鎌倉の観光、穴場スポットを紹介、子供家族連れでも、おすすめです!

2018年10月2日

こんにちは!

今日は鎌倉の観光地、穴場スポットなどを紹介します。

子供連れ、家族連れにおすすめです。

 

敢えて鎌倉のんびり散歩

2015y08m18d_224535437

一日時間があれば、世代を超えて楽しむことができるのが鎌倉です。

 

寺社巡りだけではなく、散歩できる範囲におしゃれなお店やおいしいお店、

昔懐かしい風景 を一度に体験できるのが鎌倉散歩。そこから家族の会話も生まれます。

 

鎌倉に紅葉が訪れるのは遅く、だいたい11月下旬から12月上旬ごろが見頃です。

 

 

敢え て鎌倉駅ではなく、「北鎌倉」で降りてみるのはいかがでしょう。

 

鶴岡八幡宮に向かう下りの坂道にも見どころはいっぱいです。

 

まずは「円覚寺」山門をくぐって左手に見える茅葺き屋根は「選仏場」。

 

 

さらに奥にあるの「妙香池」あたりの紅葉には目を奪われます。

 

背筋が伸びるような風景を堪能したら次は「建長寺」。

 

 

とても広い境内ですがそれだけに発見も多い筈です。

 

さらに下って「鶴岡八幡宮」さんをお参りしたら、

そこで一休み。ここまでは緩やかな下り坂ですから、

お年寄りもお子さんもそうそう疲れることはないでしょう。

 

秋口でしたらここで甘酒を一杯というのもよさそうです。

 

鶴岡さんを出ますと、海まで一直線の 参道がありますが、

ここは敢えて、それに並行する小町通りへ。

 

ここはソーセージの専門店やいなり寿司のおいしい店などがたくさんあるほか、

鎌倉土産も豊富 です。

 

お子様がいらっしゃれば昔ながらの玩具やさん

 

スポンサーリンク

「ちょっぺー」には是非寄ってください。

2015y08m18d_224819433

 

 

普通のおもちゃもありますが実はここ、

オリジナル商品が豊富なのです。

 

懐かしい旧横須賀線や江ノ電のプラレール。

 

女の子には静御前をモチーフにしたリカちゃんなど。

 

親子で夢中になれそうな逸品が売られています。

 

小町 通りはあまりにもスポットが多いので、ここだけで時間を使わないようにご注意を。

 

小町通りから鎌倉駅前に抜けたら、今度は駅の下をくぐるトンネルを通っ て、

「御成り通り」側へ。ここにはまたもや昔ながらの「黒沢紙店」へ。

 

紙の専門店なのですが、店先には昔駄菓子屋さんで売っていたようなスライムやリリア ン、

巻玉式の火薬鉄砲(銀玉鉄砲)があります。おじいちゃんは「昔これで遊んだんだよ」なんて会話も生まれそうです。

 

ここから江ノ電に乗って散歩を続ける のも楽しいのですが、そこはぐっとこらえて「六地蔵商店街」へ。

 

長谷へ続く商店街は小町通りのようににぎやかではありませんが、

ここも「甲冑&刀剣」の店 や「鎌倉彫」の店、「昔ながらの牛乳屋」さんや「コロッケ屋」さん「わらびもち屋」さんなど、

 

足を止めたくなる風景が続いています。

 

六地蔵さんにご挨拶し て散歩を続けましょう。

 

オリジナルのアクセサリーやキーホルダーに、

好きなメッセージや名前を彫ってくれる「ギルド」には昔修学旅行で訪れたかたもいらっしゃるかも。

 

世界にひとつだけのお土産ができます。長谷寺前の交差点を右に曲がれば大仏様への道。

 

紫いものソフトクリームなど食べ歩きも楽しめますが。

 

人 通りが多いので少々ご注意を。鎌倉大仏(高徳院に着いたら大仏様にごあいさつ。

 

背後には可愛らしいお地蔵さんもいます。腰かけるスペースもありますか ら、ここで休憩。

 

鎌倉に来たなあという実感が持てます。

 

 

もし疲れたら長谷の駅から江ノ電で鎌倉駅にも戻れますが、

まだ遊び足りないようなら長谷駅を超えて 由比ヶ浜へ。

 

そのころには夕焼けや薄暮の空が水平線を彩っているはずです。

 

家族で見る鎌倉の海は、一生の想い出になることでしょう。

海沿いにあるいて滑川 交差点までいけば、また鶴岡八幡宮の参道に戻れます。

最近できた「カレーつけ麺」の店もおすすめですが、もうお腹がいっぱいかもしれませんね。

スポンサーリンク