大友勝利、千葉真一と宍戸錠どっちが良かったのか?名シーン、名ゼリフを再現

大友勝利、千葉真一と宍戸錠名ゼリフ、名シーン

仁義なき戦いに登場する大友勝利をご存知でしょうか?

とことん好戦的で、上昇志向の塊、

それでいてある意味臆病であり、

己の欲望に忠実で男の憧れでもある(笑)

 

そんなキャラクターが大友勝利なのです。

 

大友は仁義なき戦い広島死闘編と、

仁義なき戦い完結編に登場するキャラクターで、

広島死闘篇では、千葉真一が演じて、完結編では宍戸錠が演じた。

 

何故同じ役柄なのに演じる役者が変わったのかと言うと、

広島死闘篇で大友を演じた千葉真一のスケジュールが合わなかったため、

宍戸錠が演じたのです。

 

実はこの仁義なき戦いでは、

抗争で殺された役者が違う役で出てきたり、

同じ役を違う役者が演じるというのは、

普通にあったのです。

 

松方弘樹なんて、仁義なき戦いシリーズで、3回殺されています。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

大友勝利名言、名シーン

大友勝利、千葉真一バージョンは名言の宝庫

2016y04m06d_010114535

画像:http://goo.gl/gMbvTE

昔からの仁義なき戦いのファンであれば、

大友勝利イコール千葉真一ではないでしょうか?

 

千葉真一自身も語っていますが、

映画「仁義なき戦い-広島死闘篇」を見て、

千葉真一がどこに出ているの?

と思う位、千葉真一は大友勝利になりきっています。

 

この千葉が演じた大友勝利は、

伝説と言っても過言ではないのではないでしょうか?

という位見事な演技です。

 

そして、千葉真一バージョンは名言の宝庫でもあります。

では大友勝利、千葉真一バージョンの素晴らしい名シーンと名ゼリフを紹介しましょう。

 

北王子欣也演じる山中が刑務所から仮出所して、

食堂で美味そうに飯を喰い終わって、金が無いため、

飯代を時計で立て替えてくれと、

食堂で働いていたやっちゃん(村岡組組長の姪)に頼んだ時に、

いきなり横から出てきて、

 

竹の棒で山中の頭を叩いて、ナタで竹の先を切って、

その切っ先を山中の肩の辺りに突き刺して、

「わしら大友連合会のもんじゃ、相手になったるけぇ表に出ぇ~!」と言って、

 

山中をリンチするシーンは、

大友勝利の狂暴な一面を見事に描いています。

 

大友勝利が山中を竹の棒でど突き回すシーンは、

大友の狂気を見事に描いています。

 

そして、なんと言っても大友勝利のファンであれば、

必ず上げる名シーンは、

大友勝利の父親の、

大友連合会会長の大友長次との言い争いの場面ではないだろうか?



 

古くからの兄弟分である、村岡組と争い事を起こす大友勝利に対して、

親の大友長次が叱責すると、

「言うならあれらオ〇コの汁で飯食うとるんど!」

 

「のうおやっさん、神農じゃろうと博打打ちじゃろうと、

ワシら美味いもん喰ってよ、

マブイ女(スケ)抱く為に生まれてきとるんじゃないの?

それも銭がなきゃ出来やせんので」

 

「ほじゃけん、銭に身体張ろういうんが何処が悪いの?おお?」

ではないだろうか?

仁義なき戦い 広島死闘篇(予告編)

 

大友勝利、宍戸錠バージョン

大友勝利は広島死闘篇で逮捕されてから、

代理戦争、頂上作戦という作品には出てこないが、

完結編でいきなり登場する、しかも千葉真一から、

宍戸錠にいきなり変わるので、

初めて見た時同じ役であると気付かないかもしれません。

2016y04m06d_010825425

画像:http://goo.gl/9jFeBh

千葉真一の時代から数十年、

刑務所から出所した大友勝利は、

 

天政会2代目武田明の呼びかけで、

天政会に参加して副会長になっていました。

 

広島の大将になりたい大友勝利だったが、

武田や松村に頭を押さえられて、不満が募るが、

そこに目を付けて接近してきた市岡輝吉との飲み屋でのシーンが、

宍戸バージョンの大友の名シーンではないでしょうか?

 

市岡は自分が殺した天政会の組員の葬儀に、

堂々と乗り込んだ。

 

拳銃を持ちだし市岡に襲い掛かろうとした、

大友だったが、武田や松村に止められた為、

流血には至らなかったが、

 

大友は市岡に俺が引き金を引かなかったから、

お前は命拾いをしたんだぞと詰め寄る。

 

「大友さん、その借りこれから払わしてもらうわい」と言う市岡に対して、

 

「気い付けてもの言えや・・ワシは虫歯抜くんも、命もらうんも同じ事でぇ」

 

松方弘樹演じる市岡が、

天政会の次期会長候補の松村を潰す為に、

自分と兄弟分になろうと持ちかける。

 

すると、「そら、ええがの、・・市岡・・お前盃いうのを軽う見とらせんか?」

 

「牛の糞にも、段々があるんでぇ・・・おどれとワシが五寸(ごすん)か!・・軽う見んな!」

と言って、テーブルの上の皿やコップを弾き飛ばすシーン。

これが宍戸バージョ最大の名シーン、名ゼリフではないだろうか?

仁義なき戦い 完結篇(予告編)

さて、あなたはどっちの大友勝利が好きですか?

もし、千葉真一が完結編の大友を演じていたら、

どんな大友を演じたのか?

 

また宍戸錠が若き日の大友をどの様に演じたのか?

 

最初は千葉真一の大友のイメージが強すぎて、

宍戸バージョンはどうしても好きになれなかったのだが、

長い年月が経つと不思議と宍戸バージョンも、

これはこれでいいかも?

 

と思えてきたりもする。

あなたはどっちの大友が好きですか?

仁義なき戦いシリーズを見る

仁義なき戦いシリーズはHuluの無料お試しを利用すれば、

今すぐ見る事が出来ます。

支払い情報の登録が必要ですが、

無料期間のみの利用も可能なので気軽に見れます。

下のリンクから登録できます。

【Hulu】2週間無料トライアルページ

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:仁義なき戦いの名セリフ、キャラクター別に紹介するよ〜第1作目より

関連記事:仁義なき戦いってどういう意味?その言葉の意味と由来を解説、仁義という言葉を使うと一目置かれるぜ!

関連記事:伝説の喧嘩師花形敬、力道山もビビって逃げたステゴロ最強の男とは?

関連記事:仁義なき戦い広島死闘篇の名言とあらすじ。大友勝利のキャラは最強

関連記事:昭和の有名ヤクザ、アウトローこの5人が凄過ぎ!伝説の男達の激烈な人生

関連記事:花形敬伝説、拳銃で撃たれて死なないタフネスは化け物

関連記事:安藤組森田雅の強さは伝説、喧嘩無敗の男、力道山を引かせたのは森田

関連記事:仁義の墓場は実話、石川力男を見事に演じた渡哲也(深作映画)