メジャーリーグ日本人で失敗した選手20人(その1)

メジャーリーグの話題で毎年盛り上がります。高額な年棒に驚かされる事も多いのですが、メジャーリーグに挑戦して、残念ながら思ったほど活躍出来なかった選手20人を紹介します。このブログを執筆している2018年の2月現在でメジャーリーグに行ったプロ野球選手は60人ちょっといるのですが、その内の約20人が活躍できずにメジャーリーグを去りました。

才能のある野球選手だったとしても、メジャーリーグで成功するというのは大変な事なんですね。メジャーリーグでも成功している選手ってどんだけ凄いねんと思ってしまいますね。という事で今日は残念ながらメジャーリーグで活躍出来なかった選手を紹介します。人数が多いので、数回に分けてで紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

メジャーリーグで失敗してしまった日本人選手

木田優夫(きだまさお)

守備 投手

メジャー球団 デトロイトタイガース ロサンゼルスドジャース シアトル・マリナーズ

初年度契約 2年 300万ドル

日本人では八人目となるメジャーリーガー。FA権を行使して移籍した。

メジャーにいた期間 通算5年

メジャーでの最後 自由契約

成績 65試合 1勝1敗1セーブ 防御率5.83

在籍したチーム

巨人→オリックス→デトロイトタイガース→オリックス→ロサンゼルスドジャース→シアトル・マリナーズ→ヤクルト→日本ハム

選手としての特徴

長身から投げ下ろす早いストレート、フォークが武器

メジャーリーグ日本人8人目の選手、在籍したチームを見ると分かるのですが、かなりの数の球団を渡り歩いています。巨人からオリックスに移籍した後メジャーに行っていますが、またオリックスに帰ってきて、オリックスを自由契約になってまたメジャーに行く、ドジャース、マリナーズと渡り歩いたのですが、活躍する事が出来ませんでした。

木田が最も活躍したのが、メジャー1年目です。メジャー通算65試合出場なのですが、その内49試合が1年目です。1年目以降あまり試合に出ていないという事です。故障もありましたが、不運な交通事故にも合い満身創痍の状態で戦っていたのです。

新庄剛志(しんじょうつよし)

守備 外野手

メジャー球団 ニューヨークメッツ サンフランシスコジャイアンツ

初年度契約 契約金30万ドル 年棒20万ドル(メジャー最低保障額)+出来高払い50万ドル  3年契約

FA権を行使して移籍した。

メジャーにいた期間 3年

メジャーでの最後 マイナー落ち

成績 876打数 215安打 打率2割4分5厘 100打点 20本塁打

在籍したチーム

阪神→ニューヨークメッツ→サンフランシスコジャイアンツ→ニューヨークメッツ→日本ハム

メジャーに在籍した期間が3年と短いのでノミネート、しかし、日本人で初めてワールドシリーズに出場してヒットを打ったり、1年目はホームランを二桁打ったり、阪神にいた頃と余り変わらない活躍をしていて、存在感を示している。それ程酷い感じはしないのが感想です。

メッツに復帰してからは、左太ももの故障もあり、試合に出場する事が出来なかった。また、自分より若手にチャンスを与えて欲しいなどと発言しチームや監督とも余り上手くいっていなかったとも言われる。新庄の凄いところは、日本のプロ野球に復帰して、また活躍した事、日本ハムでのパフォーマンスは人々を魅了しましたね。

小宮山悟(こみやまさとる)

守備 投手

メジャー球団 ニューヨークメッツ

初年度契約 1年契約 50万ドル

FA権を行使して移籍した。

メジャーにいた期間 1年

メジャーでの最後 シーズン終了後メジャーから声がかからず

成績 25試合 0勝 3敗 防御率5.61

在籍したチーム

ロッテ→横浜→ニューヨークメッツ→ロッテ

選手としての特徴

ストレートは速くないが多彩な球種を使い分ける、制球力が高い

投げる精密機械と言われる小宮山悟、意外な事にメジャーでプレーしたのは、たったの1年だったのです。この結果に対して小宮山悟自身はハングリーさに欠けていたと反省しています。メジャーに移籍するまでに、ロッテで戦力外通告されたり苦労してきた小宮山、メッツに移籍した時、これは自分に与えられたご褒美だととらえ、アメリカでの生活を楽しんだ、「まるで、観光に来ている気分でいた」とその時の心境を語っている。小宮山悟のイメージと全く真逆な精神状態だったのだそうです。当然その精神状態は試合にも影響が出て、結局1勝も上げられないままに解雇となった。

野村貴仁(のむらたかひと)

守備 投手

メジャー球団 ミルウォーキーブルワーズ

入団テストを受けた

メジャーにいた期間 1年

メジャーでの最後 シーズンオフに解雇

成績 21試合 0勝0敗2ホールド 防御率8.56

在籍したチーム

オリックス巨人→ミルウォーキーブルワーズ→日本ハム→米迪亜ティー・レックス(台湾)

清原の元チームメイトとして、清原が逮捕された時によくワイドショーなどに出て来ていたので、印象に残っている方も多いのではないでしょうか。オリックス時代の野村は自身の成績と年棒がみあっていないと球団と揉めていました。

また薬物などを使っているなどの噂があり球団から嫌われる存在だったのではないか?と言われています。野村はメジャーでは1勝も上げる事はできませんでしたが、21試合に登板しています。実力がなければ、メジャーのマウンドに上がる事など不可能です。結果は残せませんでしたが、その後も日本、台湾のプロ野球と渡り歩きました。

松井稼頭央(まついかずお)

守備 内野手

初年度契約 3年2010万ドル+出来高

FA権を行使して移籍した。

メジャー球団 ニューヨークメッツ

メジャーにいた期間 7年

メジャーでの最後 解雇

成績 2032打数 615安打 32本塁打 打点211 打率2割6分7厘

在籍したチーム

西武→ニューヨークメッツ→ コロラドロッキーズ→ヒューストンアストロズ→楽天→西武

日本での活躍が凄すぎてメジャーでの活躍が物足りないと思っている人が多い為ノミネート、打率3割、ホームラン36本、打点87、盗塁33のトリプルスリーを達成したり、10年間でベストナイン7回など日本球界最強のショートと言われて、メジャーでも大活躍するだろうと期待されていましたが、期待ほどの活躍が出来なかった。

強いと言われていた肩も、メジャーでは平均レベルと言われ、セカンドでの出場となった。しかし、2007年打率2割8分8厘、ホームラン4本、打点37、盗塁32という立派な成績を残し、ワールドシリーズにも出場しました。

という事で、第1回でした。記事を書いていて、結構前の事なんで忘れてた事も多かったです。新庄剛志はメジャーリーグから日本ハムだったんですね。メジャー時代を忘れていました(笑)大変失礼しました。

メジャーリーグ日本人で失敗した選手20人(その2)

スポンサーリンク

合わせて読みたい

日本人歴代最強投手は誰だ?プロ野球史上最強ピッチャーはこいつだ!

プロ野球歴代最強イケメンは誰だ?伝説のイケメンも登場

日本シリーズ歴代記録、優勝チーム、監督、MVP<プロ野球>

メジャーリーグ日本人で失敗した選手20人(その3)

メジャーリーグ日本人で失敗した選手20人(その4)最終回

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事&スポンサーリンク