ミドル級史上最強ボクサーは誰だ!?最強王者の歴史

村田諒太選手が念願のミドル級の世界チャンピオンになりましたが、長いボクシングの歴史の中でミドル級最強のボクサーとは誰なのか?という疑問が湧いたので、色々調べてみました。ミドル級は最も層が厚く、チャンピオンになるのが困難な階級と言われています。

ましてや、日本人には絶対不可能と言われた言われた階級でしたが、竹原慎二が初めてチャンピオンになり、2017年の10月に村田諒太がチャンピオンになったわけです。

そんな最も層が厚いと言われる階級で誰が一番強いのか?最強と言われている選手達を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミドル級歴代最強ボクサー候補

シュガー・レイ・ロビンソン

生年月日:1921年5月3日

通称:オールタイム・パウンド・フォー・パウンド、拳聖

身長:180㎝

リーチ:184㎝

175勝 19敗 6分 109KO KO率62.2%

タイトル

NBA(WBA)世界バンタム級王者

NBA(WBA)世界ミドル級王者5度獲得

シュガー・レイ・ロビンソンはボクシング界のレジェンドボクサーです。ボクシングや格闘技でよく使われる言葉に「パウンド・フォー・パウンド」というものがあります。これは、階級制のある格闘技において、体重差がない状態で全階級のファイターの中で最も優れた選手は誰かという概念です。

80年代では、マイクタ・イソン、現在では、マニー・パッキャオ、フロイド・メイウェザー・ジュニアなどの名前が上がりますが、この言葉は、もともと、シュガー・レイ・ロビンソンの強さを讃える為に作られた言葉です。

モハメド・アリやシュガー・レイ・レナードに影響を与えたボクシングスタイルを持ち、次々と強豪選手と戦い、ことごとく打ち破ってきたレジェンドボクサーです。

カルロス・モンソン

生年月日:1942年8月7日

通称:Escopeta

身長:181㎝

リーチ:190㎝

89勝 3敗 9分 69KO KO率 77.5%

タイトル

WBA世界ミドル級王者 防衛14度

WBC世界ミドル級王者 防衛9度

カルロス・モンソンは元WBA、WBCの統一王者です。無尽蔵のスタミナとタフネスで、世界タイトルを14回防衛しました。14回目の防衛戦で勝利したあと、「もうリングの中で証明するものは何もない」と言い、統一王者のまま引退した伝説のチャンピオンです。

右のストレートはライフルと呼ばれていたのですが、それほどの強打者でもなく、単調な動きで、試合の動画などを見ると、とても伝説のチャンピオンの動きには見えない、一見したら、大した事ない様に見えるのですが、モンソンには誰も勝つ事が出来なかった。

マービン・ハグラー

生年月日:1954年5月23日

通称:マーベラス

身長:177㎝

リーチ:191㎝

62勝 3敗 2分け 52KO KO率83.8%

タイトル

WBA世界ミドル級王者 12回防衛

WBC世界ミドル級王者 12回防衛

IBF世界ミドル級王者 5回防衛

スキンヘッドと鍛え抜かれた筋肉質なボディが印象的なハグラーは、トーマス・ハーンズ、ロベルト・デュラン、シュガー・レイ・レナードらと共に、80年代中量級の黄金期を作った選手です。ミドル級の統一王者として12回防衛に成功、鉄壁のガードと打たれ強さを持ち、抜群の試合運び、そして強打と非の打ち所がない印象から「ミスターパーフェクト」と呼ばれた。

ハグラーはチャンピオンになっても、派手な生活や言動は好まず、時間があれば練習するというストイックな男でした。ハグラーこそが、ミドル級史上最強のチャンピオンだと言っているボクシングファンは多い。

バーナード・ホプキンス

生年月日:1965年1月15日

通称:死刑執行人・宇宙人

身長:185㎝

リーチ:191Kg

55勝 8敗 2分 2無効試合 32KO KO率58.1%

タイトル

WBA世界ミドル級王者 6回防衛

WBC世界ミドル級王者 7回防衛

IBF世界ミドル級王者 20回防衛

WBO世界ミドル級王者 1回防衛

その他、WBC WBA IBFライトヘビー級王者

2001年の9月にWBA WBC IBFの統一チャンピオンになり、その後、2004年9月にオスカー・デ・ラ・ホーヤを破りWBOのタイトルも奪取し、史上初めて、主要4団体のタイトルを統一した。デラホーヤに放った強烈なボディ、デラホーヤは苦痛に顔を歪めて転げ回っていたのが、印象的です。

また、2014年の4月に49歳3ヶ月でWBA世界ライトヘビー級スーパー王者を獲得して最年長王者獲得記録を持っています。因みにホプキンスの前は、ジョージフォアマンが、45歳9ヶ月という記録を持っていましたが、ホプキンスはフォアマンの記録を大きく塗り替えています。試合運びがとても上手で、相手の持ち味を消してしまう、老獪なテクニックを持っている選手です。

ロイ・ジョーンズ・ジュニア

生年月日:1969年1月16日

通称:ジュニア

身長:180㎝

リーチ:188㎝

63勝 9敗 46KO KO率73%

タイトル

IBF世界ミドル級王者 防衛1回

IBF世界スーパーミドル級王者 防衛5回

その他、WBC WBA IBFライトヘビー級王者、WBA世界ライトヘビー級スーパー王者、WBA世界ヘビー級王者

ミドル級出身のボクサーで、ヘビー級のチャンピオンになった史上2人目の選手、ミドル級、スーパーミドル級、ライトヘビー級、ヘビー級と四階級を制覇した。桁外れの身体能力から繰り出される、圧倒的なスピードを持つパンチ、腕を後ろに回して、相手のラッシュをかわすといった、防御力を持っている。

試合を見た印象は、とにかくスピードが早いという事、ライトヘビー級の時でも、ミニマム級の選手より、動きが早いと言われていた程です。長年に渡り、パウンドフォーパウンド最強と言われていた選手。

ゲンナジー・ゴロフキン

生年月日:1982年4月8日

通称:GGG(トリプルジー)

身長:179㎝

リーチ:178㎝

37勝 無敗 1分 33KO KO率 89.1%

タイトル

WBA世界ミドル級王者 防衛18回

WBC世界ミドル級王者 防衛7回

IBF世界ミドル級王者 防衛4回

KO率80%を超える、とにかくパンチの破壊力がハンパない選手です。今ミドル級で最も強いと言われている選手、プロとアマを通じて、ノックアウトやストップによる負けは一度もありません。

村田諒太は2014年当時ミドル級の13位だった時、ゴロフキンのキャンプに参加した事がある、そしてその時ゴロフキンとスパーリングも行なっている。その時村田は、「ゴロフキンのパンチは、今までに体験した事がない、硬さだった」と語り、その他、強弱や、角度、内、外の打ち分け、ディフェンス、全てにおいて、凄いと語っている。

関連記事

関連記事:最強ボクサー !ヘビー級歴代最強ボクシング選手は誰だ!

関連記事:歴代最強日本人ボクサーランキング、日本人最強は誰だ?

関連記事:赤井英和VS前田日明喧嘩最強伝説!2人のエピソードは嘘?

関連記事:ヒョードル全盛期が最強の理由、ヒョードルの全盛期に勝てる奴はいない?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする