ビットコイン まだ上がるか?下落した時が狙い目だ!

最近「ビットコインが値上がりしている」とか、50万円が2億円になったとか、

そんな景気のいい話をよく耳にするのではないでしょうか?

ビットコインとは仮想通貨(かそうつうか)の事です。仮想通貨とは実態(紙幣や硬貨)のないお金、インターネット上でやりとり出来るお金の事なのです。

2009年から運用が開始され、ビットコインの立ち上げ当初はもちろん、

お金としての価値は無いに等しい。1ビットコインの価格は1円の価値もない。

(最初に付いた値段は0.07円、New Liberty Standard社によって初めてビットコインの価格が提示された)

goo.gl/BuZ3nV出典:

そこから、2010年から取引所が開設され(この時7円)、まともな値段が付いていく、

そして、色々あって値段がどんどん上がって来て、今に至るという流れなのです。

さて、このまま、値段が上がるのか?

それとも、下がるのか?

こんな意見もある。

「いやいや、ビットコインはもう天井だよ、これ以上は上がらないよ」

それとは、逆の意見もある。

「そういやぁ、去年もそんな事を言っていた奴がいたなぁ、

ビットコインはもう上がらないと、だが、その後どうなったご存知でしょ?」と高笑いで、

下がると言っていた人を哀れみの目で見る、ビットコイン長者もいる。

上がるんだったら買いたいなという人は実は多い。

しかし、確実に上がるとか下がるとかいう保証は無い。

この世に100%なんてない。日本はバブルという物を経験してきたから、あの苦い思いが蘇るのです。

また、ビットコインはかなり値段が上がったので、今から買っても遅いんじゃないの?

なんて考えも浮かぶ。どうなんでしょうか?今日はこれから、

ビットコインを買おうかどうか迷っている人の為に(実は私もそうです)

参考になればと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ビットコインはまだ値段が上がるのか?

結論から言うと、ビットコインの値段は乱高下を繰り返している。

通常のドルとか、ユーロと違って、上がるときはめちゃくちゃ上がって、

下がる時も30%位下がる時がある。

出典:https://bitflyer.jp/ja-jp/bitcoin-chart

これは、ビットコインの日足チャートです。

日足チャートとは、1日、1日の値段の違いをグラフにした物の事です。

下がっている時もあれば、急に上がっている日もありますね。

値段はまっすぐ上がっている訳ではない

実は、ビットコインというのは、何度も暴落している。

例えば日本で、ビットコインの取引所がサイバー攻撃を受けて、

顧客のお金が吹っ飛んだ時、ビットコインは暴落した(マウントゴックス事件)或いは、

中国で仮想通貨に規制がかかった時も暴落したり、その他にも色々あった。

しかし、値段は一時的に下がった後、また上がっている。

価値が全く無くなるという事は一度も無かったのです。

また、2016年の5月に日本で仮想通貨法が可決され、仮想通貨をお金として、

日本が国として認めた事で、普及に拍車がかかり、

値段が上がった要因になっているとも言われています。

しかし、その後も、マウントゴックス事件の様に、取引所がサイバー攻撃を受けて、

ビットコインの値段が大きく下がったりもしています。

なので、ビットコインは、ガックっと値段が下がったり、

ビューン!と値段が上がったりするのは珍しくないのです。

ただ、このまま値段が上がり続けて、

1ビットコインが300万、400万、500万と上がり続けていくかは分かりません。

仮想通貨で億万長者になった人の事を億り人(おくりびと)というそうです。

ビットコイン長者の中でも、期待半分で上がったらいいな程度で、

たまたま安い時に、数十万円分買って、それが凄まじく値上がりして、

億り人になった人もいれば、ビットコインが熱いという事を聞いて、

投資として、この値段の乱高下を利用して儲けている人がいる様です。

なので、偶然儲けたという人と、意図的に短期の株取引の様に、

買ったり、売ったりしてお金を増やした億り人の2種類いるという事なのです。

2つのタイプの億り人

安い時にたまたま買って、忘れた頃に値段が上がっていた。

何らかの投資経験があり、ビットコインに目を付けて、投資した。

ビットコインの用途は増えて行く

今ビットコインを持っている人は殆どが投機目的で持っていると言われています。

要するに値段が上がる事を期待して持っているという事ですね。

しかし、これから様々なお店の支払いがビットコインで対応出来る様になっていくと言われています。

ビックカメラもニュースになっていましたね。

なので、これから投資の目的だけではなく、実際に何かサービスを受ける時に、

ビットコインで支払いが出来るという事が増えてくるのは、間違いありません。

なので、これから、更に値段が上がって行く事は考えられますね。

0.001BTCから買える

ビットコインは、ビットコインの販売所、取引所と呼ばれる所で買う事が出来る。

で、1ビットコイン例えば160万円だったとしても、

必ず1ビットコインという単位で買わなければいけない訳ではない。多少お店によって違うが、最小単位は0.001ビットコインから購入出来るのです。

なので、ビットコイン1000円分ちょうだいみたいな買い方も出来るのです。

なので、まずちょっとだけ買ってみようという人も増えているそうで、

この取引所と呼ばれている会社は人手が足りずどんどん増員をかけているそうです。

(スポンサーリンク)




関連記事

関連記事:FXとはわかりやすく、簡単に言えば何なの?この文章を最後まで読めば金融知識が倍増します

関連記事:将棋のタイトルは7から8へ序列や保持者や賞金など、竜王は名人より上?

関連記事: 半導体とは何なのか?分かりやすく簡単に小学生でも分かる説明できるか?