おでんダイエットの驚きの効果、体験談も紹介

2019年11月21日

冬のダイエットにぴったりなのがおでんダイエットです。

おでんダイエットの一番のメリットは、安あがりで簡単にできること。

それから、冬の食卓にはお馴染 みのメニューで明日からでもスタートできるダイエット料理です。

 

おでんダイエットのオススメポイントがいくつかあります。

一つ目は、とにかく低カロリーの食品が沢山で、

ほとんどのメニューが100キロカロリー以下です。

 

特に低カロリーの10キロカロリー以下のメニューは、

こ んにゃく、しらたき、昆布巻きなどがあります。

 

特にこんにゃくやしらたきはノンカロリーの食品なのでオススメです。

そして50キロカロリー以下のメニュー は、

だいこん、はんぺんなどです。

 

これなら2つ食べても100キロカロリー以下なので安心です。

そして100キロカロリー以下のメニューは、さつまあげ、

たまご、じゃかいもなどがあります。

 

たまごやじゃがいもは栄養もあり腹持ちもよいので、

お腹の満腹度もあがります。

 

このようにイチオシはノンカロリーのこんにゃくなど、

それ以外にも野菜系もおすすめです。

 

やや高カロリーなのが餅入り巾着です。

 

餅が高カロリーなので、できれば1個以下に抑えたいメニューです。

二つ目が、やっぱり冬の定番メニューだけあり、体があったまることです。

 

ほかほかあったまるので、新陳代謝もたかまり、ダイエット効果もあります。

こたつにはいって食べていると体が温まって冷え性などにも最適です。

三つ目が、家でも外でもたべられることです。

 

お家で家族やお友達とほくほく食べてもたのしいですし、

コンビニやスーパーなどにも簡単に手に入ります。

 

特にコンビニは単品で販売されているので、カロリー計算をしながら買えますね。

このようにおでんダイエットのおすすめのところをいくつかご紹介しました。

 

気をつけておきたいのが、できればあまり何もつけづに食べること良いですね。

辛子やみそなどをおでんに掛けずにシンプルな味わいを楽しむのが上手なダイエットです。

スポンサーリンク

食べる順番を守り、低カロリーの具材を選ぶことにおけるおでんのダイエット効果

2015y11m29d_154251819

おでんは具材の選び方次第ではダイエットに大きく貢献します。

 

特に大根、板こんにゃく、昆布巻きはカロリーが非常に低くてヘルシーな食材なので、

それらを是非取り入れたいものです。

 

そしてそれらは食物繊維も多く含まれていて満腹感をもたらしてくれるので、

全体的に少量の食事で満足できて食べ過ぎを防ぐことができます。

 

それにたんぱく質の多いゆで卵、ロールキャベツ、ちくわ、

はんぺんといった低カロリーの具材を組み合わせると、

低カロリーの食事となってダイエットに大きく貢献します。

 

より低カロリーで満腹感をもたらしてダイエットを成功させるためには大根、

板こんにゃく、しらたき、昆布巻きといった低カロリーで食物繊維が多い具材を多く取り入れることです。

しかし注意すべき具材もあります。

 

がんもどき、じゃがいも、厚揚げ、餅巾着などは要注意です。

 

それらの具材は全面的に悪いわけではないが、

食べるときはできるだけ1種類におさめるようにすることです。

 

特にがんもどき、厚揚げよりも焼き豆腐に変えることでカロリーダウンが大幅にできます。

 

それに選ぶ具材によっては200kcalから250kcalに抑えることもできます。

具体的にいえば、板こんにゃく、しらたき、大根、卵、焼き豆腐、

牛すじ串という組み合わせです。少し量が少ないが、

それをカバーするために大根や板こんにゃくを多く、

取り入れることによって満腹感をもたらすことができます。また、おでんも食べる順番も大切です。

食物繊維が多く含まれて糖分やカロリーが少ない野菜から食べるという、

血糖値の上がり方が緩やかになって太りにくくするという原則を、

おでんにも適用することです。

 

そこでまず、最初にしたらき、板こんにゃく、

大根といった低カロリーで糖質の少ない具材から食べます。

 

その後に卵、豆腐、はんぺんなどのたんぱく質を多く含む具材を食べて、

最後にじゃがいもや餅巾着といった炭水化物を多く含む具材を食べるという順番を必ず守ることです。

 

ただ勘違いしてはいけないのはおでんばかり食べてもダイエットの効果があらわれるわけでなく、

基本はカロリーコントロールと運動という日々の地道な努力が基本で、

その中で具材と食べる順番を守る方法を取り入れるおでんダイエットを取り入れることが大切です。

おでんダイエット体験談

夏の終わりに差し掛かると、コンビニや居酒屋などあらゆる所にお目見えするのが、

冬の代名詞おでん!!おでんはただ美味しい!あったまる!だけじゃないんです!!!

わたしはおでんこそダイエットに最適な食べ物だと思ってます。

 

なによりおでんダイエットちゃっかり痩せた実績があるからです!

一口におでんと言っても、大根、たまご、ちくわ、筋、ソーセージ、

いまではうどんなんかもありますよね。

しかし、おでんだったらなんでも良いというわけではありません。

 

実際ソーセージや餅入り巾着、ロールキャベツなどは、

単体で100キロカロリーを超えてしまうのでお世辞にもダイエットに向いているとは言えません。

ではなにを選べばよいのかと言うと・・・

昆布、こんにゃく、白滝、大根!なんとこの4品、

ぜんぶ10キロカロリー以下なんです!

 

この四品を注文して、もちろんスープもたっぷりいただきます。

 

あったかくておなかもいっぱい、なのに全部で50キロカロリー以下!

こんな優秀なダイエットご飯が、

こんなに気軽に簡単にコンビニで朝でも夜中でも食べられるなんて最高だと思います。

 

今まで、夜中にお腹がすいてスナック菓子を食べていたところを、

おでんにするだけで300キロカロリーぐらい減らせるし、

お風呂の中でアイスを食べていたところをおでんにするだけで250キロカロリーぐらい減らせます!

 

私は実際このように『なんちゃって置き換えおでんダイエット』

をして去年2キロ少し痩せました。

2キロと言うとそんなに減っていないようにも思えるかもしれませんが、

食欲の秋やら年末年始の食べ盛りシーズンに太るどころか痩せられるなんて、

しかもおなかいっぱい食べて痩せられるなんてこんな素晴らしいことはないと思います。

 

ちなみに私は、朝と昼は普通に食事をして、

夜はこんにゃく2個、白滝2個、大根1個が定番メニューです。

スープは、七味をかけたりお酢を入れてみたり、

あまりカロリーがあがらないようにアレンジをすると更に飽きずに食べられます。
おでんダイエット、ぜひ試してみて下さい。

 

おすすめ記事

おすすめ記事:今までで一番効果のあったダイエット7選、運動なし?食事制限なし?実録ダイエットを語れ!

おすすめ記事:いっぱい食べて痩せる方法はこれだ!ムリなダイエットは不要です。ダイエットその2

 

スポンサーリンク