速読の方法の種類はこの2つ。おすすめはどっち?

速読とは本を速く読む技術の事です。

この速読を極めると、

一冊の本を、アッ!という間に読む事が出来るのです。

 

これって、凄い事ですよね!

 

もし、そんな事が可能なのであれば、

あらゆる知識を短時間で得る事が出来る様になります。

 

例えば、受験や資格取得なども自由自在になるのではないでしょうか?

他の人と比べ圧倒的な勉強の成果を得る事ができるでしょう。

 

しかし、以前から疑問なのですが、

本当にそんな魔法みたいな事が出来るのでしょうか?

 

生まれながらの才能みたいな、何か特殊な能力がいるんでしょうか?

それとも、訓練すれば、だれでも習得する事ができるのでしょうか?

ちょっと、謎ですね。

 

という事で、私は速読について調査しました。

 

そうすると、分かったのが、速読と言っても、

いくつかの種類に分かれているんです。

 

本を速く読むにしても、やり方が色々あるという事ですね。

という事で、今日は速読の方法の種類について、解説します。

速読術の方法の種類とは?

速読には、ざっくり分けて2つの種類があります。

1.全文を読まず、飛ばし読みする方法

2.全文を読む方法

では、まず1の、全文を読まない方法から、解説します。

飛ばし読みする方法

これは、全部読むのではなく、読み飛ばす、そして、そこから情報を得るという方法ですね。この読み飛ばしも、更に細かく分けると2つの方法があります。

読み飛ばし方法その1 目についたキーワードだけを読む

これは、心理学のカラーバス効果を利用した物、脳は自分が意識している事、欲しいと思っている事に関する情報が集まってくる様になっていると言われています。

それを利用して、読むのではなく、全体を眺める。そして、目に入ってきた文字だけ読み、内容を理解する。

目についた文字だけを追っていき、それを読むという方法ですね。

読み飛ばし方法その2 自分に必要な箇所だけを読む

メンタリストDaiGoさんがやっているのがこれ、その本を読む前に、この本から得たい情報は何かを考える。そして、その部分のみを読む。彼はこの方法で、1日20冊の本を読む。そして、様々な知識を手に入れているそうです。

これが、読み飛ばす速く本を読む方法です。

で、この2つの読み方については、それ程重要なスキルを必要としません。なので、慣れれば、誰でもできる様になります。

全文を読む方法

実は全文を読む方法にも、種類がある。

全文を読む方法その1 文字を追う力を向上して全部読む

とにかく文字を追う訓練をする。それによって、通常より速く本を読む事ができる。これは、「見る」という事に主眼を置いた訓練をする。

なので、訓練を積めば、通常よりも速く文字を追って、本を読む事ができるが、飽くまでも見るという事を高めているので、その内容を理解するというのは、また別の話だ。

なので、「読んだ」というより、「見えた」と言った方が正しいのかもしれない。

練習すれば、数週間で向上すると言われています。

全文を読む方法その2 文字を追う能力と記憶力を向上する

そして、最後に紹介するのが、全文読む方法で、文字を追うという「見る」能力の向上と、見た物を記憶するという「記憶力」の向上、要は速いスピードで全部読んで、理解するというのが最後の方法です。

これが、私たちが速読術に抱くイメージに一番近いのかもしれません。

実はこの方法も訓練によって、習得が可能と言われています。ただし、この方法が一番難易度が高く、マスターするまでに、数ヶ月かかると言われています。

でも、ちょっと憧れてしまいますよね。

フォトリーディングって何なの?

速読と似た様な技術で、フォトリーディングという物もあります。

経営コンサルタントの神田昌典という人が随分前に日本に紹介して、一時期ちょっとしたブームになりました。

このフォトリーディングは、速読と同じ様に本を速く読む技術なんですが、

速読とはちょっと違う様です。

毎秒1ページを超えるスピードで本をめくり、写真を眺める様に、

脳に情報を送り込むとう技術です。

当時多くのビジネスマンが、このフォトリーディングの教材やセミナーに出かけた。

しかし、現在このフォトリーディングは効果が無いという意見が多い。オールド・ドミニオン大学心理学部教授のNASAに提出した論文によると、実験の結果フォトリーディングの訓練を行ったが、効果が無かったと書いています。

速読術をマスターしたい

先ほど紹介した、全部読む方法その2で紹介した、文字を追う能力と記憶力を向上する事により、速く読め理解も出来る速読が、無料で学ぶ事が出来ます。登録時お支払い情報の登録こそいりますが、1ヶ月間完全無料、気に入らなければ、無料期間中に解約もできるので、気軽に試す事ができます。

体験してみたい方は、無料速読体験ページで登録ください。


無料速読体験ページ

 

まとめ

速読の方法の種類は大きく分けて、2つある。

1.読み飛ばす

2.全部読む

 

読み飛ばす方法の種類も2つある。

1.目に入ってきた文字だけを読む。

2.その本から必要な情報の部分だけを普通に読む。

 

全部読む方法も種類が2つある。

1.文字を追う力を向上し、全部の文字を見る。

2.文字を追う力と記憶力を向上し、全部読んで、理解もする。

おすすめ記事

おすすめ記事:足の爪が臭い原因は何?何故足の親指だけチーズ臭いんだ

おすすめ記事:大伯父・大叔父さんとは読み方や意味、何親等にあたるのか?

おすすめ記事:コバエの発生源がわからない!コバエの発生源マトメ

おすすめ記事:シュールストレミングの食べ方とは?どんな臭いがするのかも解説