後の先(ごのせん)相撲の神様双葉山が体現した武道の極意とは?

後の先(ごのせん)という言葉がテレビを見ていたら出て来たので、今日は後の先について書きたいと思います。何のテレビを見ていたかというと、いわゆる日馬富士の暴行問題を扱ったワイドショーです。この事件は横綱日馬富士に貴乃花部屋の貴ノ岩が暴行された事件なのですが、今ワイドショーでは、横綱白鵬と貴乃花親方の確執という話にテーマが変わって来ています。 そんな中で、横綱白鵬が横綱になった当初と、ある時期から、相撲の内容や態度が大きく変わったという指摘がなされて、今は白鵬の横綱らしくない相撲内容、張り手や危険なカチ上げ、ダメ押し、変化など酷い相撲が目立つが、当初は相撲の神様双葉山が実践していた、「後の先」を目指して相撲を取っていたというが、途中から白鵬は後の先の相撲を辞めてしまったとの事なのです。

白鵬が品格ない横綱と言われる理由とは?外国人に品格を求めるのは無駄なのか?

ネットで相撲関連の記事などを読んでいると、白鵬の批判記事が最近目に付きます。お騒がせ横綱と言えば朝青龍だったが、実は白鵬も朝青龍と同じくらい酷いと言われています。何故なんでしょうか。という事で調べてみました。 歴代1位の優勝回数、通算勝ち星歴代1位という、まさに、横綱の中でもナンバーワンの成績を残した、大横綱と呼ぶにふさわしい力士、それが白鵬という事で、相撲の取り組みなどを見ると、安定感抜群で、取りこぼし少なく、その強さは風格が漂っていて、凄いなと思い、白鵬が書いた自伝なども最近買って読んで関心していたのですが、 日馬富士の暴行事件を皮切りに、日馬富士擁護、優勝インタビューでの万歳三唱、土俵の下で抗議の立ち尽くしなど、白鵬を見るイメージが最近ちょっと変わってきたというのが、正直な感想です。

八百長相撲メールで発覚した事件、メール内容と処分された力士

相撲の不祥事という事で思い出すのが、八百長問題ではないでしょうか。相撲の八百長は昔から言われてきました。 長年の相撲ファンは、八百長なんて、昔からあった。 言うのが野暮ってもんだよ。 八百長と言うよりも、阿吽の呼吸、助け合いの精神だと言った方がいいという意見もあります。

朝青龍暴行事件で引退騒動の内容と貴乃花親方の言葉

横綱日馬富士の暴行問題で、沈黙を続けている貴乃花親方に対して、行動が不可解と貴乃花親方に対して批判的な報道をするメディアもある。報道では理事長になりたい貴乃花が、元理事長の足を引っ張る為に、大した怪我でもないのに、話を大きくしているというものです。 また、被害者である貴ノ岩をおとしめる内容の報道もあり、貴ノ岩は殴られても仕方がない、いや、むしろ殴られる様な事をした貴ノ岩が悪いなんていう論調もあります。 横綱の不祥事と言えば朝青龍を思い出します。

パシフィックリムの怪獣まとめ、一番カッコいいのはどれ?

パシフィックリムは2013年に公開されたギレルモ・デル・トロ監督のロボットと怪獣が戦うアクション映画です。ストーリーは大したストーリーではありませんが、とにかく子供の頃アニメで見ていたロボットとウルトラマンなどに出て来る様な怪獣が大迫力で戦うという、怪獣とロボットが好きな人には夢の様な映画です。今日はこのパシフィックリムに登場した怪獣を紹介します。

パラダイス文書とは?タックスヘイブンなを簡単に分かりやすく

パラダイス文書が公開された!そこには、日本人の名前もあり、例えば漫画家の鳥山明の名前があったりして、一体なんなの?と疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。このパラダイス文書何の何が問題なのか?そして、そもそもパラダイス文書とは何なのか?という事をお伝えしたいと思います。

日馬富士はクビ(解雇)になるのか?力士の解雇について

横綱の日馬富士(伊勢ヶ濱部屋)が貴ノ岩(貴乃花部屋)をビール瓶で殴り、大怪我をさせたとして、大問題になっている。横綱ともあろう者が下の者を酒に酔って殴るという、とても恥ずかしい行為をした。10月下旬、モンゴル出身の力士が集まり、酒を飲んでいた時に事件は起こったのですが、すでに親方の貴乃花親方は10月下旬に被害届を提出し、日馬富士の所業に大変怒っているといいます。

コラコラ問答の原因となった経緯を振り返る、タココラ!

コラコラ問答とはプロレスの歴史の中で名場面の1つと位置付けられる長州力と橋本真也とのやりとりです。このやりとりはプロレスファンの間では有名で、二人の「コラコラ!」「タココラ!」という言い合いが面白いので、そのセリフにスポットがあたる事が多いのですが、そもそもどういう経緯でこの、コラコラ問答が発生したのか?そして、長州力と橋本真也との間にあった因縁について書きたいと思います。

日本で一番悪い奴ら原作「恥さらし」の「稲葉事件」は闇深

「日本で一番悪い奴ら」は綾野剛主演の映画で、公開は2016年6月、監督は白石和彌(しらいしかずや)の作品です。 この映画は実際に起こった事件「稲葉事件」を元に作られています。 実話を元にして作られている実録映画という事ですね。 稲葉事件は現役の警察官稲葉元警部(北海道警察-銃器対策課-元警部)が2007年に逮捕された「日本警察史上最大の不祥事」と呼ばれている事件です。