょっと前にブレイクして、めちゃくちゃテレビに出まくっていた、井森美幸もカワイイという意見も多い。私は、井森美幸には興味は余りないが、森口博子は昔から好きで、若い時からカワイイな~と思っていたので、森口博子が評価されるのは、いい気分である。森口博子は若い頃バラエティー番組に出まくっていて、ガンダムの歌を出したり歌手としても、活躍していた。

リリーフランキーの映画「 凶悪」は実話ネタバレ注意ストーリー

リリーフランキー、ピエール瀧が凶悪犯罪を犯す凶悪な男を演じ、山田孝之がその事件に迫る記者を演じ話題となった映画「凶悪」今日はこの映画「凶悪」のストーリーを紹介します。 まだ、見ていない人、これから見てみようと思っている人は、このページをそっと閉じていただければと思います。今日はこの映画の事をかなり書こうと思っていますので、ご注意下さい。

木下ほうか、嫌味課長や、はい論破で最近人気が出ているが、やっぱりこの映画

最近テレビで、木下ほうかを見る事が多くなってきた。 バラエティー番組「痛快テレビスカッとジャパン」にも嫌味な事を言って部下をイジメる、 課長の役がウケている様だ。 また、この木下ほうか演じる課長の口癖「はい論破」も話題になっている。 それ以外にも、ドラマ「昼顔」の吉瀬美智子の旦那役では、不気味なオッサンの役を演じて、 印象深い演技を見せていました。

ナイナイとダウンタウン。確執、比較、不仲、悪口

我々の世代はお笑いと言えば、ダウンタウンである。 ダウンタウンの後に出て来たお笑い芸人は殆どがダウンタウンの影響を受けていて、 単なるダウンタウンのモノマネ芸人がなんと多かった事か。 今日はダウンタウンと、ダウンタウン出現後、吉本で最も成功したお笑いコンビ、 ナイナイについて書いていこうと思う。 ダウンタウンは吉本の養成所第1期生、ナイナイは9期生である。 岡村隆史は昭和45年生まれ、矢部浩之は46年生まれだから、 ダウンタウンが売り出し中の時、テレビでその活躍を見ていたはずだから、 ある程度はダウンタウンを意識して、吉本に入ったのではないでしょうか?

仁義なき戦い広島死闘篇の名言とあらすじ。大友勝利のキャラは最強

仁義なき戦いという映画をご存知だろうか? いわゆる東映のヤクザ映画なのだが、実録とつく、実際にあったヤクザの抗争をモデルにした映画だ。 実は仁義なき戦いは、第1作目が公開されると、大ヒットし次回作を作る事になり、 制作された第2作目がこの「仁義なき戦い-広島死闘篇-」である。 この「仁義なき戦い」という作品のバックボーンを語っておかなければならない。 この「仁義なき戦い」は広島抗争の渦中にいた、美能組組長の美能幸三が、 刑務所の中で書いた手記を元に、小説家の飯干幸一が、週間サンケイで連載していた作品です。