木下ほうかの昔の新喜劇や映画の話や身長や本名について解説

木下ほうかの昔の新喜劇や映画の話、身長や本名について

 

最近テレビで、木下ほうかを見る事が多くなってきた。

バラエティー番組「痛快テレビスカッとジャパン」にも嫌味な事を言って部下をイジメる、

課長の役がウケている様だ。

 

また、この木下ほうか演じる課長の口癖「はい論破」も話題になっている。

 

それ以外にも、ドラマ「昼顔」の吉瀬美智子の旦那役では、

不気味なオッサンの役を演じて、印象深い演技を見せていました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

木下ほうかと言えばこの映画

今ではすっかり、名脇役というポジションを確立したと言ってもいいのではないでしょうか?

私が、木下ほうかを認識したのが、この映画です。

2015y03m05d_233234060

2015y03m05d_234016299

「岸和田少年愚連隊」では、ナイナイと敵対する不良グループのリーダーサダを、

ノリノリで演じています。

因みに予告です。

映画「岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS」予告編

 

ちょっと、映画の事を思い出してみると。

 

最初の方、木下ほうか演じるサダと、ナイナイ演じる、チュンバ(矢部)と、

小鉄(岡村)は何度も戦います。

2015y03m06d_123122418

チュンバ達を捕まえて、固定して石を投げたり、

蹴りを入れたりしてリンチするシーンは、

とても記憶に残っている名シーンです。

 

この後、鑑別所に入っていた、

サイ(宮迫博之)も捕まって、

ボコボコにされたのを覚えている人も多いと思います。

 

この戦いにより、この街の頂点に立ったと思っていたサダだったのだが、

学校に乗り込んできた、チュンバ達にやられて、

トイレでボコボコにされて負けてしまいます。

 

覚えている人いるかな。

 

昭和の時代、

この時の木下ほうかは、

こんな不良いたよね!って感じの風貌と演技がとても良かったですね。

 

やはり大阪出身の役者なので、大阪弁に違和感がなく、とても板についていました。

ブラマヨの吉田ですね。

出典:goo.gl/pqGyLW

ブラマヨの吉田は顔を見ているだけで、笑いそうになります。

めちゃくちゃ若いですね。

吉田の笑顔がジワジワきますね。

「岸和田少年愚連隊」は、1996年に上映された映画で、監督は井筒和幸、

ナイナイが主役を演じ、雨上がり決死隊の宮迫博之や、FUJIWARAの二人、

野生爆弾、宮川大輔などが出演している。

 

その他、小林稔侍が岸和田最強の暴れん坊のカオルちゃんを演じています。

 

この岸和田少年愚連隊のスピンオフ作品はいくつも映画化されていて、

このカオルちゃんを主役にした映画も撮られています。

 

その作品は竹内力がカオルちゃんを演じていますが、

この小林稔侍のカオルちゃんが一番良かったと思うのは、

私だけではないはずだ。

 

この映画の木下ほうかの演技がもの凄く良かったので、

彼の顔を一発で覚えてしまった。

 

またこの映画は何回見ても面白くて、

 

私の大好きな映画の1つです。

 

ハードなケンカのシーンが多いのですが、

テンポの良い、笑いを入れた会話が入るので、

暴力シーンでもそれ程嫌な感じがしません。

木下ほうかは新喜劇出身

元々この木下ほうかは、吉本で芸人をやっていた。

新喜劇とかに出ていた様です。

見た事ないけど。

 

その後、吉本を辞めて役者になったという、

余り今までにいないタイプの役者さんなのです。

吉本に在籍していた期間は3年間。

 

新喜劇の低迷もあり、そのタイミングで辞めて役者になった。

しかし、吉本に入る前えから役者デビューしている。

ガキ帝国で映画デビュー

新喜劇の舞台に立つ前の16歳の時に映画ガキ帝国のオーディションに合格して、

出演しています。

出典:goo.gl/u3SLdR

ガキ帝国は島田紳助主演の映画で、監督は岸和田愚連隊と同じ、

井筒和幸で1981年の作品。

大阪の若いチンピラ達の話です。

演技力があり過ぎて独身

木下ほうかはまだ独身です。

これはやはり、あの役柄のイメージが原因だと思います。

 

意地悪な変な人の役ばかりやっているので、

演技が上手すぎるんですね(笑)

そんな演技を真に受ける人いないでしょ?

 

と思ってしまうのですが、実際にあるみたいで、

あんな演技が出来るのは本当に嫌な奴だから出来るんだと、

中傷を受けた事があるそうです。

 

可哀想過ぎますね(涙)

本人も役柄のせいか女性が寄ってこないとこぼしています。

木下ほうかの本名と身長

木下ほうかの本名は木下 鳳華(きのしたほうか)で、

下の名前をひらがなにしている。

鳳華は読めないですよね。

 

名前の由来は分かりません。

身長は173㎝。

ウッちゃんよりちょっと大きい位ですね。

因みに内村光良は169㎝。

空手とキックボクシングが特技

木下ほうかは空手初段の腕前です。

また、キックボクシングもやっていました。

 

大学時代にやっていた様です。

 

空手の方は、大阪芸術大学の正道会館の空手部主将だった人で、

現在でもプライベートで正道会館の大会の観戦に訪れています。

 

正道会館とは大阪に本部がある空手道場で、

以前ブームになったK-1を主催していた団体です。

骨髄ドナーの秘話をテレビで告白


木下ほうかと言えば、骨髄バンクのCMです。

骨髄バンクは自分の骨髄をドナー登録しておき、

自分の骨髄に合った白血病の患者が現れた時に、

提供するというものです。

 

木下ほうかは骨髄バンクに登録していた。

テレビに出る様になってから、ドナーに選ばれたと連絡が来た。

骨髄の提供は全身麻酔を行い、一リットルもの骨髄を抜かれる。

提供する人もリスクがある。

 

事務所や家族に相談した時、周りは反対した。

 

本人も断ろうかと思っていたが、急性骨髄性白血病で亡くなった、

本田美奈子さんのニュースが飛び込んできた。

 

本田さんは骨髄ドナーが現れず、38歳の若さで亡くなった。

その事を知り、もし自分が断ったら、その人は死ぬと思い、

骨髄提供を決意した。

 

提供を受けた患者さんと、その妻からの感謝の手紙を読んで、

木下ほうかは泣いた。

もっとワイルドでやんちゃな役が見たい

岸和田愚連隊以降、映画やドラマなどで顔を見る事が、

ちょこちょこあったのですが、

それ程重要な役どころが無い為、テレビでは見かけるけど、

地味な感じの役が多いなぁと、ちょっと不満を抱いていました。

 

もっと木下ほうかは、やんちゃな役をやって欲しいと

テレビで見かける度に思っていました。

 

また、岸和田少年愚連隊が見たくなったので、久しぶりに見てみようと思います。

それでは、また!

岸和田少年愚連隊を見る

映画「岸和田少年愚連隊」はU-NEXTの無料トライアルを利用すれば、

今すぐ見る事が出来ます。

支払い情報の登録は必要ですが無料期間中で解約も可能なので、

気楽に見れます。

下のリンクから登録可能です。

 

U-NEXT無料お試しページ

 

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:ガキ帝国、ネタバレ、あらすじ、感想、キャストなど、見どころはここだ!

関連記事:ウッチャンナンチャンのウリナリの思い出、事故があったのは、やるならやらねばだ

関連記事:ムツゴロウ王国の現在はどうなってるの?スタッフはまだ働いているのだろうか?

関連記事:突然ガバチョ!の放送事故、生首動画、生首画像は存在するの?