山口智子のあの事件を振り返る、犯人は捕まったのか?

2019年11月23日

山口智子と言えば、

1996年に放送された木村拓哉と共演したドラマ

「ロングバケーション」がヒットしましたが、

私はこの山口智子と聞いて思い出すのはあの事件の事です。

 

山口智子が住むマンションに男が押し入った事件の事です。

 

この事件、今さらだが調べてみると、めっちゃ怖いです。

 

結論的には、たまたま同じ部屋にいた、唐沢寿明が追っ払ったので、

山口智子は無事でしたが、もし彼がいなければと思うと、

ゾッとします。

犯人は捕まったのか?という事で調べたのですが、

犯人については一切情報がない。

 

おそらく捕まってないと思います。

その事についても、事件の概要や通報のタミングなども紹介しまので、

見ていきましょう。

スポンサーリンク

山口智子が遭遇した事件の概要

1992年の事

家にいた山口智子。

 

チャイムが鳴りインターホンに出てみると、

「○×プロダクションからお届け物です」との事、

ドアを開けたところ、宅急便ではなく二人組の暴漢だったのです。

 

この内容から分かるのは、何とかプロダクションと言っている事から、

たまたま山口智子の家に強盗に入ろうとしたのではなく、

明らかに、山口智子と分かって押し入ろうとしている事が分かります。

しかも、男が2人。

 

まさに絶体絶命です。

 

男二人組なのだから、力でねじ伏せられたら終わりです。

 

しかし、この時部屋の中に当時山口智子と交際していた、

唐沢寿明がいたのです。

2015y02m14d_231028742

 

何でこんな写真やねん!とツッコミたくなる気持ちを抑えて、

 

悲鳴を上げる山口智子に異変を感じた唐沢寿明は、

部屋から出て来た。

 

まさか、中に人がいるとは、

犯人も思っていなかったと思われます。

 

 

当時唐沢寿明と山口智子が交際している事は、

誰も知らなかったからです。

 

唐沢寿明が部屋から出て来た事により、

犯人にスキが出来たのは間違いありません。

 

この時犯人は刃物などの武器は携帯していなかったようです。

 

唐沢寿明は犯人と乱闘になり、蹴りなどを入れて、

犯人を追い払ったんだそうです。

 

この時犯人は、ガムテープ、カメラ、手錠などを持っていた。

犯人の目的は、山口智子を声を出さない様にガムテープで口をふさぎ、

ロープで縛り上げる。

 

ロープで縛り上げたあとは、裸にして写真を撮影しようとしたのか?

何かエロイ事を考えていたのではないかと私は考えます。

アホすぎます。

でも、怖い!

賞賛される唐沢寿明の戦闘能力

まず、唐沢寿明の勇気を褒め称えるべきではないでしょうか?

いかに愛する人を守る為とはいえ、

相手は二人組であり、刃物などの武器などを、

携帯している可能性もゼロではない。

 

そういった危険性が伴うにもかかわらず、犯人に立ち向かっていった、

唐沢寿明の行動はとても立派な行動なのです。

 

これが、ヘタレな男だった場合部屋の中に押し入られ、

更に悲惨な結果になった事でしょう。

何故2対1で勝てたのか?

これは、マンションの玄関スペースの広さが幸いした事が推測されます。

 

広いスペースであれば、2人に一斉にかかって来られる。

 

しかし、マンションの玄関スペースなので、

1人ずつ相手をする事になります。

 

人数は相手の方が多いのですが、

1対1の展開になる為、あまり力の差が出ないという、

宮本武蔵が多人数を相手にする時の戦略と同じです。

 

また、玄関先で押し問答を長時間行っていれば、

当然同じマンションに住む人が、

現れて、顔を見られる可能性もある為、

犯人は長期戦を避けて、諦めて逃げた事が推測できます。

犯人は逮捕されたのか?

調べてみたのですが、

犯人が捕まったかどうかの記述はありませんでした。

 

この事件の被害届を出したのが、

この事件が起きてから10日後だったといいいます。

 

その場で警察に通報していなかった様です。

 

やはり、当時唐沢寿明と山口智子の交際は隠されていた為、

警察に届けるのを躊躇(ちゅうちょ)したのかもしれません。

 

しかし、また犯人達が襲ってこないとも限らないので、

被害届を出した様です。

この事件についてテレビで喋った

 

相手がさんまさんなんで、

楽しそうに喋ってますがかなり怖かったんじゃないでしょうか。

 

 

山口智子と唐沢寿明のその後

その後は皆さんご存知のとおり、二人は結婚しました。

現在2人に子供はいません。

出来なかったみたいですね。

 

二人とも50代!!

若過ぎです。

 

この二人とても50代には見えませんね。

 

何故子供が出来ないのか

何故二人の間には子供が出来なかったのだろうか?

それは、

 

出来なかったからだ。

 

これは、どちらに問題があるのかは分かりませんが、

たまたま授からなかった様ですね。

 

ただ、山口智子は雑誌のインタビューで、

親というものになりたくないと思って育った。

 

子供ではなく、血が繫がっていなくても、

伴侶が欲しかったと語っている。

 

これは、山口智子の育った家庭環境が、

複雑だったという事に関係している様です。

 

というのも、山口智子の両親は小学校1年生の時に離婚しています。

それから母親とは絶縁状態になっているそうです。

 

そして、20歳の頃には、祖母と暮らす様になり、

祖母の養子として育てられたとの事です。

 

なので、血の繋がりという物を一切信用していないんだそうです。

 

子供は欲しくなかった。

パートナー、信頼が出来る伴侶と共に、

暮らしたいという気持ちがあった様ですね。

 

結婚して子供が欲しいのに、子供が出来なくて、

悩んでいる人って結構多いのですが、

子供が出来なくて、何となく後ろめたく思っていた、

女性の心を軽くしたと、

一部の女性はこの山口の発言に強く共感を覚えた様です。

 

長い期間夫婦として、同じ空間にいて、

お互いをサポートし合うという、

信頼関係が出来上がった強い絆で結びついた夫婦、

山口智子と唐沢寿明はそんな感じなのではないでしょうか。

 

その逆に今離婚する夫婦が増えているのも事実です。

子供が出来ないという事だけではないのですが、

何故これほど離婚が増えているのでしょうか。

何故長年一緒にいる異性にときめかなくなるのか?

こんな話を聞いた事がないでしょうか?

 

恋愛には賞味期限があると。

 

恋の寿命は3年、或は、4年と言われているんです。

 

人類学者のヘレンフィッシャーの研究によると、

男女の恋愛における寿命は4年である。

2015y10m10d_212623238

画像:http://lorettaloretta.

sakura.ne.jp/wp-content/

uploads/blog_import_532

a6140347d0.jpg

 

これは、人間が相手に対して、恋愛時に分泌されるホルモンが、

年々減少していき、相手にときめいたりする事が無くなっていそうで、

 

人間の身体の構造上仕方のない事と説明されています。

 

男の立場から考えてみると、

実は男が女を選ぶ一番の基準は、

この女を自分のモノにしたいか、したくないか?です。

 

性格、気が合うか?などは二の次です。

 

 

しかもその賞味期限は3年から4年というのだから・・

 

どんな美女と結婚しても、毎日顔を合わせていれば、

4年で飽きるという事ですかね。

 

世界的に見ても、4年で離婚する夫婦が一番多いそうです。

 

当然男目線からだけでなく、女から見ても男として、

見れなくなるのだから、子供なんて絶望的ですね。

 

この説が確かなら、もう唐沢寿明と山口智子は結婚してから、

4年以上たっているから、男と女の感情はないと推測できます。

 

ただ一点違っているのは、この夫婦が一般人の夫婦と違うという事だ。

お互いをリスペクトしあっている。

 

夫婦としては、とても仲が良く、今でもラブラブなんだとか書かれているし、

唐沢寿明のスキャンダルなんか見た事ないので、

唐沢寿明ってつくづく凄い男だな~と思ってしまいます。

山口智子の昔のドラマ

山口智子は昔、ドラマによく出ていましたね。

久しぶりに印象に残るドラマを思い出してみましょう。

純ちゃんの応援歌

出典:goo.gl/g4KwW4

このドラマが山口智子のデビュー作となります。

NHKの連続テレビ小説です。

なんと、このドラマで、旦那さんになる唐沢寿明と共演しています。

山口智子は主役の小野純子役、

この物語は1人の少女が旅館の女将になるまで描いたドラマで、

最高視聴率は44%です。

もう誰も愛さない

出典:goo.gl/BVLaQx

ジェットコースタームービーと呼ばれたドラマ、展開が早く、一話見逃すと、

わけがわからなくなります(笑)このドラマには、

吉田栄作、田中美奈子など一時代を築いた、

そうそうたるメンバーが出演しています。

 

このドラマで山口智子は、レイプされたり、

逮捕されたり、一時的に失明したりと、大忙しの役柄でした。

ロングバケーション

出典:goo.gl/e2unCA

「ロンバケ」と呼ばれたこのドラマ、

人気者の木村拓哉との共演が大変話題になりました。

フジテレビの月9枠が視聴率を取れていた、黄金時代の作品の1つ。

 

初回の放送から、視聴率は30.6%を記録した。

瞬間最高視聴率は43.8%(笑)

凄すぎますね。

 

ドラマで社会現象を起こしたと言っても過言ではありません。

伝説のドラマですね。

 

山口智子、木村拓哉以外にも、松たか子や、

竹野内豊といった人気者も出演していました。

 

最後に

という事で、最後はちょっと懐かしい、

昔のドラマで締めくくってみました。

今とは違って、視聴率が凄いですね。テレビの時代でした。

では、また!

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:黒革の手帖 歴代主演女優やキャスト(ネタバレ)原作のラストも紹介

関連記事:高岡早紀の男性遍歴、何故モテる?生い立ち、結婚相手、出産、子供何人?

 

スポンサーリンク