歴代柔道最強ランキング、日本人柔道家最強は誰だ!

柔道最強の選手は誰だ!

日本柔道史上で最も強かった柔道選手は誰だったのか?

 

やはり、私の年代であれば、

山下泰裕さんが一番に頭に浮かびます。

それ以外なら、

木村政彦

古賀稔彦

井上康生

篠原信一

斉藤仁

鈴木桂治

吉田秀彦

などが浮かびます。

で、今回は特に最も最強に近いのでは?

と私が思う柔道家を紹介したいと思います。

 

という事で、今日は日本の歴史の中でも、

特に柔道が強かった人は誰なのかについてお伝えします。

 

今日紹介する選手は、まさしく最強候補にふさわしい、

選手達です。

 

しかし、活躍した時代は違うので、

誰が最強かを決めるのは、とても困難です。

 

という事で、

前半では最強柔道家候補を紹介し、

後半では柔道にまつわるランキングを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

日本人歴代最強柔道家は誰だ!

日本の古来からの武術である柔術から進化した柔道。

今や世界に広がり、柔道人口は増え続けています。

 

そんな人気スポーツ柔道の歴史が始まった国日本で、

一番強かった柔道家は誰なのか?

 

という事で、この人は強いと言われている人を紹介しましょう。

(スポンサーリンク)




木村政彦(きむらまさひこ)

生年月日:1917年9月10日

身長170㎝

体重84kg

講道館柔道七段

「鬼の木村」

全日本選手権13年連続保持。

天覧試合優勝も含め、15年間不敗のまま引退した男。

「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」という言葉は、

余りにも有名。

恐るべき練習量と、試合に負ければ腹を切ると、

切腹の練習までして試合に臨む集中力で、

当時無敵の強さを誇った柔道家。

 

投げ技、寝技ともスペシャリストで、

特に大外刈りは強烈で、

練習で失神者が続出する為に禁じ手となり、

寝技の腕緘(うでがらみ)も、

脱臼する人がたくさん出たので、禁じ手となりました。

 

相撲の雷電為右衛門の様な人。

 

ブラジルに渡り、

グレイシー柔術の創始者エリオグレイシーと戦い、

腕を骨折させて勝利。

 

柔道引退後、力道山とのプロレスの試合で、

力道山のブック破りにより、ノックアウトされてしまう。

 

この試合結果により評価が著しく落ちたが、

間違いなく山下と並んで柔道史上最強候補の1人と言われている。

岡野功(おかのいさお)

生年月日:1944年1月20日

身長171cm

体重80kg

1964年東京オリンピック中量級金メダル

1965年世界柔道選手権80キロ級金メダル

1967年、69年全日本柔道選手権優勝

全日本史上最軽量の選手でありながらも2度も制している。

 

後に古賀稔彦が平成の三四郎と呼ばれるが、

三四郎と呼ばれたのは、この人が元祖。

 

その後80キロ台の古賀稔彦、吉田秀彦が全日本選手権で、

決勝まで進んだが、いずれも小川直也、金野潤に敗れ、

優勝する事はできなかった。

 

引退後もたくさんの優秀な選手を育てあげ、

指導者としても評価されている。

 

ミュンヘン五輪無差別級金メダルのウィレム・ルスカや、

東京オリンピック無差別級金メダルのアントン・ヘーシンクも、

岡野の道場で練習している。

山下泰裕(やましたやすひろ)

生年月日:1957年6月1日 (61歳)

身長180cm 体重128kg

1984年ロサンゼルスオリンピック金メダル

全日本柔道選手権9連覇

4度の世界選手権優勝。

外国人選手との対戦成績生涯無敗。

公式戦203連勝、国民栄誉賞受賞。

まさに生ける伝説と言っても過言ではない成績です。

 

オリンピックの金メダルは一度のみだが、

実は1980年のモスクワオリンピックも、

金メダルを確実視されていたが、

日本がオリンピックをボイコットした為に、
出場する事ができなかった。

 

子供の頃から「天才」とか、

「木村政彦の生まれ変わり」などとマスコミから言われていた。

最強柔道家の最右翼。

試合の勝率は9割7分2厘

斉藤仁(さいとうひとし)

生年月日:1961年1月2日

身長180 cm

体重143 kg

1984年ロサンゼルスオリンピック金メダル

1988年ソウルオリンピック金メダル

1983年世界選手権金メダル

1988年全日本柔道選手権優勝

山下泰裕と戦い一度も勝つことが出来なかった為、

山下の影に隠れる存在であったが、

最後に戦った山下との試合は、判定で山下が勝利したが、

斎藤が勝っていたと、疑惑の判定と見る人もいる。

 

また、山下泰裕自身も「斎藤は私を超えた」と語っている事から、

斎藤も天才柔道家である事は間違いがない。

 

ロサンゼルスでは圧倒的な強さで金メダル、

しかし、続くソウルでは、

右膝を故障した状態で試合に臨んだ。

 

斎藤が登場するまで、

日本の金メダルは0の状態で、

大きなプレッシャーがかかったが、

見事プレッシャーに打ち勝ち、

金メダルを勝ち取った。

 

指導者としても多くの選手を育て、

鈴木桂治、石井慧などを金メダルに導いた。

両選手からは「鬼」と呼ばれる。

小川直也(おがわなおや)

生年月日:1968年3月31日

身長191 cm

体重115 kg

1992年バルセロナオリンピック銀メダル

世界選手権4度優勝

全日本柔道選手権7度の優勝(内5連覇)

 

オリンピックの金メダルが無いので、

最強のイメージは余り無いが、

公式戦の成績は山下泰裕に次ぐ成績を納めている。

 

また、この次に登場する篠原信一にも、

2勝1敗と勝ち越している。

柔道を引退してからはプロレスラー、

格闘家としても活躍する。

 

一流の格闘家と対戦しても、

一歩も引かない試合を見せた。

 

古賀稔彦との伝説の試合

JUDO 1990 All Japan: Naoya Ogawa 小川 直也 (JPN) – Toshihiko Koga 古賀 稔彦 (JPN)

篠原信一(しのはらしんいち)

生年月日:1973年1月23日

身長190cm

体重135kg

2000年シドニーオリンピック銀メダル

2度の世界選手権優勝

3度の全日本選手権優勝

シドニー五輪の決勝戦、

フランスのダビド・ドゥイエとの一戦は、
世紀の大誤審と言われ余りにも有名。

またアジア選手権では右膝を負傷しながらも優勝。

出典:goo.gl/UysaS5

決勝戦を前にして、膝を痛めた篠原。

 

会場から斉藤仁におんぶされて退場するが、

斎藤は控え室に戻ると「あー、重い、早く降りろ」と、

カメラがいなくなっったら篠原を振り落とした(笑)

 

決勝は棄権するという篠原に、「アホな事言うな」

と痛み止めを打って強行出場させた。

結果、篠原は見事優勝した。

石井慧(いしいさとし)

生年月日:1986年12月19日 (31歳)

身長181cm

体重110kg

2008年北京オリンピック金メダル

1965年世界選手権優勝

2度の全日本選手権優勝

全日本選手権では、

山下泰裕の最年少記録19歳10か月を抜き、

19歳4か月で優勝した。

練習の虫で知られる。

オーバーワークとも言える練習量をこなす為に、

周りが練習を止めていた。

 

本人は泣いて練習させてくれと言う程だった。

ウェイトトレーニングも例外ではなく量をこなし、

ベンチプレスは200キロを挙げるまでになった。

 

石井自身はその練習量に対して、

「オーバーワークは一流選手が使う言葉、

自分はそこまで達してない、

量が質を凌駕する事もある」と語った。

出典:goo.gl/k6ihqE

 

「柔道はルールの有る喧嘩だ」と徹底的に勝にこだわった。

得意技は大内刈りで、全日本選手権の決勝で、

鈴木桂治を2度破ったのも大内刈り。

全日本柔道選手権ランキング

出典:goo.gl/BHrcf5

全日本選手権は毎年行われる無差別で、

柔道日本一を決める大会です。

 

※今回一番最初に紹介した木村政彦は、この大会が始まる前の、

日本柔道選士権大会に出場していたので、

こちらには名前が出ていません。

優勝回数

1位 山下泰裕 9回

2位 小川直也 7回

3位 鈴木桂治 4回

連続優勝

1位 山下泰裕 9連覇

2位 小川直也 5連覇

3位 井上康生 3連覇

3位 篠原信一 3連覇

 

格闘技の記事まとめページ

格闘技の記事まとめページ/記事一覧
総合格闘技、柔道、ボクシング、空手など格闘技のジャンルに入る記事のまとめページです。 伝説の格闘家のエピソードや、歴代のチャンピオンを紹介します。

(スポンサーリンク)




おすすめ記事

歴代最強横綱ランキング、大相撲最強力士は誰だ!

女子テニス日本人歴代世界ランキング順位、四大大会で活躍したのは誰?

最強ゴルファーランキング、歴代世界最強ゴルファーは誰だ!

最強ボクサー !ヘビー級歴代最強ボクシング選手は誰だ!

歴代最強日本人ボクサーランキング、日本人最強は誰だ?

花形敬、力道山もビビって逃げたステゴロ最強の男とは?