プロレスWWEの放送をテレビで見る方法とは?一番いいのはこれだ!

アメリカの大人気プロレスのWWEを見たいとなった場合、

どの様な方法があるのかを調べてみました。

見る方法は何種類かあります。

また、見る方法によって、見れる内容が違います。

例えば、WWEには、数種類のコンテンツがあります。

メインコンテンツと呼ばれる、「RAW」と 「SMACK DOWN」

「RAW」は日本人女子プロレスラーのアスカの試合が見れる番組で、

「SMACK DOWN」は中邑真輔の試合が見れる番組です。

それ以外にも、日本人女子レスラーのカイリ・セインが活躍する「NXT」、

ヒデオ・イタミ(KENTA)と戸澤陽が登場する、

クルーザー級の「WWE 205 Live」などがあります。

また、見る方法も、CS放送、インターネット、

そして、地上波と多岐にわたります。

ちょっと、色々あるので、ややこしいと思いますので、

分かりやすく情報をまとめたいと思います。

では、早速解説します。

スポンサーリンク

WWEをテレビで見る方法

地上波でWWEは見れるか?

結論を先に言うと見れます。

WWEの地上波の放送は、

「THIS WEEK in WWE」です。

出典:https://miruhon.net/53549

「THIS WEEK in WWE」はWWEが海外向けに放送している番組です。

この番組は、WWEの全ブランドを網羅したダイジェスト版です。

一週間分のストーリーを30分に凝縮した番組なので、

この番組を見るだけで、WWEの流れが分かる様になって、います。

放送しているチャンネルと時間は、

テレビ神奈川 日曜日 深夜1:30から2:00

TOKYOMX2  金曜日    深夜0:00から0:30

テレビ埼玉  日曜日 深夜1:30から2:00

サンテレビ    土曜日 深夜2:10から2:40

群馬テレビ    日曜日 21:30から22:00

と、なっております。

その他の見る方法

ちょっと、30分のダイジェストでは物足りないですよね。

もっとちゃんと見たいという方は、以下の方法になります。

J SPORTS(CS放送)

出典:http://wweholic.com/2322/

J SPORTSはスカパーやケーブルテレビ、光テレビに加入する事によって、

見る事が出来るスポーツ専門チャンネルです。

J SPORTSでは、「WWE ロウ」(2時間番組)と,

「WWE スマックダウンハイライト ~アフターバーン~」(1時間番組)

という内容が放送されています。

スマックダウンの方は、ダイジェスト版になっています。

J SPORTSのいいところは、

英語版と日本語版両方が放送されている事です。

英語版は現地放送の2日遅れ、

日本語版は6日遅れで見る事ができます。

英語版も字幕が付いているので、

何を言っているか分からないという事はありません。

番組放送中は、J SPORTSのCMが入りますが、

1分程度なので、短いです。

デメリットは、スカパーやケーブルに加入しなければ、見れないという事です。

WWE ネットワーク

出典:goo.gl/cJ3JKC

WWEネットワークは、WWEが運営しているインターネット放送です。

月額$9.99で視聴できます。

「ロウ」「スマックダウン」「NXT」「205 LIVE」「THIS WEEK」も見る事ができます。

ただし、「ロウ」「スマックダウン」は地元のテレビ局との契約の関係で、

3週間以上のタイムラグがあります。

これは、痛い。

視聴方法は、

パソコン、スマホ、タブレット、

テレビで見る場合は、Apple TV、AmazonのFire TVシリーズ、Chromecast、

プレイステーション3,4を通す事によってテレビで見る事ができます。

パソコンで見た場合は、日本語実況に切り替える事も可能です。

色々見る事ができるのですが、放送のタイムラグがあるというのが、

ファンには不満要素です。

そして、日本語字幕に対応していないので、これもデメリットになります。

DAZN

出典:goo.gl/zQ6xC2

DAZNはスポーツ専門の動画配信サービスです。

WWE以外にも、格闘技のUFCや、野球、Jリーグ、

テニスなど実に様々なスポーツを楽しむ事が出来ます。

DAZNの料金は、

月額1890円(税込)

ドコモのユーザーは月額1058円(税込)

ドコモのユーザーはかなりお得に見る事ができます。

DAZNでは、

「ロウ」「スマックダウン」がライブで見れます。

タイムラグが無いのが嬉しいです。

もちろん、見逃し配信も行なっています。

DAZNをはパソコン、スマホ、タブレットで見る事が出来ます。

テレビで見る場合は、

■スマートテレビ(テレビにインターネットの接続する機能が付いているテレビ)

■AmazonのFire TVシリーズの器機をテレビに設置する。

■プレイステーション3,4で見る。

■ひかりテレビに加入する。

■Chromecastを設置する。

■Apple TVを設置する。

これらの、どれかの設備を準備すると、テレビで見る事ができます。

デメリットは、現地の実況は聞こえません。

日本語の同時通訳となります。

そしてCMが多い。これが最大のデメリットです。

時間も3分半と長い。

このCMの煩わしささえ、目をつぶる事ができれば、

ライブで見れるのは、かなり大きいメリットです。

何故なら、好きな人は、常に最新の情報が知りたいわけで、

長い期間のタイムラグは、辛いんです。

見やすさを考えると、DAZNとJ SPORTSが良さそうですね。

スポンサーリンク

関連記事

関連記事:日本人歴代最強プロレスラーは誰だ?プロレス最強伝説

関連記事:プロレス ルールが分からない、なんで技を避けないのか?解説

関連記事:プロレスラーの食事や酒の量とは?大食い、酒豪伝説!一番食べるのは誰だ?

関連記事:前田日明と高田延彦は何故不仲に?前田さんごめんなさい

関連記事:コラコラ問答の原因となった経緯を振り返る、タココラ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事&スポンサーリンク