映画64ロクヨンの元となった功明ちゃん誘拐事件、犯人は誰だ!

映画64 ロクヨンの元になった事件「功明ちゃん誘拐殺人事件」を今回初めて知りました。映画64 ロクヨンが実話を元にして作られているのではないか?という事を知ったので、興味を持ちました。

出典:goo.gl/P8r19x

因みに、功明ちゃんの読み方はよしあきちゃんです。こうめいちゃんではありません。wikipediaがなかったのですが、この事件は有名だったのでネット上にも興味深い記述が幾つかあったので、調査してみました。

この事件は1987年(昭和62年)9月14日群馬県の高崎市で起こった事件です、高崎市の消防署員だったOさん(当時43歳)の長男であった5歳の幼稚園児の功明ちゃんが自宅の斜め向かいにある神社で遊んでいたが、突然姿を消した、すぐ両親は警察に捜索願を出すが、その日の6時42分頃にOさんの家に誘拐した犯人から身代金の要求の電話がかかってきたのです。

子供を狙った誘拐事件だったのです。

スポンサーリンク

功明ちゃん誘拐殺人事件の真相は?

この事件、映画ロクヨンでは昭和64年に起こっているが、実際の事件は、62年、そして誘拐されたのは映画64では、7歳の少女という事になっているが功明ちゃんは当時5歳の男の子です。

家族や親族が思い当たる場所を探し回ったが、見つからなかった。

18時30分警察に届けた。

犯人からの電話

電話がかかってきたのは、功明ちゃんが姿を消した日の18時42分、相手は中年の男の声だったという。警察に届けたのはその日の18時30分なので、警察に届けた10分後という事になります。

犯人からの1回目の電話

「子供をあずかっている、2000万くらいあると、子供が言っている。2000万よこせ、よこさなければ子供は殺す」

(子供が2000万とか言う訳ないですよね〜、犯人はあまり頭が良くないか、その場で思いついた事を適当に喋っている感じがします)

犯人から、警察に届けたか?と聞かれたOさんは、警察に届けた事を犯人に伝えた。

警察に届けた事を知った犯人は、届けを取り消して、2000万よこせと言った。

そして、1回目の電話は切れた。

この内容を警察に届けた。

そして、2回目の電話が同じ日の19時47分にかかってきた。

この電話は現職の警察官のOさんの弟が電話に出た。

2000万よこせという犯人の脅迫に対して、Oさんの弟は、

「そんな金はねぇ、第一明日は金融機関は休みだろう」と言った。この事から犯人は金融機関が休みの日も知らない、社会との接点が薄い人物ではないか?という見方が多かった。

※翌日の15日は敬老の日で祝日だった。

また、警察はこの電話を録音していて、車の通過する音を確認していて、公衆電話から掛けている可能性が高い事を示した。

しかし、何故Oさんの弟が電話に出たのかは謎です。

そして、同じ日の20時3分に3回目の犯人からの電話が入ります。

この3回目の電話に功明ちゃんが初めて出ます。

この3回目の電話に出たのはOさん。

以下その通話の内容

功明ちゃん 「お父さん」

Oさん 「お父さんだよ、元気?」

功明ちゃん 「元気だよ」

Oさんは功明ちゃんにどこにいるのかたずねた。

功明ちゃんは、「これから帰る」

そして、「おまわりさんは一緒」と言った。

(おまわりさんは一緒?と功明ちゃんが質問したのか、おまわりさんと一緒にいるという意味で言ったのかは謎)

という事を言って。まもなく電話は切れた。

犯人は警察官になりすましたのか?功明ちゃんは、おまわりさんと一緒にいると言ったとも取れる事を言った。この電話を切ってから、翌朝まで電話のベルを1回から3回鳴らして、電話が切れるという事が翌朝までに13回続いた。

何故、3回くらい鳴っていた時に、電話に出なかったのかは謎。

警察は2回目と3回目の電話は短すぎて逆探知は出来なかったと発表した。

スポンサーリンク

NTTを帰らせたのは何故か?

報道によると、何故か誘拐事件の起こった翌日の敬老の日の15日、警察からNTT側にもう帰っていいという指示が出た。当時のアナログ回線の逆探知は、NTTの職員と警察の捜査員がペアになって行われるんですが、15日に逆探知を切り上げている。

2回目と3回目逆探知が失敗しているのに、また犯人から電話がある事が分かりきっているのに、NTTを帰らせた。

NTTの職員も意味が分からなかったという。

帰らせたという事は警察は解決出来る何か目星がついたのか?それとも、まさか功明ちゃんの「おまわりさんは一緒」という言葉を聞いて、警察に保護されたと思って、解決したと思ったのか?・・まさか、そんなアホではないですよね。

最悪の結果に

16日の7時50分、4回目の電話がかかってきた。この時の犯人とのやりとりの音声がYouTubeにアップされているので、それを聞いていただきます。

これが、最後の電話になります。

これ以後、男からの電話はもうかかってこなかった。

Oさんは、この日1000万をかき集めた。

しかし、この日の午後、功明ちゃんの遺体が発見された。

遺体は自宅から5キロ離れた寺沢川で発見された。

功明ちゃんの遺体は翌日の17日に群馬大学医学部で解剖された。

功明ちゃんの死亡推定時刻は15日の午前10時以前という事が分かった。最後の電話は既に殺害を終えた時点でかけているのだ。死体は全裸でうつ伏せの状態で見つかった。顎が複雑骨折していた。13メートルある橋の上から生きたまま落とされて死んだ。

というのも、死体には首を絞められた跡もなく、薬物を飲まされた形跡もなかったからです。

死因は水や砂を飲んだ事による窒息死、腹に殴られた跡があった事から、打撃で気絶させて、橋から生きたまま落としたと考えられている。

最後の犯人からの電話は27秒あった。

逆探知するには十分な時間だったが、当然この日はNTTを帰らせているから、逆探知は不可能です。

犯人は捕まったのか?

この事件は残念ながら、犯人は逮捕されていません。日本で唯一の身代金目的誘拐殺人で犯人が逮捕されていない事件です。

2002年この事件は時効を迎えた。目撃情報の中に功明ちゃんの通っていた幼稚園で白い車に乗ってメガネをかけた不審な男が目撃されたり、見かけない40歳前後の男が子供を乗せて車で走っている姿も目撃されていたが、犯人は逮捕されなかった。

警察の発表では、逆探知から犯人は高崎市西部を含む、群馬県・長野局管内からの電話だと発表した。この逆探知はグダグダで、セッテイングに時間がかかり、2回目の電話に逆探知が間に合わなかったそうで、逆探知のセッティングが完了していたのが、功明ちゃんが電話に出た3回目です。

この通話も短いという事で、逆探知で犯人を突き止める事が出来なかった。

で、何故か15日までで、逆探知は撤収、NTTの職員は「変だなあ?」と思いながらも警察の指示に従ったという。

警察のミスじゃないの?

時効となった今では、分かりませんがネットを調べてみると、警察のミスを指摘するサイトが多い。群馬県・長野局からの電話という事を警察は言っているが、逆探知が成功すれば、もっと正確な情報が分かるはずで、アバウト過ぎる。

群馬県・長野局からの電話という情報は、後からNTTに通話履歴を調べさせて分かった情報であって、別に逆探知した情報でもなんでもない。ひょとして、逆探知自体一度も行なっていないのではないか?という意見もありました。

マイケルジャクソンも心を痛めた

この捜査のミスに関しては、今となっては全く分かりません。しかし、この事件を調べていると、警察は不祥事があれば隠蔽する体質だという事を指摘する人が結構いました。何か、テレビでやっているドラマや、ワイドショーでよく見る隠蔽事件の様です。日本は昔から隠蔽する体質なのでしょうか?

実はこの事件が起こった年、マイケルジャクソンが来日していた、コンサートツアーを行うマイケルは、自身のコンサート中にこの功明ちゃんの事件についてコメントして、2万ドルを寄付しています。小さな子供が犠牲になった事件に対して、マイケルジャクソンは大変心を痛めたという。

関連記事

関連記事:映画「恋の罪」の元となった東電OL殺人事件の真犯人は誰だ?

関連記事:映画冷たい熱帯魚の元になった事件「埼玉愛犬家連続殺人事件」が極悪過ぎる!こんな悪人見た事無い

関連記事:日本で一番悪い奴ら原作「恥さらし」の「稲葉事件」は闇深

関連記事:冷たい熱帯魚 (ネタバレあり)グロイシーン、怖いシーンまとめ

関連記事:ヒミズ、二階堂ふみ・染谷将太の映画(ネタバレあり)は震災が賛否両論

関連記事:誰も知らない(ネタバレ)あらすじとそのラスト、ネグレクト事件の実話


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする