井伊直弼の桜田門外の変、暗殺は何故起こったのか、分かりやすく

 

桜田門外の変は安政7年3月3日に江戸城の桜田門外で、

大老の井伊直弼(いいなおすけ)が、

水戸藩を脱藩した17名の男たちと薩摩藩の1名の男に殺された事件です。

 

井伊直弼は、彦根藩の行列の駕籠(かご)から引きずり出されて、

首をハネられました。

 

何故、この桜田門外の変は起こったのでしょうか。

 

何故暗殺されなければいけなかったのでしょうか。

 

という事で、出来るだけ簡単に、

現代風にお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

井伊直弼の暗殺、桜田門外の変は何故起こったのか?

その時、幕府は2つの派閥が揉めていた

一橋派(ひとつばしは)VS南紀派(なんきは)

殺される井伊直弼は南紀派です。

そしてもう一方の派閥、一橋派。

中心人物は徳川斉昭(なりあき)水戸藩9代藩主

 

揉めてる内容

1.将軍が病気でかなり体調が悪い状態で、

後継もいないので、跡目問題で揉めている。

 

一橋派 一橋慶喜(徳川斉昭の息子)を推薦
南紀派 徳川慶福(紀州徳川家藩主)を推薦

 

2.鎖国中の日本にアメリカから、

貿易しようぜと迫られていた。

アメリカから、ハリスというおじさんが軍艦で圧力をかけてきているが、

幕府の中には、開国反対派と賛成派で揉めていた。

 

一橋派の中心人物、徳川斉昭は開国反対派(攘夷派)

井伊直弼は開国派

 

その時の天皇、

孝明天皇(こうめいてんのう)はアメリカいらん!

と開国に反対だった。

 

幕府は天皇は反対しているし、

ハリスのおじさんは早く開国しろと迫ってきてるし・・

困っていた。

 

また、同じ時に、将軍の家定がめちゃ病弱でヘロヘロだった。

(後半は廃人の様になる)

 

一説には脳性麻痺と言われていて、

暗愚で病弱と言って影でバカにする者もいた。

 

大河ドラマでは篤姫で堺雅人がこんな感じで演じていた。

出典:goo.gl/1JeSu2

子供がいないので、そろそろ、後継の事も考えないとねという事で、
後継問題が持ち上がっていた。

 

将軍の家定はこの状態に不満だった。

 

後継問題を進めたがる一橋派を実は嫌っていた。

 

「俺の事を頭が悪く、病弱で、子供も作れないんだろうと思って、

早く養子を決めろ、決めろと迫ってきやがる!」

 

また、一橋派の慶喜の事も嫌いだった。

 

「あの野郎、俺よりイケメンだぜ〜、気に入らなね〜!」

 

その時天皇とアメリカの貿易の話をしていた、

老中首座(今で言うところの総理大臣、ヤクザで言うところの若頭)

が大老の役職を設置して、この問題に当たらせましょうと将軍に提案。

 

大老は将軍の補佐役で臨時的に置かれる役職で、

老中(今で例えると大臣)よりも上に位置します。

 

一橋派の松平春嶽を大老に推薦すると将軍は、

いや、大老だったら、井伊直弼にしようと言いました。

 

将軍指名で井伊直弼は大老となった。

 

アメリカに関しては、井伊直弼も元々開国は反対だったが、

アメリカを突っぱねていたら、戦争になるし、戦争やっても勝てないし、

現実見たら、開国しかないな〜という事で開国派だった。

 

という事で、日米修好通商条約を天皇は拒否していたのに、

井伊直弼は単独でハリスと締結した。

 

「何勝手に条約結んどんねん!天皇はアカンと言うてはるんやで!」

と一橋派が怒る!

 

孝明天皇もキレる。

 

で尚且つ、将軍の跡目も南紀派の押す徳川慶福を後継者と決めてしまった。

家定が慶喜の事を嫌っていたから、南紀派の思惑どうりになった。

 

その年に、徳川慶福は徳川家茂と名前を改め、

徳川14代将軍となった。

(スポンサーリンク)




孝明天皇ブチ切れ

孝明天皇はアメリカと条約を勝手に結んでしまった幕府に対して、

ブチ切れました。

 

俺に黙って何やってんの!

 

孝明天皇は幕府ではなく水戸藩に対し

許可なく、何で条約したんじゃい!説明しろ!
■幕府と朝廷が一体となって、立て直しを計らんかい!その手紙を他の藩にも回せ!

という手紙(勅書)を送った。

これを戊午の密勅(ぼごのみっちょく)と言う。

 

幕府ではなく、藩と朝廷がやり取りした事が大きな問題になった。

当時天皇は幕府とのみやり取りが出来た、

それが破られた。

 

幕府のメンツが潰されたのだ。

 

井伊直弼からしたら、

「いや、いや、いや!ダメでしょそれは!

天皇と藩が!幕府をないがしろにして!」

 

それ、天皇から来た手紙、幕府に渡しなさい!

と井伊直弼は要求したが、

 

水戸藩の中で意見が2つに分かれた。

 

「幕府の井伊はんが返せと言って来ているから、

幕府に返しまひょ」という意見と、

 

「はあ?天皇は、みんなに回せと言うてはるんやで!」

という意見が対立した。

 

水戸藩の中で揉めて、幕府に返納されないので、

井伊直弼は、天皇を悪者にするわけにもいかないから、

水戸藩が仕掛けた陰謀として、大粛清を行なった。

 

これを「安政の大獄」という。

 

たくさんの人が死刑になったり、

謹慎させられたり、隠居させられた。

 

幕府は朝廷に「天皇から幕府に勅書を返す様に言って下さい」と頼んだ。

 

朝廷から水戸藩に幕府に返す様に命令が出たが、

水戸藩の中には、

まだ、幕府に勅書を返すなという強硬派が言う事を聞かず、対立していた。

 

「井伊のやつ、調子に乗りやがって!」

 

この勅書を返す返さないで揉めて、

返納反対の人達を抑える為に切腹する人まで出て来た。

強硬派達は、水戸藩を脱藩した。

 

「やったらぁ!」

 

そして、井伊直弼を殺りに行った。
安政7年3月3日 桜田門外の変が起こった。

関連記事

関連記事:大久保利通暗殺の理由とは?犯人はどうなったか(紀尾井坂の変)

関連記事:明治維新を簡単にわかりやすく説明、幕府がやられて明治になった

関連記事:千利休の切腹理由、本名やその生涯とは?その血脈と茶道政治