ガンダム一覧

アム・ロレイのその後、ガンダムシリーズを時系列で思い出す

ガンダムは我々の世代にテレビで大ヒットしたアニメで、その後、現在においてもシリーズの作品が作られている人気コンテンツなのですが、やはりガンダムと言えば、初代ガンダムこそが、私たちにとってのガンダムなのです。 その後様々な作品が作られ、もう訳が分からなくなっていたのですが、最近またガンダムに帰って来た。

ガンダムを分かりやすく解説、面白さのポイントはを掻い摘んで知ろう

ガンダムとは機動戦士ガンダムというテレビアニメの事である。機動戦士ガンダムは1979年4月から第1作目の「機動戦士ガンダム」が放送されてから、映画版、続編、スピンオフなどガンダムにまつわる作品が数多く制作され、今でもその作品が放送され、人気がある。ガンダムとは一体どんな物語で、どんな所が人気の要因になっているのか?といいった事を今日は紹介しようと思います。今回はガンダムを一回も見た事の無いひとお向けの解説である。

ファーストガンダム名シーンはこれだ!ベスト5を発表

機動戦士ガンダムは、私がまだ小さい頃のアニメでしたが、大人になってもまだまだ引き込まれてしまうのは、きっと世界観がリアル過ぎるからなのかもしれま せん。ガンダムの好きなシーンは、本当にたくさんあり過ぎて一言では、言いきれなく、また登場キャラの一人一人が大好きでもあります。 今日はファーストガンダムの名シーンはこれだ!という事でリアルタイムにガンダムを見ていた私が、特に感動した名シーンを紹介したいと思います。

ランバ・ラルの名言や年齢、存在感が凄い!ザクとは違うその機体!

ランバ・ラル、赤い彗星のシャアや、黒い三連星と並び、青い巨星と呼ばれる軍人がいる。青い巨星の呼び方は、当時のガンダムの中ではされていなかった、おそらく後付である。シャアや、黒い三連星の様な、呼び名が無い、ランバ・ラルを不憫に思ったのか、青い巨星と呼ばれる一流の軍人ランバ・ラル。 今日はランバ・ラルについて書きたいと思います。 ランバ・ラルの名言 ランバ・ラルの名言で一番有名なのが、これである。

カイ・シデンの名言は?カイはニュータイプではない。

カイ・シデンは「機動戦士ガンダム」の登場人物で、主人公アムロと同じホワイトベースの搭乗員で、ガンキャノンのパイロットである。ガンダムをリアルタイムで見ていた私から見た場合、カイはザコキャラであるが、ガンダムファンの一部の人達からは、カイこそは主人公にも匹敵するキャラクターであり、エースパイロットであり、ニュータイプであるという意見があるのだ。何故なんだろうか?

シャアアズナブル 名言、年齢、本名、声優、イケメン、クワトロバジーナも

現在も人気が続くガンダムシリーズ、私が初めてガンダムを見たのは、ファーストガンダムの夕方にやっていた、再放送なのだ。そのファーストガンダムのアニメを初めてみて衝撃を受け、映画化された時は映画館でも見た。 その中でやはり好きだったキャラクターはこの人だ。

森口博子ってカワイイのに何故結婚しないのか?井森美幸と共に再評価されてるけど

最近森口博子がテレビに出ているのを見て、殆ど昔と変わらない容姿をしていて、森口博子って「美魔女」とか「隠れ巨乳」とか言って、再評価されているらしい、そして、森口博子のちょっと前にブレイクして、めちゃくちゃテレビに出まくっていた、井森美幸もカワイイという意見も多い。私は、井森美幸には興味は余りないが、森口博子は昔から好きで、若い時からカワイイな~と思っていたので、森口博子が評価されるのは、いい気分である。森口博子は若い頃バラエティー番組に出まくっていて、ガンダムの歌を出したり歌手としても、活躍していた。