ゴルフ歴代最強ゴルファーランキング1番凄いゴルファーは誰?

ゴルフ歴代最強ゴルファーランキング

ゴルフ盛り上がってますね。

松山英樹選手の活躍もあり、最近のゴルフ人気は凄いですね。

 

という事で、今日はゴルフというスポーツの歴史の中で、

誰が一番強かったのか?

 

という事を書きたいと思います。

 

特にこれから、ゴルフをしてみようと思っている人とか、

新たにファンになった人が、

こんな凄い選手がいたんだという事を、

知っていただける機会になればいいなと思います。

 

今回、最強ゴルファーランキングという事で、

ゴルフ史上この人が最強なんじゃないの?

と言われている人を紹介します。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

最強ゴルファーランキング

メジャー勝利数ランキング第1位

ゴルフのメジャー大会は、全英オープン、全米オープン、

全米プロゴルフ選手権、マスターズ・トーナメントの事を言います。

 

このメジャー大会全て優勝する事をグランドスラムといいます。

また、この4大タイトル全てで3勝以上あげる事を、

トリプルグランドスラムと言います。

ジャック・ニクラス

出典:goo.gl/gji3eT

生年月日 1940年1月21日 出身地 コロンバス

メジャー18勝は歴代1位、日本では「帝王」と呼ばれ多くのファンがいる。

史上最強のゴルファーとも呼ばれている。

トリプルグランドスラム達成者

日本ではジャック・ニクラウスと呼ばれているが、

ニクラスが正しいらしい、メジャー18勝のうちわけは、

全英オープン3勝、全米オープン4勝、マスターズ6勝、

全米プロゴルフ選手権5勝という、凄い記録です。

 

因みにメジャーの勝利数第2位は、

みなさんご存知のタイガー・ウッズ選手で、メジャー13勝です。

 

タイガー・ウッズが語った、ジャック・ニクラスの凄さ。

1.優勝がかかった場面でも、予選でもゴルフに対する姿勢が変わらない

2.パッティングが凄い、これで決まるというパッドでも殆ど外さない、

プレッシャーに強すぎ

3.長期間に渡って強い、ずーっと強い

メジャー勝利数ランキング

1位 ジャック・ニクラス (18回)

2位 タイガー・ウッズ (14回)

3位 ウォルター・ヘーゲン (11回)

4位 ベン・ホーガン (9回)

4位  ゲーリー・プレーヤー (9回)

5位 トム・ワトソン (8回)

(スポンサーリンク)




世界ゴルフランキング第1位保持最長記録

メジャーな大会に参加する、

出場資格にゴルフランキング50位以内に入らないといけないとか、

日本の松山英樹がランキング4位に入っているだとかで、

聞いた事がある人もいるのではないでしょうか。

 

ゴルフランキングは、PGAツアー、ヨーロピアンツアー、

など、様々なゴルフツアーの成績を元にポイントが算出され、

そのポイントでランキングが決定している。

タイガー・ウッズ

出典:goo.gl/S1oBWc

生年月日 1975年12月30日 出身地 カリフォルニア州サイプレス

世界ゴルフランキング第1位の保持最長記録 683週

因みに第2位は、グレグ・ノーマンの331週

歴代メジャー優勝回数は、ジャック・ニクラスに次いで第2位(14回)

メジャー14勝のうちわけは、全英オープン3勝、全米オープン3勝、マスターズ4勝、全米プロゴルフ選手権4勝

トリプルグランドスラム達成者

生涯獲得賞金1億ドル突破 第1位

史上最年少記録を次々打ち立てて、タイガー・ウッズこそが最強と言われる程のスーパースターだった。不倫スキャンダルや、薬物使用疑惑などで、後半いいイメージは無いが、活躍していた時は、まさに最強と言っても間違いなしです。

世界ゴルフランキング

1位 タイガー・ウッズ (683週)

2位 グレグ・ノーマン (331週)

3位 ニック・ファルド (97週)

4位 ローリー・マキロイ (95週)

5位 セベ・バレステロス (61週)

 

PGAツアー最多優勝回数ランキング

PGAツアーとは、アメリカの男子ゴルフツアーを運営する団体のトーナメントです。松山英樹や石川遼も優勝した事があるので、名前を知っている人も多いのではないでしょうか。

サム・スニード

出典:goo.gl/mDbkR4

生年月日 1912年5月27日 出身地バージニア州アシュウッド

PGAツアー 通算82勝は歴代1位

マスターズ3勝、全英オープン1勝、全米プロゴルフ選手権3勝

サム・スニードは、バイロン・ネルソン、ベン・ホーガンと同時代に活躍したレジェンドゴルファー、PGAツアー通算82勝は、2位のタイガー・ウッズの79勝を抑えて、堂々の1位。

67歳の時にPGAツアー唯一のエージシュートを達成、

エージシュートは、自分の年齢以下の打数でフォールアウトする事。

その時の記録は67、サム・スニードが凄いのは、

一度だけも凄いエージシュートをその2日後に66で達成している。

PGAツアー通算勝利数ランキング

1位 サム・スニード (82勝)

2位 タイガー・ウッズ (79勝)

3位 ジャック・ニクラス (73勝)

4位 ベン・ホーガン (64勝)

5位 アーノルド・パーマー (62勝)

ヨーロピアンツアー勝利数ランキング

ヨーロピアンツアーは、PGAツアーに次ぐ規模を誇っています。

アジア、アメリカ、アフリカなど五大陸、

26カ国で行われるゴルフツアーです。

 

このヨーロピアンツアーは、なんと言っても賞金の多さが特徴です。

2009年から導入された、「レース・トゥ・ドバイ」

賞金額に応じてポイントが加算、

上位60名が最終戦DPワールド・ツアーチャンピオンシップ・ドバイに出場する事ができます。優勝総額9億8千万円、

また、ツアー全日程が終了後、

レース・トゥ・ドバイ上位15選手に7億8千万円が分配される。

セベ・バレステロス

出典:goo.gl/uWDSGo

生年月日1957年4月9日 出身地 スペイン カンタブリア州ペドレーニャ

ヨーロピアンツアー勝利数50は歴代1位、2位は、ベルンハルト・ランガーの42。

「セベ」の愛称で親しまれた選手

マスターズ2勝、全英オープン3勝、日本オープン2勝。

天才ゴルファーとも呼ばれるセベ・バレステロス、

16歳でプロになり、19歳で欧州ツアーの賞金王になった。

 

セベと言えば、「駐車場ショット」が有名、全英オープンで、

グリーンが見えない、駐車場の土の上からピンに寄せてバーディーを奪った。

ヨーロピアンツアー勝利数ランキング

1位 セベ・バレステロス (50勝)

2位  ベルンハルト・ランガー  (42勝)

3位  タイガー・ウッズ (40勝)

4位 コリン・モンゴメリー  (31勝)

5位 ニック・ファルド (30勝)

スポーツの記事のまとめページ

スポーツの記事のまとめページ/記事一覧
野球、サッカー、ゴルフ、テニス、柔道、空手、水泳、格闘技など、 このブログのスポーツのジャンルの記事をまとめたページです。

 

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:女子テニス日本人歴代世界ランキング順位、四大大会で活躍したのは誰?

関連記事:ワールドカップ歴代の得点王 は誰だ!FIFAワールドカップの歴史

関連記事:日本人歴代最強投手は誰だ?プロ野球史上最強ピッチャーはこいつだ!

関連記事:日本シリーズ歴代記録、優勝チーム、監督、MVP<プロ野球>

関連記事:水泳女子歴代日本人金メメダルは以外に少ないんだね