護身術格闘技おすすめはこれだ!自分の身は自分で守る

護身術格闘技でおすすめは?

 

護身術

最近暴力事件が多いですね。

本当に怖い!。

 

車を運転していたら、進路を邪魔されて、

車から引きずり出されるなんて事件もありましたが、

高速道路も戦場です。

 

もし、そんな時、家族が助手席に座っていたり、

恋人が同じ車に乗っていたりしたら、どうしますか?

 

理不尽な暴力が、

突然あなたの身に降りかかる事が、

あるかもしれません。

 

そんな時、黙ってやられるのではなく、

自分の身は自分で守りたいと、私は思います。

 

で、今日は護身術に最適な格闘技は何か?

という事を書きたいと思います。

 

昔から、格闘技と言えば、

柔道や空手、合気道など日本では一般的ですが、

 

日常の暴力に対抗するという意味で、

最も効果的な格闘技は何なのか?

 

実戦的な格闘技は何なのか?

という事を考えました。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

護身術に最適な格闘技は?

実戦と競技の違い

先ほどもお話したが、

日本には昔から色々な格闘技がある。

 

誰でも一度は耳にした事がある格闘技は、

柔道、空手、合気道ではないでしょうか。

 

しかしこれらの格闘技には、

実戦を語る上で致命的とも言えるルールがあります、

例えば柔道、柔道は殴ったり、蹴ったりという、

いわゆる打撃技がありません。

 

相手がいきなり、顔面を殴ってきた時、

その打撃に対応する練習を普段から行わないので、

いざ実戦になった場合、普段から練習してないのに、

突然のトラブルで、打撃を回避出来るとは思えません。

 

相手を掴む前に、殴り倒されたり、

刃物で刺されるかもしれません。

 

また、空手は顔面を直接殴ってはいけないルールになっています。

中には、特殊な防具を付けて、

顔面を殴りあう空手もありますが、

一般的ではありません。

 

また、空手には投げや関節技がありませんので、

体力の有る相手に掴みかかられ、

組み伏せられた場合、為す術がありません。

(スポンサーリンク)




 

合気道も護身術として有名ですが、

自分から相手に殴りかかったりしないし、

相手に掴まれてから、相手をコントロールする技なので、

実戦で使うには、

かなりのレベルまでいかないと使えないんじゃない?

と思ってしまいます。

なので、達人レベル、柔道の達人、空手の達人、

合気道の達人ともなれば、

どんな相手が来ても大丈夫だと思いますが、

 

そんな達人になれる人は一握りだと思いますし、

なおさら、非力な女性が学ぶという事になると、

ちょっと難しそうです。

 

なので、普段の練習から、

顔面への打撃への対応など実戦的な練習をしていないと、

突然襲われた時などに、

力が発揮できないのではないでしょうか。

打撃の重要性

実際のストリートファイトを想定した場合、

いきなり掴みかかってきて、

投げ技を仕掛けてくる事は余り考えられないのではないでしょうか。

 

やはり、いきなり殴りかかってくる事が想定されます。

 

その打撃の攻防が終わって、掴み合いになった時始めて、

投げや関節が生きて来ると思います。

 

なのでまず、その打撃を避けるか、かわして、

こちらも迎撃する打撃を放つのが、

通常ではないでしょうか。

 

また、第1撃をかわしても、

すぐに第2撃が飛んで来る事が考えられますので、

掴んで投げを出す時間がありません。

相手が連続してパンチを放って来た場合、

打撃でボコボコにされて、

ノックアウトされてしまう心配もあります。

 

なので、まずは、相手の打撃をかわして、

こちらも打撃で反撃する必要があります。

 

で、あればボクシングがいいのではと思ってしまいますが、

ボクシングは、上半身の打撃だけで、組みつかれた場合や、

蹴り技が無い為、あらゆる状況を考えた場合、

対応出来ない事も多いのではないかと考えます。

出典:goo.gl/XRpobN

まあ、本当に強いボクサーは、動きが早くて、

蹴ったり、掴んだりするのは至難の技だと思いますが、

今回は、一般人、ど素人、女性などが、

不当な暴力とどう戦うかという観点なので、ご了承ください。

実戦的な格闘技3選

日本拳法

日本拳法は、柔道に空手の打撃の技術を取り入れて作られた、

日本で生まれた格闘技です。

 

打撃、投げ、関節技、

倒れた相手への打撃も認められている、

実戦的な格闘技です。

 

実際に自衛隊で訓練が行われている、

自衛隊格闘術の打撃の技術は、

日本拳法を元に作られています。

 

テロや犯罪者と戦う最前線にいる自衛隊の隊員が実際に学び、

鍛錬されているのが、日本拳法の技術なのです。

 

日本拳法は、顔面を守る為の面、ボディをガードする為の胴、

拳を守る為のグローブを付けて戦う。

 

試合は防具を付けている所以外を、

攻撃したら反則になるので、

安全性が保たれている。

 

なので、脚への蹴り、ローキックは認められていないが、

足払いは認められている。

 

倒れた相手へ、

いわゆる4点ポジションからの膝蹴りなども認められていて、

かなり自由度は高い。

 

格闘技の試合で見た事がある人もいるのではないでしょうか。

こんなやつです。

出典:goo.gl/1Wa847

※4点ポジションは両手、両足、両肘、

両膝の内の4点が地面に着いた状態。

 

日本拳法を作った人は、元々柔道の選手だったが、

打撃の必要性を感じて、空手を柔道に取り入れ、

「古代ギリシャの格闘技パンクラチオンを、

防具などで安全性を高めたものと言える」と語っている様に、

とても実戦的な格闘技です。

2013日本拳法白虎会優勝大会 男子三段以上の部 グランドチャンピオン決定戦

システマ

システマはロシアの軍隊格闘術です。

あらゆる場面を想定した、

超実戦的な武術と言われています。

 

元々この技術は、ソビエトの独裁者スターリンのボディーガードだった男から、

このシステマの創設者が学んだ技術を、

体系化した物と言われています。

 

軍隊が学ぶ格闘技なので、

ナイフや槍、銃などの攻撃を想定しているので、

相手が武器を携帯していたとしても、

反撃が可能です。

 

どんな戦い方をするのか説明するのが、難しいので、

動画を見ていただきましょう。

【衝撃】 韓国人による「システマ」世界最強ロシア軍隊格闘術のセミナーが達人すぎてヤバい・・・

システマは、技術的な技よりも、

体の使い方の原理を習得する事に重点が置かれているそうです。

 

その体の使い方は、常にリラックスして脱力して、

呼吸をし続ける。

 

そして姿勢をまっすぐに保ち、

移動し続けるという事です。

 

こんな人と間違っても喧嘩したくないですね。

ジークンドー

ジークンドーは、ブルースリーが開発した格闘技です。

 

その技術は超実戦的、通常の格闘技では禁止されている、

目潰し、金的への攻撃、喉への攻撃も想定している。

 

ジークンドーは相手を6秒で倒すという思想の元作られている。

 

これは、ブルースリーが指導していた、

クンフーの道場に来た、道場破りと戦った時、

相手を倒すまでに3分かかった事から、

時間がかかり過ぎた事を反省した事に由来しています。

 

ジークンドーの技術は、

他の格闘技から取り入れた動きも多い。

 

レスリング、ボクシング、サバット、

フェンシング、柔道などが取り入れられている。

中村頼永 師父 – ジークンドー – 02 – ブルース・リー師祖の技術

めちゃくちゃ実戦的ですね。

 

路上のストリートファイトを念頭に置いているのがよく分かります。

この人は凄い人で、

岡田准一も指導を受けている有名な先生ですね。

最後に

凄かったですね。

動画を見ていたら、自分も強くなった様に感じになりますね(笑)

突然ふりかかる暴力は、どんな形で自分を襲ってくるか分かりません。

あらゆる自体を想定して準備しておきたいですね。

ケンカに関する記事まとめ

ケンカに関する記事のまとめページ/記事一覧
ケンカの勝ち方、テクニック、格闘家のケンカエピソード、ケンカで使える武器、各業界のケンカ屋達のエピソード、ケンカ最強を目指すならチェック 降りかかる火の粉は自分で払う、最も護身術で役に立つ格闘技は何なのか? について書い...

 

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:喧嘩最強格闘技はこれだ!空手?柔道?ボクシング?禁じ手は全て解禁?

関連記事:マークハントのUFCの戦績、強いオッサンの伝説を見ろ

関連記事:ヒョードル全盛期が最強の理由、ヒョードルの全盛期に勝てる奴はいない?

関連記事:アリ対猪木のルールとは?真相とは?猪木の唯一ガチで行われた異種格闘技戦が凄過ぎる

関連記事:最強ボクサー !ヘビー級歴代最強ボクシング選手は誰だ!

関連動画:花形敬、力道山もビビって逃げたステゴロ最強の男とは?