プロレス ルールが分からない、なんで技を避けないのか?解説

2019年11月20日

プロレス ルールが分からない、なんで技を避けないのか?

プロレスの事が余りよく分かってない人の中に、

プロレスの試合を見て、

何故ロープに振ったら素直に帰って来て技を食うのか?

 

とか、大きなモーションで敵が繰り出す技を何故避けないで、

攻撃を喰らうのか?

 

など・・見ていてよく分からないという人が結構多いのだそうです。

また、椅子や色々な武器で攻撃して、

「それ、反則なんじゃないの?」

と思ってしまうのですが、

結構試合の中では許されてるみたいで、

そうと思えば、レフリーがカウントを取って、

反則を辞めさせようとしてるし、ワケ分からん!

 

プロレスのルールとはどんな物なのか?

その辺りが疑問だ!

 

という方にプロレスのルールや楽しみ方、

プロレスの本質を今日は解説しますので、

この記事を読み終えたら、

今日から、あなたもプロレス通になる事、

間違いないと思いますので、

しっかり学んでいただければと思います。

スポンサーリンク

プロレスは真剣勝負の格闘技ではない

いきなり結論からお話しますが、

プロレスを理解するのに、まず一番初めに理解していただきたいのが、

プロレスは真剣勝負の格闘技ではないという事です。

 

え〜!あんなに闘志むき出しに戦ったり、

時には喧嘩さながらに、罵倒しあったり、

憎しみ合ったりしているのに、

あれはお芝居なの?

 

とショックを受けた人も多いかもしれませんが、

プロレスとは、真剣勝負の格闘技ではなく、

戦いのエンターテイメントなのです。

 

当然、真剣勝負ならば、

相手にロープに振られたら、

素直に帰って来るはずもないですし、

 

相手がトップロープに登って、

ダイビング攻撃を仕掛けて来たら、

間違いなく逃げるでしょう。

 

しかし、プロレスを見ていたら、

技を避けようとせず、おもいっきり技を食うし、

トップロープからの攻撃を逃げずに食う事も多いのです。

芝居だったら、見る価値ないじゃん

へ?真剣勝負じゃないの?・・アホらし・・、

それだったら見る意味ないじゃない!

 

と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、違うのです。

 

一流と呼ばれるプロレスラーは、

例え真剣勝負ではなかったとしても、

その試合を見ると、見る者を釘付けにして、

感動させたり、人々に勇気さえも与える事が出来るのです。

 

例えば、素晴らしい映画を見た時、

人々はその物語に引き込まれます。

 

当然映画は役者が演じた物語にすぎませんが、

見た人は感情移入して、人を感動させたり、

笑わせたり、怒らせたり、

様々な感情を人々に起こさせます。

 

プロレスの面白さは、

そういった見ている人の予想を超えるキャラクターや、

ドラマ、肉体、技などを楽しむ、

まさにエンターテイメントなのです。

 

また、真剣勝負の格闘技ではありませんが、

レスラー達は命をかけて戦っています。

 

それは見ているファンに、

とにかくいいパフォーマンスを見せたいという事で、

凄い技を出し、そしてその技を受ける。

 

素人が受けたらまさに、

即死レベルの技も、

鍛えた体と受け身の技で上手くダメージをまともに受けない様にしている。

 

ただし、不運な事故も起こります。

リングで亡くなったレスラーや、

大怪我を負ったレスラーの話は聞いた事がある人もいるはずです。

生易しい世界ではありません。



プロレスの歴史

何故ここまで、日本でプロレスの人気が出たのか?

それは、戦後起こったプロレスブームが、

日本でプロレスがここまで、

定着するきっかけとなったのは間違いがありません。

 

日本のプロレスの父と呼ばれる力道山の名は、

一度くらいは聞いた事があるのではないでしょうか?

 

第二次世界大戦に敗れた日本は、

焼け野原になり、すってんてんになりました。

 

しかし、人々は再び立ち上がり、

復興の道を歩き出したのです。

 

そんな時に現れたヒーロー力道山。

プロレスのリングの上で、

外国人のプロレスラーを得意の空手チョップで、

バッタバッタと倒していったのです。

 

人々はその力道山の姿に熱狂し、

大きな体のアメリカ人のレスラーを倒す力道山に勇気づけられたのが、

日本のプロレスの原点なのです。

プロレスのルール

ここで、簡単にプロレスのルールを紹介しましょう。

プロレスは四角い四方にロープを針目議らせた、

ボクシングのリングに似たマットで戦う。

 

プロレスで相手に勝利するには、

相手の背中をマットに付け、カウントスリーを奪う。

又は、相手を戦闘不能に追い込むノックアウト。

 

又は相手が一定時間以上リングの外にいて、

自分はリングの中にいるというリングアウト勝ちなどが、

基本的な勝利の条件である。

反則技

プロレスにも一応反則技があるので紹介します。

しかし、反則と言ってもプロレスは反則技を使ったからといって、

即反則負けにはなりません。

 

反則はカウント5まではオッケーなど、

反則もプロレスの技のうちと言っても過言ではありません。

主な反則技

■椅子やバットなどの凶器で相手を攻撃する

■目潰し攻撃

■相手に火を吹く

■金的攻撃

■噛み付く

■相手がロープに逃げているのに、攻撃を続ける

■顔面を拳で殴る

などです。

伝説のレスラー

プロレスの歴史に今もなお語り継がれる、

伝説のプロレスラーのほんの一部を紹介しましょう。

凄い技の数々 初代タイガーマスク

出典:goo.gl/jp7Y44

 

タイガーマスクは漫画やアニメの主人公で、

その漫画やアニメから抜け出たような、

まさに漫画やアニメのような、

華麗な技の数々をこなす、

そんなプロレスラーが初代タイガーマスクだ。

 

恐ろしい身体能力から繰り出されるタイガーマスクの技に、

当時のプロレスファンは度肝を抜かれ、

タイガーマスクはプロレスの一大ブームを作ったレスラーだ。

 

タイガーマスクの凄さは、四次元プロレスと呼ばれる、

華麗な空中殺法と、技のキレが、

全く今まで見た事がないファイトだという事で、

大人も子供もその魅力にとりつかれたのだ。

大巨人 アンドレザジャイアント

出典:goo.gl/QxfXFW

アンドレザジャイアントは兎に角でかい!

どれだけでかいかと言うと、

身長は223㎝、体重236㎏。

 

「大巨人」「人間山脈」「歩くガリバー旅行記」

と言うニックネームを持ち。

その特徴は兎に角デカイ!果てしなくデカイ!

 

そのデカさは、まさに化け物。

 

こんなデカイ奴、見た事ないし、

化け物の様にデカイのだから弱いはずない!

こんなデカイ奴と日本人のレスラーが戦って勝負になるのか?

 

なんて、興味本位、又はハラハラドキドキといった感じでアンドレの試合は、

プロレスを楽しむ事が出来るのだ。

狂える虎 タイガージェットシン

タイガージェットシンは、体をクネクネさせながら、

頭にターバンを巻いて、口にサーベルを咥えながら、

上田馬之助と肩を組んで入場する。

出典:goo.gl/Wk8e1s

 

初めて見た時、この人、頭おかしいんじゃないの?

正常な人間ではないのではないか?と、

怖い、不安な気持ちになるレスラーがタイガージェットシンなのだ。

 

タイガージェットシンは、リングに入場して来ると、

いきなり、持っているサーベルで頭を殴ってくる。

 

勿論反則です。

 

黒いパンツからフォークを出してきて、

フォークで相手のひたいや、腕などをメッタ挿しにする。

 

何故かレフェリーも、そんな状態から試合開始のゴングを鳴らす。

 

・・いや、まず止めろよ・・とツッコミを入れたくなるのだが・・

それが、タイガージェットシンのプロレスなのだ。

超怪力コンビ ザ・ロードウォリアーズ

出典:goo.gl/e5nShk

 

単体のレスラーではなく、ダッグチーム、

いわゆる二人組のレスラーで、アニマルとホークの筋肉ムキムキ、

頭はモヒカン、顔にペインティングを施した、

それまで全く無かったスタイルのレスラーで、

 

試合はいきなり、会場に不気味なテーマ曲が流れたかと思ったら、

控え室からダッシュでリングイン、

 

すでに入場している相手チームにゴングを待たずに襲いかかり、

ボコボコにする。怪力で高々と相手を頭上に持ち上げ、

マットに叩き落とす。早々と相手に勝ってさっさと帰って行くというのが、

このコンビのスタイルである。

 

タッグ結成以来、一度もピンフォール負けはないという、チームなのだ。

プロレスの楽しみ方

冒頭に言いましたが、プロレスは真剣勝負ではありません。

しかし、そんな事を忘れさせてくれるパフォーマンスをするのが、

プロレスラーなのです。

 

タイガージェットシンは、マジで怖かったし、

アンドレザジャイアントと戦っても勝てる気はしなかったし、

タイガーマスクの空中殺法は、兎に角カッコイイのです。

 

そんな、見てるだけでワクワクするレスラーを見つけた時に、

プロレスの面白さは半端ではありません。

是非お気に入りのレスラーを見つけて、

プロレスの魅力を知っていただけたらと思います。

プロレスの裏側を描いた映画

ミッキー・ローク主演の映画「レスラー」をご存知でしょうか?

元スターレスラーだった男の復活にかける物語で、

プロレスの内情をかなりリアルに描いています。

 

試合の流れの打ち合わせなど、

やばい話が出てきます。

プロレス記事まとめ

https://ojisan777.net/?p=12680

 

(スポンサーリンク)




 

スポンサーリンク