Apple IDを削除したい、その方法とは?Apple IDの全てが分かる

Apple IDの削除について解説します。

 

Apple IDを削除したい理由は何ですか?

もうApple製品を使わなくなったので、削除したいのか?

 

それとも、今持っているiPhoneやiPadのApple IDのパスワードが分からないので、

サインアウトできなくて、Apple IDそのものを削除したいのか?

 

理由は様々だと思います。

 

今日はApple IDの削除の方法を分かりやすく解説します。

 

ただし、Apple IDを削除する事により、不利益を被る場合があります。

事前に確認するしておいた方がいい事があります。

 

早まって削除してしまわない様にしましょう。

必ず、この文章を最後まで、読んで下さいね。

 

では、早速お伝えしましょう。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Apple IDを削除する方法

Apple IDを削除する前に確認する事

Apple IDを削除する前に確認する事が二つあります。

 

以下の事を確認してください。

Apple IDに紐付いてる情報は全て消える

Apple IDで落としたアプリの情報や、iTunesで購入した音楽など、

Apple IDに紐づいている購入履歴は全て消えてしまいます。

 

例えば、今は使わないけど、将来的にまた、

Apple IDを使う時に、購入履歴は消えているので、

購入したアプリや音楽やブックなどは買い直さなければ、

いけません。

全て情報が消えてもいいのかを確認しましょう。

全てのデバイスからサインアウトしているか?

iCloudにサインインしたまま、Apple IDを削除した場合、

そのデバイスのiCloudからサインアウト出来なくなります。

 

iCloudからサインアウト出来ないと、

不要になったiPhoneやiPadを売却する事が出来なくなります。

 

他の人にiPhoneやiPadを譲る場合は、

iCloudからサインアウトしないといけません。

 

しかし、iCloudにサインインしたまま、

Apple IDを削除してしまうと、そのサインアウトが出来ないのです。

 

Apple IDを削除する場合は、

必ず全てのデバイスのiCloudからサインアウトしましょう。

 

Apple IDはiPhoneやiPadから消去出来ない

Apple IDはiPhoneやiPadなどのデバイスから削除する事はできません。

例えば、中古のiPhoneをネットオークションなどで、手に入れたとします。

 

手元に届いたiPhoneの電源を入れてみると、

前の持ち主のApple IDで、iCloudにサインインしていて、

iPhoneを探すがオンになっていたとします。

 

iPhoneの全てのデータを削除して、

Apple IDをiPhone上から消去する事はできません。

 

iPhoneを探すがオンになっている場合は、

オフにしないと、iPhoneを消去できないんです。

 

もし、こうなってしまった場合は、前の持ち主に連絡を取って、

Apple IDのパスワードを確認して、iPhoneを探すをオフにしないといけません。

Apple IDそのものを削除する手順

自力でApple IDを完全に削除する方法はありません。

 

Apple IDを完全に削除するには、Appleのサポートセンターに電話をして、

Appleのアドバイザー、スペシャリストに削除を依頼します。

 

電話口で本人確認が完了すると、Apple IDを削除した場合のリスクや、

その他の説明を受けた後、電話で削除してくれます。

 

なので、完全にApple IDを削除するには、

Appleのサポートセンターに電話をかけるという事を認識してください。

Apple IDの削除は、サポートセンターのみで可能です。

 

例えば、AppleStoreに行ったとしても、Storeでは削除は出来ません。

サポートセンターに電話する様に案内を受けます。

 

また、iPhoneの修理を担当する、サービスプロバイダでも、

Apple IDの削除は出来ません。

サポートセンターに電話する様に案内されます。

 

もちろん、ドコモやau、ソフトバンクに行っても同じです。

 

行くだけ無駄になりますので、注意しましょ。

(スポンサーリンク)




Apple IDを削除して、メールアドレスは同じで作り直す

Apple IDをあるメールアドレスで作ったけど、そのApple IDは削除して、

同じメールアドレスでApple IDを新規に作る方法を紹介します。

 

この場合は、Apple IDに登録している主要メールアドレスを、

別のメールアドレスに変更しなければいけません。

 

というのが、同じメールアドレスで、複数のApple IDを作る事は出来ません。

 

1つのメールアドレスにつき、Apple IDは一つです。

 

なので、すでに、Apple IDの主要メールアドレスとして、

そのアドレスが登録されているのであれば、

主要メールアドレスを、別のメールアドレスに変更しなければ、

そのアドレスは使う事ができません。

 

この場合は、もう一つ別のメールアドレスを用意する必要があります。

icloudのメールアドレスは変更できない

iPhoneやiPadから作った、

icloud.comのメールアドレスは変更する事は出来ません。

 

一旦作ったアドレスは変更できない、

Appleのサポートセンターに電話しても、

変更は出来ないので、注意が必要です。

 

Apple IDのメールアドレスを変更できるのは、

icloud以外で作ったメールのみが変更可能です。

 

まとめ

■Apple IDの削除は、注意が必要、iCloudからサインアウトし、購入した情報も消える事を理解する必要がある。

■Apple IDを削除できるのは、Appleのカスターセンターのみです。

■AppleStoreやサービスプロバイダ、携帯ショップでは削除はできない。

(スポンサーリンク)




おすすめ記事

おすすめ記事:gメールとは、デメリットはあるのか?gメールを5年間使った感想

おすすめ記事:SIMカードを入れ替えたら、データは消えるのか?LINEなどのデータはどうなる?

おすすめ記事:ルーターを再起動する、そのやり方、効果や時間はどの位?