FXと何か?株との違いは?わかりやすく、簡単に言えば何なの?

2018年11月6日

FXと何か?株との違いは?簡単解説

 

FXって、時々聞くけど一体何なの?

金融関係のお金儲けというイメージはあるのだけど、詳しく調べた事がないから分からない、

株とどう違うの?

と思ってこのページを読んでいる人もいるのではないでしょうか?

今日はFXとは何なのか?

という事をしっかりとお伝えしたいと思います。

この記事を最後まで読めば、FXという物の全てを理解していただけると思います。

そして、FXを理解する事により資産運用の1つとして、

FXが選ばれている理由も理解出来るのではないかと思います。

スポンサーリンク

FXとは、分かりやすく簡単に言えば何なの?株と違うの?

株とFXの違い

出典:goo.gl/sbXYn8

 

株式投資は企業の発行した株の値段の変動を利用して儲ける投資。

FXは為替相場の変動を利用して儲ける投資です。

 

株は企業が発行します。

例えばある企業が1株100円で株を売り出しました。

 

買う人は企業に100円払って買います。

 

買った人は1株100円で買って、

200円になって売ったら100円儲かります。

これが株式投資です。

 

FXは為替相場で儲けます。

 

1ドル100円だったとします。

 

100円払って1ドル買います。

その後1ドル200円になったとします。

 

200円になった1ドルを円に戻せば100円儲かります。

 

これがFXです。

 

株価も為替も常にその価格は変動しています。

その差額を儲けるという事ですね。

 

勿論損する事も当然あります。

FXとは何の略?

FXはforeign exchangeから来ています。

foreign 外国

exchange 為替(かわせ)

ドルと円、1ドル110円の時に円からドルに交換しました。

その後1ドル120円にドルが値上がりしました。

値段が上がったので、ドルから円に交換しました。

10円儲かりました!

という事をやっている世界があるのです。

 

ニュース番組の終わりに、株価と共に、為替相場、

1ドル110円32銭で取引されていますとか、言う場面があると思います。

この為替相場は、常に変動しています。



為替相場(かわせそうば)の値動きを利用した金融商品

日本で一般的に言われているFXの正式名称は、

「外国為替証拠金取引」(がいこくかわせしょうこきんとりひき)です。

証券会社などのFX業者に証拠金を預けて、外国の通貨を買ったり、

売ったりしてお金を増やす事を目的に行うものです。

FX業者でFXの口座を開設すると、すぐに、FXの取引が可能になります。

主なFX業者

■DMM.com証券

■外為どっとコム

■GMOクリック証券

■外為オンライン

(もっとたくさんあるのですが、省略します)

など、結構テレビでコマーシャルを行なっているので、名前位は聞いた事があるのではないでしょうか。FXを始めるには、この様な業者の口座を開設して、お金を口座にいれれば、

取引する事が出来る様になります。

どうやって取引するのか?

FX業者は、取引するツールを用意しています。パソコンで取引するソフト、

あるいは、スマホやタブレットなどで、売りや買いなどの命令を出すツールが用意されています。

※DMMFXのアプリの画面

この写真を見ると、相場の動きを表す、チャートが中央にあるのが、

お判りいただけるでしょうか?

このチャートはリアルタイムで上がったり、下がったりを繰り返しています。

たくさんの人がその通貨を買えば、その通貨の価値は上がり、手放せば下がります。

通貨の価値が今より上がると思えば、その通貨を買い、下がると思えば、その通貨を売り。

予想通り値上がりすれば、そこで売り利益を取ります。

予想通り値下がりすれば、買い戻し利益を取ります。

どの位儲かるのか?レバレッジとは?

FXにはレバレッジというものがあります。日本のFXのレバレッジは最大で25倍です。

持っているお金の25倍のお金を動かす事が出来るのです。

1ドル100円が110円になったとしても、10円しか儲かりませんが、10000ドル持っていれば、

10万円の儲けになります。実際に持っているお金よりも多額のお金を取引して、

その利益を得る事が出来るのです。株の信用取引にも、レバレッジはありますが、

株の場合は3倍まで、FXとはかなり違いますね。

リスクは?どの程度危険なのか?

FXで大損したとか、親の貯金を勝手に使って、1000万溶かしたとか、ネットで見た事がある人もいると思います。FXは怖いな〜というイメージがあるかもしれません。

しかし、FXはFXの口座に入金した金額が大幅に減ってしまう事はありますが、

口座に入れた金額以上の損は基本的にありません。

10万円口座に入れて取引していたとして、11万円損をするというめったにない。

FXにはロスカットという物があり、自分が持っている通貨が下落して、

どんどん損失が増えていった場合、自分の口座にいれている証拠金が20%になってしまった場合、強制的にその場で決済されてしまい、それ以上の損にはならないのです。

ただし、相場が急変しロスカットが作動しない場合が稀にある、

リーマンショック級の大暴落があった場合とかです。

なので、初心者の方は注文と同時に損切りも一緒に設定しておくと安心です。

FXは9割負けていると聞くが本当か?

GMOクリック証券が運営しているトレードアイランドというものがあります。

これは、GMOクリック証券に口座を持っている人であれば、

誰でも参加出来るトレーダーのランキングです。どれだけ儲けているか、

どれだけ負けているかなどを見る事ができます。

2017年の10月現在 17810人が参加しています。

※GMOクリック証券クリックアイランド

勝っている人:2804人

負けている人:3133人

プラスマイナスゼロ:11873人

確かに負けている人の方が多いですが、9割負けているというのは、

間違いの様です。

FXを初心者が始める手順

1.FXの基礎知識を入門本などで学ぶ

必要最低限の知識は必要です。用語などもあるので、初心者向けの本などを一冊買って読んでみる事をおすすめします。初心者向けのFXブログなども読んでみるのもいいかもしれません。

2.手数料が安く、少額でもトレード出来るFXの口座を開設する

FXの口座を開設するのであれば、安い金額から出来て、スプレットと呼ばれる、手数料が安い業者を選ぶのがおすすめです。国内で一番スプレットが安い業者、少額(1通貨)から始められるという条件から、SBIFXトレードがおすすめです。

3.デモトレードしてみる

口座を作ったからと言って、すぐに始めたいところですが、無料でFXが体験出来る、デモトレードという物があります。まずそこで、練習をして、これならいけるという確信を持ってから、始めましょう。

4.自信がついたら、お金を実際に口座に入れてトレードする

最初から大金を入れるのではなく、1万円位からでも始める事が出来るので、安いお金で始めてみましょう。

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:ビットコイン まだ上がるか?下落した時が狙い目だ!

関連記事:半導体とは何なのか?分かりやすく簡単に小学生でも分かる説明できるか?

関連記事:ブログとは何か?何を書けばいいのか、読めばブログの全てが解る

関連記事:高速道路のカメラがスピード違反で光った時の疑問を全て解説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク