Macのキャッシュを削除する方法、立ち上がらない、遅い時などに有効

Macを使っていると、立ち上がりに時間がかかるなという時がある。

ジャーンという起動音が鳴ってから、読み込みのバーが出てくるのですが、

中々読み込みが進まないなどという時とか、

Macの動きが何故か遅いという時に、

有効なキャッシュの削除の方法をお伝えします。

Macの動きが遅いとイライラしますよね。

キャッシュの削除の方法は簡単です。

Macのメンテナンスの一環で、月に1度行ってもいいと思います。

私のMacも一度、立ち上げに時間がかかる様になったのですが、

このキャッシュの削除を行って、一発で治りました。

最近Macの立ち上がりが遅いと感じている人は、

一度試していただければと思います。

スポンサーリンク

Macのキャッシュを削除する方法

キャッシュとは?

まず、キャッシュとは何なのかを先に説明しておきます。キャッシュとは、

よく使うデータを早く読み込む為に保存された履歴です。

例えば、サファリで再度同じページを開いた時に、

速く開く事ができるという役割があります。

しかし、このキャッシュを定期的に消さないと、どんどん溜まっていきます。

増えすぎると、他の動きに影響が出る場合があります。

ゴミの様な物ですね。

4箇所のキャッシュを削除する

削除するキャッシュは4箇所です。

1.ユーザーの中のライブラリのキャッシュ

2.ハードディスクの中のシステムのキャッシュ

3.ハードディスクの中のライブラリのキャッシュ

4.フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュ

ユーザーの中のライブラリのキャッシュを削除

左上のりんごのマークの横がFinderになっている事を確認します。

もし、Finderでなければ、デスクトップ上の何も無い所をクリックするか、ドックの中のFinderをクリックします。

りんごマークの横がFinderになったら、

その並びにあるメニューバーの中の移動をクリックします。

移動を押したら、移動を押しながら、キーボードoptionキーを押し続けます。

そうすると、移動の中にライブラリという隠しフォルダが表示されます。

これは、optionキーを押す前、

optionキーを押すと、ライブラリというのが、出てくるので、

ライブラリを開きます。

ライブラリの中のcachesを選択します。

ここにある物を全部ゴミ箱に入れます。

cachesを選択した状態で、キーボードのcommand+Aを押すと全選択出来ます。

そのまま、ゴミ箱へポイしましょう。

ハードディスクの中のシステムのキャッシュを削除

ハードディズクをクリックします。

もし、ハードディスクがデスクトップに出ていない場合は、

左上のりんごのマークの横のFinderをクリックします。

Finderの中の環境設定をクリックします。

Finderの環境設定の中の一般をクリック、

デスクトップに表示する項目の中のハードディスクにチェックを入れます。

そうすると、デスクトップにハードディスクが出てきます。

ハードディスクをクリックします。

システム>ライブラリ>cachesと進んでいきます。

このcachesの中を先ほどと同じ様に選択します。

キーボードのcommand+Aでcachesの中を全選択して、ゴミ箱にポイします。

ハードディスクの中のライブラリのキャッシュ

デスクトップ上にあるハードディスクを開きます。

ライブラリ>cachesと進みます。

cachesでcommand+Aで全選択します。

選択した物をゴミ箱に捨てましょう。

操作に慣れて来たと思います。

簡単ですね。

以上の作業が終了したら、ゴミ箱を空にしましょう。

そして、次で最後です。

フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュ削除

それでは、最後のキャッシュの削除になります。

今から行う作業はセーフブートになります。

セーフブートで、Macを立ち上げる事によって、フォントキャッシュ、

カーネルキャッシュ、その他のシステムのキャッシュが削除されます。

セーフブートでの立ち上げは簡単です。

Macの電源を入れる、もしくは再起動するとすぐに、

キーボードのshift キーを押し続けます。

Macのログイン画面が出てくるまで、shiftを続けます。

ログイン画面が出て来たら、shiftキーを放します。

通常のMacの立ち上げよりも、時間がかかる場合があります。

また、セーフブートで立ち上げて、ログインすると、画面が乱れる事がありますが、

故障ではありません。

セーフブートで立ち上げが終わったら、終了です。

この作業で、

フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、

その他のシステムのキャッシュが削除されます

以上がMacのキャッシュの削除の方法になます。

今回紹介した方法の中には、

Safariのキャッシュの削除は含まれていません。

飽くまでも、Macの中のキャッシュの削除の方法となります。

キャッシュの削除に、

何か専用のアプリの様な物は必要ありません。

Mac単体で出来ますので、簡単です。

Macは出来るだけ純正のアプリのみを使用しましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

おすすめ記事:Apple IDを削除したい、その方法とは?Apple IDの全てが分かる

おすすめ記事:ルーターを再起動する、そのやり方、効果や時間はどの位?

おすすめ記事:MacとWindowsの違いは?初心者でも簡単!iPhoneあるならMacやで

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事&スポンサーリンク