MacとWindowsの違いは?初心者でも簡単!iPhoneあるならMacやで

MacとWindowsの違いを初心者にも分かりやすく解説

 

MacとWindowsのパソコンの違いって何なんでしょうか?

最近iPhoneを使い始めて、

今度パソコンを買い換えるんだけど、

Macっていうのもあるって聞いたんです。

 

ただ、初心者なんでちょっと分からないので、

詳しい方教えて下さいなという依頼があったので、

今日はMacとWindowsの違いを初心者でも、

簡単に分かりやすく解説したいと思います。

 

まあ、iPhoneやiPadを使っているなら、

断然Macがオススメです。その辺りも解説します。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

MacとWindowsの違いを初心者目線で解説

MacとWindowsの違いで検査すると、キーボードが微妙に違うとか、

右クリックがないとか、結構細かいどうでもいい事が書いてあります。

そんなもの買った後で、どうにでもなりますので、

余り心配するところではありません。

 

では早速MacとWindowsの違いについて説明していきましょう。

MacはiPhone、iPadとの連動が簡単

写真と音楽の管理が簡単

写真

※iPhoneやiPadと同じ写真アプリがMacにもあり、

このアプリで管理するから簡単。

MacはiPhoneやiPadと同じAppleが作っているコンピュータだから、

iPhoneやiPadとの連動が超簡単です。

 

iPhoneやiPadを付属の充電ケーブルで接続すれば、

iPhoneやiPadで撮った写真も簡単に取り込む事ができます。

 

自動的に写真のアプリが立ち上がり、

写真を読み込むと簡単にMacに取り込む事が出来る。

 

また、iCloudで写真をMacと連動(同期)した場合は、

ケーブルでMacに接続する事なく写真を読み込む事が出来る。

音楽

また、Macに取り込んだ音楽も、

簡単にiPhoneやiPadに取り込む事が出来る。

 

写真の転送の時と同じ様に、

iPhoneやiPadの充電ケーブルでMacと接続すれば、

Macから音楽を簡単に転送する事も出来る。

 

そして、月額980かかるが、

Apple Musicを申し込むと、

iCloudでiPhoneやiPadと連動(同期)する事が出来るので、

ケーブルをツナグ必要もなく、

音楽をMacから転送する事が出来る。

 

しかも様々なジャンルの音楽が聴き放題なのだ。

 

えっ、それWindowsでもできますよ!

 

そうです。Windowsでも出来るのですが、Windowsの場合、

トラブルが多いんです。

パソコンにiPhoneやiPadを繋いだけど、

パソコンに認識されないんで、写真が読み込めません!

とか、

パソコンには認識されているんですけど、

iTunesに認識されないんで、音楽を転送(同期)できません!

などなど、本来は繋いで、ボタンを一回押すだけの操作なので、

Macなら一瞬で終わる作業でも、

こういったトラブルがおこれば、セキュリティソフトを止めて、

iTunesを一旦削除して、

 

〇〇して・・・と1時間、長い時には更に時間がかかる時があります。

しかし、これらのトラブルはMacでは殆ど起こりません。

これが起こる場合はMacが故障しているので、

修理にだせば解決します。初心者には大変分かりやすいです。

iPhoneやiPadのバックアップが簡単

私も最近iPhoneを機種変したので、

iTunesでバックアップを取りましたが、スムーズです。

本当にスムーズ!

バックアップを暗号化して取れば、

LINEやメールなどの殆ど全てのデータがそのまま戻って来ました。

 

Windowsの様に、せっかく取ったバックアップデータを戻した時に、

「バックアップが壊れているか、

互換性がないため復元できません」

みたいなふざけたメッセージが出る事もありません。

 

※これは、Windowsに入っているセキュリティソフトが、

暗号化したバックアップの一部をウイルスと勘違いして、

削除してしまう事があるそうで、こんなメッセージが出る事があるそうです。

初心者でもパソコンのバックアップも簡単

パソコンを使っていて、もしこのパソコンの中のデータが消えてしまったら、

どうしようか?なんて心配になった事はありませんか?

私も初心者の頃、データが消えたらどうなるのかが、

疑問であり不安でした。Macなら心配ありません。

用意するのは、外付けのハードディスク。

電気屋さんで、「Macで使える外付けハードディスク下さい」と言えば、

「あいよ!」と売ってくれます。

 

これをMacに接続し、

Time Machineというアプリを立ち上げバックアップを開始するだけ。

このTime Machineは超便利、

例えば、Macが故障した時は、修理から戻ったMacにまた、

外付けハードディスクを接続して、

バックアップを戻せば元どおりデータは復元できるし、

 

間違って、フォルダーやデータの一部を消してしまったという時も、

Time Machineを起動すると、

バックアップをとった時間にさかのぼる事が出来るので、

 

消す前の時間にもどれば、

消してしまったフォルダを戻してあげると、

あら元どおり、消えたデータも復活出来る。

Time Machineの起動はこの丸で囲んだ部分をクリックするだけ、

簡単ですね。

Windowsもバックアップは取れますが、

ここまで簡単ではありません。

初心者には少し困難です。

 

初心者に嬉しいアフターサービスがいい

Macは購入後90日間の電話サポートがついています。

また、別途有償の保証サービスに入れば保証期間が延長され、

3年間の電話サポートと製品の保証を受ける事ができます。

 

Windowsは聞きたい事があっても、

どこに電話をすればいいのかわかりませんし、

無料で教えてくれるのか、

またどの程度の知識がある人が対応してくれるのかわかりません。

 

その点Appleなら、

親切に分かりやすく教えてもらえるのは間違いありません。

 

故障した場合も、AppleStoreや修理プロバイダーに持ち込みする、

または、宅急便を使って修理に出す事も出来るのです。

 

※他のサイトには、Appleの電話サポートはイマイチという情報がありますが、古い情報です。今はかなり改善されていて、かなり親切でスキルも高いです。

ウイルスの心配が殆どない

MacはWindowsと違って、ハードもosもAppleが作っている。

 

対してWindowsは、ハードは別の会社が作り、

中のosだけがWindowsが作っている。

 

また、中に入っているソフトもAppleは自社のソフト、

またはAppStoreでダウンロードした、

自社で審査したアプリをインストールするのが基本となっているから、

ウイルスに感染するリスクなども、皆無で安心して使う事が出来る。

 

Windowsは、パソコンの中にたくさんの他社製ソフトが入っている。

したがって、ソフトどうしの競合が元で起こるトラブルや、

ウイルスの侵入などがあり、セキュリティソフトは、

必ず入れておいた方がいい。

Macのデメリット

当然完璧なものなどこの世にはない。

今からMacのデメリットを書いて行きたいと思います。

Macは高い

これが一番です。Macと比べてWindowsは安いです。

ノートパソコンだったら

、Macが10万くらいするのに対してWindowsは5万位で買えます。

安いですね〜倍くらいの値段がすると思っておいた方がいいです。

Windowsは値段がだいぶ下がっています。

OfficeなどのソフトはMac用を買わないといけない

もし、どうしても、ExcelやWordを使う必要があるのであれば、

Mac用のMicrosoftのOfficeを買う必要があります。

MacにはMac用のOfficeの様なアプリがあります。

Windowsから乗り換える場合は、注意しましょう。

 

Windowsで使えていたソフトもMac様に買い直す必要があります。

必ず使いたいソフトと、osの互換性は確かめておきましょう。

 

さて、初心者の方用で記事を書いたのですが、

ボリュームが多すぎましたね。この辺りでやめましょう。では、また!

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:お店のホームページの作り方、簡単で安い方法は無いのか?

関連記事:インターネット初心者が知っておくべき事、Wi-Fi、メール編

関連記事:インターネット初心者が知っておくべき事、位置情報、ウイルス、架空請求編

関連記事:SNSとは何?何の略?LINEと同じ?この文章を全て読めばネットの知識が倍増します