グレート・カブキとケンドーナガサキの違い、喧嘩最強なのがケンドー、東洋の神秘がカブキ

2019年11月20日

今日はザ・グレートカブキとケンドー・ナガサキについて書きたいと思います。

この二人は、海外のマットで活躍し、全日本プロレスに所属していたという共通点がある。

また日本の文化である歌舞伎と剣道をモチーフにしてる事。

顔にペイントを施(ほどこ)している事からいまいち違いが分からなくて、

日々悩んでいる人が日本に2~3人はいるかもしれないので、

この記事を急遽(きゅうきょ)書いている。

スポンサーリンク

東洋の神秘ザ・グレートカブキ

グレート・カブキは、身長180cm、体重110キロ、連獅子(れんじし)スタイルの時もあれば、鎖帷子(くさりかたびら)の時もある。

入場してリングインすると、ダブルヌンチャクのデモンストレーションを行う。

2016y06m07d_122330283

画像:http://goo.gl/Kybsyk

グレートカブキは、デビュー当時は、正統派のレスリングスタイルだったが、アメリカ遠征中にこのカブキスタイルに変化して、アメリカで大人気となり日本に凱旋(がいせん)して日本でも人気となった。

カブキの得意技

トラースキック

トラースキックとは、空手で言うところの横蹴りである。

自分の横にいる相手に向かって、脚を高く蹴り上げる技、この技をフィニッシュホールドとして使用していた。

アッパー

独特のモーションから繰り出されるカブキのアッパーカット、初めて見た子供の頃、とにかくカッコイイ!と思った。

この動きは、ボクシング?

いや違うな、などとカブキは、格闘技を極めた強い選手なんだなと幻想をいだいた。

毒霧(どくきり)

カブキが相手に攻め込まれ、ピンチになった時、相手の隙をついてカブキの口から発射される緑色の液体、吹きかけられた相手選手は視力を奪われ、カブキの餌食になるのである。



喧嘩最強ケンドー・ナガサキ

ケンドー・ナガサキは身長188cm、体重120キロ、カブキよりも身体が大きい、

元相撲取りであり、相撲時代部屋の親方や先輩力士と仲が悪く、

辞めたあとプロレスの世界に入ってきたのだ。

アメリカでは、カブキともダッグを組んだ事もある。

2016y06m07d_125519687

画像:http://goo.gl/GFe70L

ケンドー・ナガサキと言えば、喧嘩日本一の異名を持ち、セメント、

いわゆる真剣勝負であれば、ナガサキが一番強いと囁かれていた。

かなり高齢になってから格闘技の試合にも参戦している。

カブキ同様、緑色の毒霧を吐く。

 

カブキがアッパーやトラースキックなどトリッキーな技を使うのに対して、

ケンドー・ナガサキは殴る蹴る、大型の外人レスラー相手にも、一歩も引かず、

ぶつかっていくスタイルで、決して上手くは無いがカブキと真剣勝負で戦った場合、

このケンドー・ナガサキに軍配が上がるのではないだろうか?

しかし、人気の面ではカブキがダントツに勝っている。

ケンドー・ナガサキは実は2代目

ケンドー・ナガサキは実は2代目ケンドー・ナガサキなのだ。

初代ケンドー・ナガサキは日本人ではなく、イギリス人のプロレスラーである。

2016y06m07d_133236440

画像:http://goo.gl/fWRSZR

YouTubeに動画がアップされていたので貼っておきます。

削除された場合は見れなくなりますので、ご了承下さい。

初代ケンドー・ナガサキは日本にも来日して試合をした事がある。

日本に来日した時は、ミスターギロチンを名乗っていた。

初代が初来日した年は1968年頃、二代目ケンドー・ナガサキが誕生したのが、1983年前後、初代がキン肉マンに登場するビックザ武道の様なスタイルで、

二代目のケンドー・ナガサキは落ち武者スタイルである。

プロレス記事まとめページ

https://ojisan777.net/?p=12680

 

 

(スポンサーリンク)




 

スポンサーリンク