懐かしの芸能人

宮沢りえのサンタフェはなぜ作成された?その経済効果と貴乃花との破局の真相

宮沢りえは昭和48年生まれであり、我々昭和47年生まれのオッサンにとっては、 同年代の有名人で、特に思い入れの多い芸能人である。 宮沢りえの登場は当時画期的であった。 これまでの、松田聖子や中森明菜のような、作られたアイドルではなく、 圧倒的な存在感と人気があるにかかわらず、サンタフェや、貴乃花との婚約など、 スキャンダラスな話題を振りまいた宮沢りえ。
ビーバップハイスクール

清水宏次朗って今何やってんの?現在は行方不明?息子は芸能人?

清水宏次朗が心配だ。 我々昭和47年生まれのオッサンにとっては、清水宏次朗は、 ビーバップのヒロシをやっていたので、お馴染の俳優だ。 このブログを始めて、昔懐かしい話を書こうと思い色々思い出していたら、 ビーバップハイスクールの事を書こうと思い、当時の出演者の事を調べているうちに、 ヒロシ役だった清水宏次朗の事を書こうと思ったのだ。 そんなわけで、清水宏次朗の事を調べてみると、なんと消息不明だという。
ゲーム、おもちゃ

ファミコンソフト名作ベスト3、ランキング結果は意外な作品!

ファミコン、昭和47年生まれのオッサン世代は直撃世代だろう。 ちょうど、小学生の時にファミリーコンピューターが発売され、 大ブームとなった。ファミコンに対応したソフトが次々と発売され、 マリオブラザーズや、ドラゴンクエストといった有名なゲームも発売され、 さぞかしゲームを作っている会社は儲けた事だろう。 そんな懐かしいファミコンソフトの名作ベスト3を発表したいと思う。 で、この名作ベスト3は私の中での名作ベスト3であり、 巷でアンケートを取ったわけでもない。
アニメ

力石徹の死因は過酷な減量?力石の葬儀の真相とそのモデル

あしたのジョーの登場人物の中でやはり力石徹が一番人気なのではないでしょうか? ジョーより大柄な力石は壮絶な減量を行い、ジョーと戦う。 試合でジョーを倒したものの、その後試合後のリングの上で倒れ、 そのまま死んでしまう。 今日は大好きだった「あしたのジョー」の力石徹について書きたいと思う。
懐かしの芸能人

おひょいさん(藤村俊二)の経営するバーの話

おひょいさん(藤村俊二)は、確かワインバーを経営していると聞いた事がある。 今日はおひょいさんのワインバーの事を書きたいと思います。ところで、 最近テレビで見かける事がなくなった藤村俊二さんだが、 まだ生きているみたいなので、ご安心下さい。 そんな、藤村俊二さんが経営するワインバーの名前は、 「Ohyois」(オヒョイズ)という。 「Ohyois」(オヒョイズ)は、 東京都南青山4-1-15アルティカベルテプラザの地下1Fにあった。 予算は大体10000円から15000円といったところだった。 過去形という事は、現在は営業しておりません。 実は2010年の12月7日に閉店している。 14年間そのお店は続いたという。 美味しい料理と、ワインのお店で、実際に藤村俊二も店に出る事もあっそうだ。 現在お店は存在しないが、当時のブログがまだ削除されずに残っています。
ケンカ最強

保阪尚希の生い立ち、過去から現在。自殺、ヤンキー、離婚、1日1億円!

保阪尚希の事を今日は書きたいと思う。 保阪尚希の思い出はやはり高岡早紀と布袋寅泰との不倫にまつわるバトルではないでしょうか? この人の元奥さんの高岡早紀の不倫が原因で、 保阪尚希と離婚しました。 今日は保阪尚希の生い立ちと、 今までの噂などを書いていきたいと思います。
懐かしの芸能人

てっぺいちゃんこと米米の石井竜也さんは最近何やってんでしょうか?

最近てっぺいちゃんこと、石井竜也さんを余り見かけないので、 ちょっと心配だ。 最近全くテレビで見ないので、元気な姿を見せて欲しいと思います。 石井竜也はその昔「河童」という幻の妖怪を題材にした映画を撮ったのだが、 自分自身が幻になっているのだから、皮肉なものだ。 私は石井竜也が好きだ。 あの明るいキャラクターが大好きだったのだが、最近テレビでめっきり見る事がないので、 ちょっと寂しいのだ。
懐かしの番組

野村宏伸って老けた!太って劣化した野村宏伸老が父親や借金や夜逃げの事を語る

野村宏伸老けましたね、まるで別人って感じです。 野村宏伸と言えば、すらっと背が高くて、ちょっとなよなよしているが、 カワイイ感じのイケメンなのだが、どうしてしまったんだ? という変わり様でした。三宅裕司かと思ってしまいました。 まあ、時間というのは残酷なもので、野村宏伸の絶頂期は、 あの田原俊彦主演のドラマ「教師ビンビン物語」の時代なのだ。
ケンカ最強

宮本武蔵の握力、身長。最強の武術家を体現した役者は?

宮本武蔵と聞いてあなたは、どんな事を思うのだろうか? 宮本武蔵とは日本の武術家である。 剣術、二天一流の開祖、 生涯で60回以上の真剣勝負をし、一度も負けた事がなかった。真剣勝負であるから、負けたら死ぬのである。 その命のやり取りを60回以上行い、一度も負ける事が無かったのだ。 宮本武蔵で最も有名なのは、佐々木小次郎と巌流島で戦い勝利した決闘だ。 小倉の細川藩の剣術指南役の佐々木小次郎と、 舟島(現在の巌流島)で果し合いを行ったのだ。
ボクシング

具志堅用高ちょっちゅねの意味と鶴太郎との関係は?

ちょっちゅね~は具志堅用高の決め台詞(キメゼリフ)なんだとか。 今日のYahoo!ニュースに具志堅さんの話題が出ていて、 そう書いていました。しかし! 具志堅用高がテレビでちょっちゅね~と言っている所は、 私は見た事がない。 しかも最近テレビを見始めたガキではない。 残念ながら、40代のオッサンである。