正月の雑煮の由来、おせち料理と共に必ずお正月に食べる大好きな雑煮!

2018年10月20日

お正月に必ずと言っていい程食べるのが、おせち料理とお雑煮です。

この雑煮はいつから食べられて、何か由来となる事があるのだろうか?

と思い気になったので、調べてみた、私は餅(もち)が大好きで、餅ならなんでも好きなのだが、特に雑煮が大好きなのだ。

なので毎年必ず正月に雑煮を食べるのだが、その由来を今日はお届けします。

今日は雑煮の由来というテーマで、歴史に詳しい方にインタビューを行ったのでそれをお伝えします。

今日は3人の方にそれぞれの雑煮論を語っていただきましたので、紹介します。

 

スポンサーリンク

お正月に雑煮の由来

雑煮マニアYさん

神様の言い伝えが始まり

お雑煮は、日本で古くから親しまれている料理です。

その歴史は古く室町時代の武士達も食べていたと言われています。

 

そもそも、お雑煮とは、お餅とその地の名産の野菜などを、

一緒に入れたお吸い物の様な料理です。

 

何故日本で、お雑煮を年初めに食べるかというと、

それは日本の神様の言い伝えに理由があります。

 

日本では新年の始めに神様がやってくると言われています。

 

お正月に飾る鏡餅は、新年に新しくやってくる神様に対してのお供え物です。

始まりは平安時代

そして、神様にお供えした鏡餅を食べることで、神様からの加護を得ることがで き、

1年間無病息災で生活できると言われています。

また、お雑煮が食べられ始めたのは平安時代からと言われています。

 

その頃は、お餅は特別な食べ物でした。

特別な食べ物を神様にお供えした神聖な野菜、新年 始めて汲んだ水、

新年始めて起こした火を等、新年の為に用意した数々の品を使って作る元旦に食べる料理がお雑煮の始まりと言われています。

 

お雑煮はもともとは、煮雑ぜ(にまぜ)と言われていて、

初めは今のような鮮やかな観た目とは違い、

字の通りの混ぜて煮る料理だったようです。

 

そして、お餅は奈良時代には食べられていたと言われています。



土地によって雑煮は違う

お餅の始まりは大分県と言われています。

その当時は余ったお米を持ち寄って大きなお餅を作っていたそうです。

当時は白い物は、縁起がよいとされていて、

当時からお餅は神聖な物とされていたと言われています。

また、お雑煮に使われる具材は地方によって様々な物を使用します。

海沿いの地域では、魚や魚の加工品を入れたり、

山沿いの地域でさ野菜を多く入れる傾向にあります。

大まかな所でいくと、長崎県ではお雑煮は元旦だけでなく常食される料理になっています。

宮崎県では山の幸、猪肉を入れることもあるそうです。

 

香川県では餡 餅ちと白味噌を使用して甘いお雑煮にされていたりします。

広島県ではお餅を煮て入れて、広島県の名産牡蠣をお雑煮に入れるらしいです。

この様に、地域に よって様々なお雑煮があるようです。

 

外国から多くの新しい食材が簡単に手に入るようになったことで、

これからも新しいお雑煮がでてくるのではないかと思いま す。

各地の雑煮に詳しいMさん

最初は色々な食材を入れていた

お正月を迎えるたびにいつも食べるのが当然のように思っているお雑煮ですが、

このお雑煮の由来って、考えたことがありますか?

お雑煮は、年神様にお供えをしたお餅など、その年に収穫された食材を煮て食べたことが始まりといわれているのですが、その文字が示す通り、色んな食材を一緒に煮たわけですが、

江戸時代以降になると、現在のようにお餅を主材料としていたようです。

 

又、元日から三日にかけて祝い膳として雑煮を添えるのですが、

これは、一説によると、食いあげるといって、

一個ずつ、お餅の量を増加していくと縁起が良いとされていたようですから、

現在のように、好きなだけお餅を食べるという慣習はなかったということです。

関東と関西の違い

ところで、このお雑煮も地方によって、丸餅と角餅という風に異なっているのですが、

関東地方は、のし餅を四角にカットした、いわゆる切り餅で、

三日ともに、すまし汁に焼いたお餅を入れ、ほかの具財は、

鶏肉とみず菜という組み合わせが主体となっています。

出典:goo.gl/KMocpR

それでは、関西は、どうでしょう・・・お餅の形も、すべてが丸く円満にという思いを込めて、三日ともに、丸餅を湯がいて、白みそ仕立てが主流で、具財も、 輪の意を強調した大根、

出典:goo.gl/Yei15m

人のトップになるようにという縁起を担いでの親芋、

末の世まで名を残すようにという出世を願ってのみず菜など、

関東よりも、具だく さんのようです。

 

ちなみに、出世と祝い事を意味するエビなども含まれているご家庭が多いようです。

ただ、家によっては、三日ともに、白みそ仕立てという風習を排除し、

二日目だけは、すまし汁にする家庭も増加してきたように聞いています。

そのほかの地方で、特に個性的なお餅を利用してお雑煮を作っている四国地方の一部もあって、通常は考えにくい餡入りのお餅で、四国地方では、餡餅という呼び名で、

お雑煮を作ることを習慣としていて、これは、

小豆のようにこまめに働くようにという思いからスタートしたようです。

このように、お雑煮も年々変化を遂げているわけで、

ここ数年は、洋風のお雑煮や中華風も登場しだし、子供たちに人気となっています。

各家々によって、家族の希望を取り入れたお雑煮にも賛同ですが、できる事なら、

これから成長過程のど真ん中にある子供たちに、日本古来のお雑煮も食べて、

いつまでもすたれる事のないお雑煮の特徴が受け継がれると最高ですね。

 

料理名人Zさん

武家から一般庶民にという説も

「雑煮」という言葉が初めて書物に登場したのは室町時代といわれていますが、

由来については様々な説があるようです。

 

餅を野菜などと一緒に煮込んだ野戦料理の「烹雑」が、

武家社会から一般庶民に普及したという説があります。

江戸時代、尾張藩などの武家は、

餅菜(正月菜)という現在の小松菜に似た菜と餅のみの雑煮でした。

菜と餅を一緒に取り上げて食べることで、

「名(=菜)を持ち(=餅)上げる」という縁起担ぎをしていたそうですよ。

入れる具材、お餅の形状や味付けなど、地方によって、さまざまなお雑煮があることはご承知のとおりですが、お正月前後に、自分の出身地のお雑煮が一番!

と譲らない方同士でお雑煮談義をしている様子を見かけることも少なくありませんね。
大きく分けると、関東は切り餅、関西は丸餅を使うことが一般的なようです。

北海道は住んでいる人の出身地によってお雑煮もいろんな種類があるため、

丸餅と切り餅が混在するようです。

余談ですが、私は大阪生まれで、今から40年ほど前の子どもの頃のお正月には、

年末にお餅屋さんで搗いてもらった丸餅が木製の平たい容器いっぱいに入っていました。

小学生用の雑誌のマンガで、子どもが大きなのし餅を、

切り分けるお手伝いをしている様子を見て、ピンと来なかったのですが、

 

東京の方は、お正月にそうやって切った切り餅を食べることを相当後から知って、

そのマンガの事を思い出してようやく納得できました。

香川県や岡山県では、あんこ餅のお雑煮というものもあるのだそうです。

具材は、鶏肉や魚を入れたり、使う野菜も地方によってそれぞれ特色がありますが、
ぶりや里芋、大根、人参等と青みのものを使うことが多いようです。

名古屋市周辺では今も餅と餅菜のみのお雑煮が食べられているのですが、

上記の江戸時代の名残なのかもしれません。

味付けはについては東京は鶏入りのすまし汁が主流ですが、

関西では京都に代表されるように、白みそ仕立てのお雑煮が主流です。

大阪では、三が日は女性は台所に立たないものだと言われており、

お雑煮は男性が作るという風習が残っているそうですよ。

(スポンサーリンク)




おすすめ記事

おすすめ記事:年越しそばを食べる理由その意味とは?いつ食べるのがベストなのか

おすすめ記事:豆まきのやり方、歴史や起源、ルール、マンションやアパートではどうするの?節分パーフェクトガイド

 

 

スポンサーリンク