ドクターX歴代視聴率ランキング、1番高視聴率を取ったのはこの話だ!

ドクターX〜外科医・大門未知子〜は、

米倉涼子が主演の人気ドラマです。

 

主人公の大門未知子は、一匹狼の凄腕の外科医で、

病院の派閥に属さず、組織に反抗的な態度を取って、

ピンチに陥りますが、

 

最終的には、どんな困難な手術でも成功させ、

病院の院長の鼻を明かして、スッキリと勝利するという、

毎回のパターンなのですが、

これが見ていて、とても安心出来る、

そして面白いという素晴らしい作品です。

出典:goo.gl/ZfVGwC

「私失敗しないので」のセリフは有名です。

 

大門未知子のモデルは意外ですが、

柔道の「野獣」と呼ばれたメダリストの松本薫。

 

「私ミスしないの」と番組のインタビューで話す松本に由来している。

 

毎回視聴率は高視聴率を獲得するのですが、

過去の歴代作品、

シーズン1からシーズン4までの作品の中で最も視聴率のあった、

お話ベスト5を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ドクターX歴代視聴率ランキング

いきなり歴代第1位

視聴率 27.4%

シーズン3 最終回 11話

「私はたった一人の大好きな人のオペがしたいんだよ!」

ストーリー

名医紹介所の所長である神原晶(岸部一徳)が倒れた、

美知子に内緒で美知子の国立高度医療センターに極秘で入院していた。

彼は、肺がんに侵されていて、脳にも転移、

狭心症の症状も、絶望的な症状だった。

 

美知子は晶にオペのさせてくれと申し出るが、

晶はもう治らないと言い、美知子の提案を拒否、

そんな時西京大学病院の蛭間重勝(西田敏行)が、

国立高度医療センターにやってきた。

 

彼も癌に侵されていた。

 

蛭間は美知子にオペを頼むが、美知子はこれを拒否する。

 

国立高度医療センターの総長天堂義人(北王子欣也)は、

国家レベルの新組織、日本医療産業機構の初代理事長に就任し、

国内の医師の頂点に登りつめた。

 

西田敏行の手術の時のアドリブの演技は傑作。

(スポンサーリンク)




第2位

視聴率 26.9%

シーズン2 最終回 9話

「患者さんにとって、オペは最後のチャンス。だからそれに勝ち続けること。

それが私の夢。」

 

ストーリー

村田九留美(本田望結)の手術を帝都偉大で行われる事になったが、

その手術は、6つの臓器を全て身体の外に取り出して、

処置をするという、日本でも手術例がない、超困難な手術、

美知子1人の力では、成功させる事が出来ない。

 

帝都大の先端技術、そして人材が必要な手術。

 

九留美は悪性の筋繊維芽細胞腫を患っていた。

 

そんな手術の直前、蛭間統括部長は、

手術の中止を言い渡し、さらに美知子にクビの宣告を言いわたす。

 

このままでは、九留美の手術が出来ずに九留美は死んでしまう。

 

美知子はこの状況をひっくり返す為に、

ある男に会いに行く。

第3位

視聴率 24.8%

シーズン3 10話

「汚い手術はしたくない」

ストーリー

国立高度医療センターに、

国会議員の十勝喜子(ジュディー・オング)が入院してきた。

 

彼女は、次期厚生労働大臣と目される実力者、

なんとか手術を成功させたい天堂(北王子欣也)は、

富士川(古田新太)のチームに美知子を組み込もうとする。

 

美知子はこの申し出をキッパリと拒否するが、

天堂と富士川は美知子の協力がないと、

成功する事は出来ない事から、

富士川は名医紹介所の晶(岸部一徳)に前金を渡し、

天堂は高額な手術費を支払って来た事や、

今回の手術代はすでに支払っていると聞かされる。

 

お金の事を全く知らない美知子は、

晶が自分の稼ぎをピンハネしていると思い、疑念を持つ。

第4位

視聴率 24.4%

シーズン1 最終回 8話

「手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。

助けなきゃいけない病人がいるだけ」

ストーリー

段田安則演じる第2外科部長、

鳥井の肝門部胆管ガン手術が行われている手術室に現れた美知子は、

鳥井が書いた手術の同意書も持って来て、

手術をしようとしていた土方(山本耕史)を手術室から追い出し、

鳥井の命を救った。

 

見学室には、大勢のマスコミと一緒に、

怒りに震える毒島院長(伊東四朗)がいた。

 

そして、そこに本院の勅使河原主任教授(小林稔侍)が現れ、

毒島にこの事の苦言を呈する。

 

毒島は、この時のマスコミの中にいた人間に、

お金を渡し、フリーの医者ドクターXが手術していると、

週刊誌で報道する様に仕向ける。

第5位

視聴率 24.3%

シーズン 4  3話

「20年前の医療ミス!?不倫相手のお腹の秘密」

ストーリー

たい焼きを買う為に並んでいた美知子は、財布を拾う、

警察に届けた美知子の元へ数日後、

財布を拾ってもらったお礼に須山三佐江(松下由樹)が挨拶に訪れる。

 

帰ろうとした三佐江だったが、そこで、

西園寺(吉田鋼太郎)を見かける。

 

三佐江は東帝大で最もランクの高い人間ドックをお礼だと申し込む。

 

最高ランクのVIPコースを申し込んだ三佐江だったが、

副院長の久保東子(泉ピン子)は、

その日は政治家のVIPコースの人間ドックが入っている為、

勝手に人間ドックを受け付けた、美知子に激怒する。

 

もし高額なお金を三佐江が支払えなかったら、

責任を取れと美知子に言い放つ。

 

ドクターXシーズンごとの平均視聴率

シーズン1 (2012年作品)

平均視聴率 18.9%

シーズン2 (2013年作品)

平均視聴率 22.7%

シーズン3 (2014年作品)

平均視聴率 22.8%

シーズン4 (2016年作品)

平均視聴率 21.5%

シーズンごとの舞台となる病院

シーズン1

帝都医大第三病院

シーズン2

帝都医大本院

シーズン3

国立高度医療センター

シーズン4

東帝大学病院

シーズン5

東帝大学病院

(スポンサーリンク)




おすすめ記事

おすすめ記事:松たか子の映画「告白」あらすじ(ネタバレ注意)ワースト映画に選ばれた理由、感想も紹介

おすすめ記事:三上博史の現在がヤバイ!イケメン俳優の元祖、若い頃はドラマ出まくり!

おすすめ記事:深田恭子の彼氏・過去から現在の男性遍歴、肉食最強伝説

おすすめ記事:女子テニス日本人歴代世界ランキング順位、四大大会で活躍したのは誰?