Eメールアドレスの作り方を解説、スマホ、iPad、PSP、メールがあれば何でも出来る

2019年12月8日

Eメールアドレスの作り方、スマホ、iPad、PSPでも使えるぞ

 

Eメールアドレスがあれば、

本来の使い方である、

メールのやり取りという連絡ツールとしても使えるし、

 

1つ作れば同じEメールアドレスでスマホ、iPad(タブレット)、

PSPなどでも兼用できる。

 

更に、アマゾンや楽天などネット通販にも使えるし、

FacebookやTwitterといったSNSの登録にも、

Eメールアドレスは必要なので、

メールがあれば色々なサービスを楽しむ事が出来るのです。

 

今日はEメールアドレスの作り方と、

Eメールアドレスの種類なども紹介しましょう。

 

ただし、作る前に是非知っておいて欲しい事があります。

 

それは、作らなくてもすでにEメールアドレスを、

あなたは持っているかもしれません。

 

その場合はわざわざ作る必要はありません。

 

その事も解説します。

スポンサーリンク

Eメールアドレスの予備知識

Eメールアドレスの種類は大きく分けて3種類

実はEメールアドレスは、大きく分けて3種類あります。

 

1.インターネットプロバイダーから付与されたEメールアドレス

 

2.携帯会社から付与されたEメールアドレス

 

3.GoogleやYahoo!が提供している無料のメールサービス

 

では、一つ一つ説明していきます。



1.インターネットプロバイダーから付与されたEメールアドレス

家にインターネットの環境がある人は、

もう既にEメールアドレスを持っています。

 

インターネットプロバイダーとは、

家のパソコンをインターネットの世界に、

繋いでくれる環境を提供する会社の事です。

 

有名なところでは、OCNやニフティー、Yahoo!BB、au光、

eo光、ソフトバンク光などがそうです。

 

インターネットを契約した時の確認書類に、

Eメールアドレスと記載されていれば、

それがあなたのEメールアドレスとなります。

 

あとは、パソコンのメールソフトに必要な情報を入力すれば、

直ぐにメールを送ったり、受信したりできる様になります。

 

インターネットの契約をしている人は、

契約した時の書類を出してきて見てみましょう。

 

このインターネットのメールは、

設定すればスマホやタブレットでもメールを見る事が出来ます。

 

なので、家にパソコンがあってインターネットに繋がっているのであれば、

一度契約した時の書類を確認して下さい。

2.携帯会社から付与されたEメールアドレス

ほとんどの人が、

au、docomo、ソフトバンクなど携帯会社と契約していると思います。

 

携帯にもメールアドレスが与えられていて、

Eメールアドレスとして、使う事ができます。

 

携帯電話会社のメールの事を、

キャリアメールと呼びます。

 

ただしスマートフォンだけです。

 

スマートフォンのメールは、

インターネットのサービスに対応している、

Eメールアドレスなのですが、

 

ガラケーのメールは、

Eメールとして使えません。

 

ガラケーは、パソコンやスマホで使う、

インターネットを利用したサービスに対応していない為、

 

ガラケーのメールは、

何かのサービスに申し込む為に、

アドレスを登録しても、

 

申し込みを完了する為のリンクを開けないなどの問題がある為、

 

Eメールアドレスとして使用する事ができません。

 

ガラケーの場合はスマホに機種変した方がいいかもしれません。

 

スマホを持っている人は、Eメールアドレスが1つ提供されているので、

それを確認すればいいだけです。

 

もし分からなければ、携帯電話ショップの窓口で確認する事が出来ます。

 

※格安SIMのスマホを使っている場合は、

基本携帯会社のメールが使えません。

UQ モバイル とY!モバイルはあります。

 

3.GoogleやYahoo!が提供している無料メールサービス

GoogleやYahoo!という言葉は、

一度は耳にした事があると思います。

 

インターネットの、

莫大な情報を検索するサイトを運営している会社です。

 

そんなGoogleやYahoo!は、

 

無料でEメールアドレスを、

取得できるサービスを提供しています。

 

Eメールアドレスの取得の仕方も簡単で、

 

Google、Yahoo!、

どちらかのアカウントを作成すれば、

 

Googleの場合はGmail(ジーメール)

 

Yahoo!の場合はyahooメールを取得する事が出来る。

 

また、Gmailやyahooメールは、

何個でもアカウントを作る事ができます。

 

したがって、何かの懸賞に応募するとか、

不特定多数の人にEメールアドレスを教えるなど、

あまり個人情報を教えたくない相手に、

Eメールアドレスを教えなければいけない時など大変便利なのです。

 

Eメールアドレスの決まり

Eメールアドレスには、ある法則が用いられています。

それは@(アットマーク)です。

 

この@を一度は見た事があると思います。

 

例えば先ほど紹介したGmailであれば、

メールアドレスの後ろの方に、

この@が付いていて、アドレスは必ず、

 

〇〇〇〇@gmail.comというアドレスになります。

 

yahooメールであれば〇〇〇〇@yahoo.co.jpとなります。

 

この@が付くというは、インターネットプロバイダーでも、

携帯会社でも同じです。

 

必ずEメールアドレスには@(アットマーク)が付く事を覚えておきましょう。

 

そして@(アットマーク)より前の部分は、

自分で好きな文字や数字を入れる事が出来き、

 

オリジナルのEメールアドレスを持つ事が出来るのです。

それぞれのEメールアドレスの作り方

これまでの説明を聞いてご理解いただけと思いますが、

家にインターネットを引いている方は、

既にEメールアドレスを持っているので、

そのEメールアドレスが何なのかを調べれば、いいだけです。

(既に持っているから)

 

また、

スマホを持っている人も、

自分のEメールアドレスが何なのか、

携帯会社に聞けば分かる事です。

※格安SIMは別

 

そして携帯の場合は既に携帯に設定されている場合があるので、

メールの見方を調べれば直ぐに使う事が出来ます。

 

インターネットプロバイダーに付与された、

Eメールアドレスの場合は、

パソコンやスマホなどにメールを見る為の設定が必要なので、

設定する為の情報を、

プロバイダーに確認する必要があります。

まずは、インターネットを契約した時の紙を見ましょう。

 

Googleが提供しているGmailや、

Yahoo!が提供しているYahoo!メールは、

それぞれのホームページからアカウントを作成すれば、

簡単にEメールアドレスを作る事ができます。

 

Gmailのメールの作り方

では、Googleの Gmailというサービスを使って、

無料でEメールアドレスを取得する方法を解説します。

まず、Googleの検索ページをインターネットで開きます。

https://www.google.co.jp/

 

そして右上のログインをタップします。

 

アカウント作成をタップします。

自分用、ビジネス管理用が出てくるので、

自分用を選択します。

 

アカウント作成画面が出てくるので、

姓、名、ユーザー名を入力します。

 

ユーザー名が自分のメールアドレスになります。

@gmail.comは変える事が出来ません。

 

@より前の部分を自分の好きな物に設定する事ができます。

 

ユーザー名は他の人が既に使っている物は使用できません。

数字を付け足したりして、

他の人とダブらない様にしましょう。

 

また、ユーザー名は忘れない様にメモに取っておきましょう。

 

次にパスワードを作ります。

確認用でもう一度同じパスワードを入力します。

 

このパスワードはグーグルにログインする為のパスワードなので、

忘れない様にメモを取っておきましょう。

 

パスワードを入力したら次へをタップします。

ようこそが出てきたら、

自分のスマホの番号を入力します。

 

再設定用メールアドレスは入力する必要はありません。

 

生年月日と性別を入力します。

そして次へを入力します。

 

電話番号の確認が出てくるので、

配信をタップします。

配信をタップするとメッセージで、

グーグルから確認コードが送られて来るので、

 

その確認コードを入力します。

 

 

確認コードを入力したら確認をタップします。

 

利用規約が出てくるので、

下の方にスクロールします。

同意するを押したら完成です。

 

 

 

 

Eメールアドレスが完成したら今度は設定をしてみましょう。

Eメールのアカウントの設定をiPhoneやiPadにする方法

 

 

スポンサーリンク